WordPress ジェットパック有料化対応方法

Last Updated:2024年04月15日| | 7のコメント

WordPressドットコム(WordPress。com)が提供するサービスであるJetPackとAkismetは、個人ユーザーには無料ですが、商用ユーザーには有料です。最近、JetPackはライセンス規則を厳しく適用しています AdSense 広告を掲載したり、商品やサービスを販売、宣伝する商用サイトでは、有料プランにアップグレードするように変更されました。

AdSense 広告を表示しなくても、訪問者数が多いサイトであっても商用サイトとして認識できます。

商用サイトとして認識され、ジェットパックを使用できなくなった場合:

  1. MonsterInsights、Googleサイトキット、Rank Math SEO(分析機能)などの代替プラグインを使用するか、
  2. Google Analyticsサイトで訪問者の統計を確認するか、
  3. 以下の「ジェットパック統計を引き続き使用したい場合は(一時)」セクションに示す方法で、無料ライセンスを引き続き使用できます。

[この記事は、2024年4月15日に最後に更新されました。 ]

WordPress ジェットパックの有料化

ジェットパック(JetPack)は AdSense 広告を表示するかどうかにかかわらず無料で利用できましたが、今すぐJetPack統計にアクセスすると、次の図に示すように統計が表示されず、代わりに有料プランにアップグレードするように指示する画面が表示されます。

WordPress ジェットパックの有料化

無料で非商用ライセンスを使用したい場合は、サイトが非商用サイトであることを確認するチェックボックスをチェックする必要があります。

ジェットパック統計商業利用および個人利用

以下の4つの事項について商用サイトとみなされます。

  1. サイトに広告がある場合(例: AdSense 広告)
  2. サイトで商品/サービスを販売していない場合。 WooCommerce モールサイトの場合は商用サイトとみなされます。
  3. サイトでビジネスを宣伝する場合
  4. サイトで寄付やスポンサーを求める場合

上記の4つに該当しない場合は、XNUMXつの項目をチェックして Continue ボタンを押し続けて、ジェットパックの無料版を使用できます。

ジェットパックの無料版を使う

구글 AdSense 広告を掲載していないサイトの場合は、上記のようにすべてのアイテムをチェックしてください。 Continue ボタンを押すと、次の画面が表示されます。

無料版の切り替え

平均的なユーザーが月に4.5ドルを支払うというメッセージが表示され、 Contribute and continue ボタンと I will do it later ボタンが表示されます。 Contribute and continue ボタンを押すと、月額4.5ドルが年間単位で請求されます。 I will do it later ボタンを押すと寄付なしで無料で使用できます。

co.krなどの企業向けドメイン名を使用する場合

または、上記と似ていますが、 Continue ボタンの代わりに Reverify(再確認) ボタンも表示されます。 (AdSense 広告を表示しない) 2 つのサイトで 1 つ Continue ボタンが、他のサイトは 再確認する ボタンが表示されます。

ジェットパック非商用ライセンスの再確認

再確認する ボタンを押すとすぐに確認できず、時間がかかるようです。私のサイトでは "We are verifying your site. Please come back later…" 案内フレーズが表示されて確認されませんね。

.kr ドメインは問題ありませんが、 株式会社 ドメインの場合は、商用ドメインとして認識し、お客様のサイトは「商業用ドメイン拡張子」であるため、商業用として確認されており、非商用ライセンスを使用する資格はありません。 commercial license)「というフレーズが表示されますね。 株式会社のcoはCoperationとして会社を意味するので、賢いサイトとして認識しているようです。

商用サイトなので、非商用ライセンスは利用できません

お問い合わせをクリックしてサポートチームに連絡するように求められますが、無料ユーザーは事実上お問い合わせできません。電子メールによるサポートは有料ユーザーにのみ提供されます。

株式会社 ドメインを使用しても訪問者トラフィックがあまりない場合は、非商用として認識することもあるようです。

Akismetライセンス

5年前、このブログでAkismetプラグインについて説明します。 WordPressドットコムサービスのライセンスについて短く言及したことがあります。

Akismetのプライベートプランにはいくつかの制限が適用されました。 Google AdSense 広告を使用している場合は商用サイトと見なされ、Akismetのプライベートプランが利用できないという回答 WordPressドットコム 担当者から聞きました。

当時ここについて英語で文も一つ作成しました。

長い間商用サイトに対しても無料で使用することを許可しており、今回ライセンスを厳格に適用するようにポリシーを変えたようです。

参考までに、JetPackは多くの機能を提供しますが、すべての機能を有効にするとサイトの速度に悪影響を及ぼす可能性があります。統計機能のみを使用する場合は、ジェットパック統計のみを有効にし、残りのモジュールはすべて無効にすることをお勧めします。

ジェットパック統計の代替

私は重要ではないサイトにはJetPack Stats(JetPack Stats)をインストールして使用していました。簡単に訪問者の統計を確認するのに良いようです。

しかし、 AdSense 広告を表示するサイトでは、有料版を切り替える必要があります。問題は料金です。コストが安い方ではありません。

ジェットパックプラグイン料金

毎月のビュー数(Views)によって料金が設定されているようです。

  • 月1万ビュー:8.34ドル
  • 月10万ビュー:16.67ドル
  • 月25万ビュー:25ドル
  • 月50万ビュー:41.67ドル
  • 月100万ビュー:58.34ドル
  • 月200万ビュー:79.17ドル

有料版では無料版機能に加えて追加の高度な機能を提供していますが、簡単な訪問者統計が必要な場合は有料プランに切り替えることは負担になるでしょう。

ジェットパック統計の代わりにMonsterInsightsプラグインがあります。

モンスターインサイトプラグインを使用すると WordPress 管理者ページで簡単な訪問者統計を確認できます。このプラグインは300万を超える WordPress サイトにインストールされ使用されている人気のプラグインです。

このプラグインには無料版と有料版があり、シンプルな統計を確認するために無料版を使用できます。より多くの情報 WordPress 通知板で確認したい場合は MonsterInsights 有料版を考慮することができます。

別の選択肢として、Google Analyticsを使用することです。 Google Analyticsアカウントにログインして統計を確認するのは面倒ですが、詳細な訪問者統計を確認できます。

グーグル・アナリティクスを消極的にする理由は、おそらくGoogle Analyticsサイトにアクセスして統計を確認するのが面倒なことではないでしょうか。使い続けてみると慣れてしまいます。

ジェットパック統計を引き続き使用したい場合(一時)

ジェットパック統計を引き続き使用したい場合は、ジェットパック統計の「新しいJetpack Stats環境を有効にする」オプションを無効にすると、ジェットパックの無料ライセンスを引き続き使用できるようになります。

JetPack » 設定 » トラフィック タブをクリックします。

ジェットパックトラフィックの設定

ジェットパック統計 セクションの「新しいJetPack Stats環境を有効にする」オプションを無効にします。

ジェットパック統計の新しいJetPack Stats環境を有効にするオプションを無効にする

この方法でジェットパックが利用可能かどうかを確認してください。

参照


7のコメント

コメント

    • ジェットパックモバイルアプリもありますか?ジェットパックが有料化を強化する方へ方向をとったようです。今は回避方法がありますが、時間が経つにつれて(この記事で紹介する回避方法が)ブロックされないかと思います。

      応答
      • お知らせ版で見る一時的なジェットパック統計はデザインがあまりないので、モバイルで見ていますが、もしモバイル統計も有料化されたら、別の統計プラグインを探してみてください。

  1. みんながお金を稼ぐのが難しいのか最近では、機能がますます有料専用になるものが多くなりますね。
    まだフォンでブログ統計など確認することもあってジェットパックを書いているのにこんな風にしたら本当にジェットパックを捨てなければならないがこんな気がします。
    事実 WordPress 統計プラグインも見つけるのが難しいです。以前は、1、2、3つの統計プラグインをテストしてみましたが、これらの結果はすべて異なるようになります。またはGoogleの公式プラグインを使用するか。

    応答
    • ジェットパックなど WordPressドットコムサービスはもともと AdSenseを運営するサイトの場合、有料プランを利用しなければならないと案内していました。これまではライセンスポリシーを緩やかに適用し、今回は突然厳格に適用することに変えたものと見られます。しかし、非商用サイトであっても企業向けドメインを利用すれば商業サイトとみなすようです。その一方で、トラフィックが少ない場合は、非商用の無料版を使用できるようになります。

      個人的にはジェットパックが重くてそれほど好まないが、重要ではないサイトで簡単に訪問者統計を確認する目的で有用で使っていました。今回の機会にモンスターインサイトに変えています。モンスターインサイトも大丈夫そうですが、無料版ではリフェラル(Referral)を正しく表示しませんね。たとえば、Google、 Naver、ビングなど検索エンジンの流入がわかりませんね。有料版の場合、年間99ドルなのでこれも負担になりますね。この情報を把握するには、Google Analyticsでレポートを作成して活用するのが簡単です。

      応答
    • 私は重要ではないサイトで簡単な訪問者数を把握するためにJetPack統計を使用しています。一部のサイトでは有料版にアップグレードするよう指示が表示され、一部はそうではありません。無料版をそのまま使用できるサイトの場合、ほとんどの訪問者数がほとんどないサイトです。 😄
      訪問者数が少しのサイトです。 AdSense 広告を表示したり、.co.krなどのエンタープライズドメインを使用している場合は、有料プランに切り替える必要があるようです。
      私は1つずつMonsterInsightsという無料のGoogle Analytics用プラグインに変えています。
      直接Google Analyticsのホームページで訪問者の統計情報を確認するのは大丈夫ですが、面倒で無料のプラグインを使用しています。
      メインサイトでは、Google Analyticsで直接統計をチェックしています。😊

      応答