Yoast SEO固有のアドレスヘルパーに WordPress 301リダイレクトを設定する

Last Updated:2024年04月15日| | コメントを残す

WordPressで一意のアドレス設定を変更した場合、既存のURLに流入するトラフィックを新しいURLにリダイレクトされるように301リダイレクトを設定する必要がSEOの問題を最小限に抑えることができます。 一意のアドレスを変更した後301リダイレクトを設定するためYoast SEOはYoast Permalink Helperツールを提供しています。

Yoast SEO固有のアドレスヘルパー(Yoast Permalink Helper)に WordPress 301リダイレクトを設定する

WordPress 固有のアドレスを設定

設定>固有のアドレスで固有のアドレス(パーマリンク)の設定を変更することができます。

WordPress 固有のアドレスを設定する

デフォルト設定は「一般」です。 デフォルト設定では、投稿URL https://www.example.com/?p=123と同じ形式になります。 「文名」または「/カテゴリ/文名」がSEOに有利だそうです。 普通に「文名」に設定すると無難なようです。 このブログの場合、/カテゴリ/文名'で固有アドレスが設定されています。

固有アドレス設定が「一般」になっている場合、他のオプションに変更してもリダイレクト(Redirect)設定をする必要はありません。 既存の https://www.example.com/?p=123 形式のURLに流入されるの訪問者は、自動的に新しいURLにリダイレクトされます。

一意のアドレスの前の設定と新規設定に応じて、一括してリダイレクトを設定していない場合もあります。 固有のアドレスを変更した場合、次の記事で紹介する方法で301リダイレクトを設定することができます。

また、Yoast SEOで提供される Yoast Permalink Helperツールを使用して301リダイレクトを設定することも可能です。 リダイレクトを正しく設定しないと、既存のURLに流入される訪問者に404 Page Not Foundページが表示されることがあります。

404ページフォールト

Yoast SEO固有のアドレスヘルパー(Yoast Permalink Helper)を使用して WordPress 301リダイレクトを設定する

WordPress 一意のアドレスを「投稿名」に変更する場合は、Yoast Permalink Helperツールを使用して便利に301 Redirectコードを生成できます。

Yoast SEOの固有のアドレスリダイレクトヘルパー

Yoast Permalink Helperサイトを訪問すると、上記のような画面が表示されます。

  1. サイトのURLを入力します。 アドレスは、http://またはhttps://で開始します。 例:https://www.example.com
  2. WordPressがサブフォルダにインストールされている場合は、サブフォルダを入力します。 例: /blog
  3. Webサーバーの種類を選択します:ApacheまたはNGNIX
  4. 既存の固有のアドレス構造を選択します。 例:Month and Name

フィールドを完成した場合の下部の Generate Redirect(リダイレクトの作成)をクリックすると、リダイレクトコードが生成され、提示されます。

Yoast SEO固有のアドレスヘルパーに WordPress 301リダイレクトを設定する

Apache Webサーバーである場合は、そのコードをコピーして.htaccessファイルの最上部に追加するようにします。 この作業には、FTPに接続が可能必要があります。 WordPressでwp-config.php / htaccessファイルを変更するを参照してみてください。

既存の一意のアドレス構造に基づいてリダイレクトコードが異なります。 例:

  • デフォルト (?P = 123):リダイレクトを設定する必要がありません。
  • 日と名前 (/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/):既存の固有アドレス設定が「日付と投稿名」(WordPress 設定ページでは「曜日と文名」に翻訳されています)の場合は、次のコードを使用できます。
    RedirectMatch 301 ^/([0-9]{4})/([0-9]{2})/([0-9]{2})/(?!page/)(.+)$ https://www.example.com/$4
  • 月と名前 (/%year%/%monthnum%/%postname%/): 既存の固有アドレス設定が「月と文名」の場合
    RedirectMatch 301 ^/([0-9]{4})/([0-9]{2})/(?!page/)(.+)$ https://www.example.com/$3
  • 数値の (/ archives /%post_id%):以前の固有アドレスが「数字」の場合
    RedirectMatch 301 ^ / archives /(\ d +)$ https://www.example.com/?p=$1

ユーザー定義の構造を使用している場合、 カスタムを選択し、フィールドに既存の固有のアドレス構造を入力します。

ちなみに、既存の固有アドレスを「投稿タイトル」に設定してから「Post-ID」などでパーマリンクを変更する場合、301リダイレクトを一括で設定する方法はありません。

301リダイレクト設定を保持期間

どのくらいの期間301リダイレクトを維持する必要がありますか? これについて、GoogleのJohn Muellerは、もはや既存のURLを介した接続が確立されなくなるまで「数年間」維持することに言及し、しばらくしてから少なくとも「1年間」維持する必要があると述べました。

301リダイレクトを維持期間
1年以上301リダイレクトを維持しなければならない。

したがって、少なくとも1年以上301リダイレクトを維持するが、既存のURLからの流入が有意に減少したと判断されるリダイレクトを削除すると、なりそうです。

参照


コメントを残す

コメント