WordPressを更新しなければならないEUとはならないEU

Last Updated:2024年04月15日| | コメントを残す

WordPressは3~4月ごとにメジャーリリースが公開されており、メジャーバージョン公開後に細かいバグやセキュリティ問題が修正されたメンテナンスおよびセキュリティリリースが必要な場合にリリースされています。 「毎回 WordPress アップデートが出るたびにアップデートをしなければならないのか?

この記事では、 WordPress アップデートが必要な理由とすべきではない理由について説明します。

メジャーバージョンアップデートとマイナーバージョンアップデート

WordPress メジャーアップデートでは多くの機能追加、バグ修正、機能強化などが行われ、メジャーアップデート後に発見されたバグを集めてメンテナンスリリースが公開されたり、緊急なセキュリティ問題がある場合に公開されるセキュリティリリースなどマイナーアップデートがあります。

メジャーバージョンを更新すると、使用しているテーマやプラグインと競合する可能性があります。マイナーバージョンの場合、通常アップデートをしても問題になりません。

メジャーバージョンは3~4ヶ月程度の期間を置いて発表されています。去る4月2日(我が国時刻で4月3日午前) WordPress 6.5が公開され、 WordPress 6.6が今年7月に、 WordPress 6.7バージョンは今年11月に予定されています。 (WordPress Versions(英語) 参照。)

WordPress 6.5、6.6、6.7 バージョンリリース日

WordPressを更新する必要があるEU

WordPress、テーマ、プラグインを可能な限り最新バージョンに更新して最新の状態を維持することが望ましいです。 WordPressを更新する理由を簡単に見てみましょう。

  1. セキュリティ強化: WordPressは世界中で最も人気のあるコンテンツ管理システム(CMS)であるため、ハッカーの主なターゲットの1つです。アップデートにより、セキュリティの脆弱性を解決し、サイトを保護できます。
  2. パフォーマンスの向上(スピードアップ): 新しいアップデートには、サイトの速度と効率を向上させる最適化が含まれることがよくあります。 WordPress 6.5 アップデートの場合、パフォーマンス部門で110を超えるアップデートが行われたとします。
  3. 新機能追加: WordPressユーザーエクスペリエンス(UX)を向上させるために、定期的に新しい機能とツールを追加します。
  4. バグ修正: すべてのソフトウェアと同様に WordPressバグがあるかもしれません。メジャー/マイナーアップデートにより、これらのバグが修正されます。
  5. テーマとプラグインの互換性: テーマとプラグインの機能強化と互換性のため WordPress コアアップデートが必要な場合があります。
  6. 検索エンジン最適化(SEO)の向上: 最新の技術とWeb標準への準拠はSEOにプラスの影響を与えます。 WordPressは最新の基準を満たすように更新されます。

WordPressを更新してはならないEU

可能な場合 WordPressを最新バージョンにアップデートしなければ安全にサイトを運営することができますが、避けられない状況のためアップデートができない場合があります。

  1. プラグインとテーマの互換性: 使用中の必須プラグインやテーマが最新 WordPress バージョンと互換性がない場合があります。特に、テーマやプラグインに対して開発者がアップデートの中断を宣言する場合、この問題がよく見られます。長い間テーマやプラグインが更新されない場合、 WordPress コアを最新バージョンに更新すると、サイトが正しく機能しないか、レイアウトが壊れる可能性があります。
  2. 過度のカスタムまたは誤って追加されたユーザーコード: テーマを過度にカスタマイズしたり、テーマやプラグインを間違った方法で変更したりすることがあります。そのような場合、テーマやプラグインを更新するとサイトが壊れたり、特定の機能が機能しなくなる可能性があります。テーマやプラグインを長時間更新しないと最新 WordPress バージョンと互換性がない問題が発生する可能性があります。
  3. 初期アップデートのバグ: WordPressは十分なテストを経てフルバージョンがリリースされますが、新しいアップデートにはまだ修正されていないバグが含まれる可能性があります。しばらく待ってから更新するのも良い方法です。
  4. 訪問者が多いまたは重要なシーズン: Webサイトの訪問者が多くのシーズンや重要なイベントを控えている場合は、更新による潜在的な問題を避けるために更新を遅らせることが望ましいかもしれません。
  5. サーバーリソースの制限: PHPバージョンが低すぎる場合は最新 WordPress バージョンはインストールされません。そのような場合はやむを得ず WordPressを更新することはできません。サイトを長時間運営するにはアップデートを行うことが望ましいが、この場合にはバックアップを確実にしてPCに保管し、問題が発生するまでできるだけ長く耐えてサイトの問題が発生した場合、サイトのリニューアルや新規制作を計画することができるでしょう。 。

アップデート時の注意

重要なサイトの場合は、アップデート前に必ずバックアップを取ることをお勧めします。更新後にサイトにエラーが発生した場合は、回復できるように万全の準備をすることをお勧めします。

Cafe24ファーストコメットなどの一部のWebホスティングには、サイトに問題が発生した場合に過去7日以内に復元(ロールバック)できる自動復元機能があります。 クラウドウェイズの場合でも、バックアップ設定に応じて最大4週間以内の期間に復旧できます。

自動バックアップ/復元機能が提供されていても、バックアップをダウンロードしてPCまたはクラウドストレージに保存することをお勧めします。

長い間更新をしていない、またはショッピングモールなどの重要なサイトの場合 Staging サイト/テストサイトを作成してアップデートを先に行った後に問題が発生しないか、問題が発生しても対応である可能性を確認した後にアップデートすることも考慮できます。

長い期間テーマやプラグインを更新せずに最新バージョンに更新するのが難しい場合 ここでサービス(有料)を依頼されれば、テストサイトを構築してアップデートテストを行います。

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy