相性がよく合う WordPress キャッシュプラグイン

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスのサイトの速度が遅い場合は、キャッシュのプラグインをインストールして速度を向上させることができます。

キャッシュプラグインはいくつかありますので、いくつかのをテストして、サイトとの相性がよく合うキャッシュプラグインを選択してください。 次の2つのプラグインが無料キャッシュプラグインの中で有名です。

そして有料のプラグインでは、 WPロケットがあります。 ワードプレスに関連するタスクをしてみると、このプラグインを使用するサイトが結構あります。 無料キャッシュプラグインではなく、(環境に応じて)1〜2秒の速度向上が期待できそうです。

Sitegroundホスティングサービスを利用する場合には、Hyper Cacheプラグインが相性がよく合うようです。

事実Sitegroundで、独自のキャッシュプラグインでSG Optimizerを提供します。 ( "SitegroundでMemcachedを使用してサイトの速度向上する"参照)

しかし、テーマとの相性が合わないこと知らなくてもHyper Cacheプラグインをインストールしてテストしてみると読み込み速度がSG Optimizerを使用したときよりも速くなるね。

ワードプレスのキャッシュプラグイン

サイトグラウンドを使用する場合、Hyper CacheをテストしてみたりW3 Total CacheとAutoptimizeを結合してテストしてみてください。 もし分からないキャッシュプラグインを変更する前に、あらかじめバックアップを受けておいてください。

Avadaがインストールされてサイトを含め3サイトにHyper Cacheをインストールするから、もっと見守らなければならだろうが、すべての速度が向上しました。 (参考までにSitegroundのプランによって異なり、環境に応じて、結果は異なることがあります。)

Hyper Cache プラグインは、無料のプラグインですが、モバイルキャッシュもサポートします。 詳細については、次の記事を参照してください。

テスト結果の効果がないか、テーマやプラグインとの競合を起こす場合WP Super CacheやW3 Total Cacheなどの他のキャッシュプラグインをテストして、相性が合うのキャッシュプラグインを選択してください。 無料キャッシュプラグインで満足のいく結果を得られない場合 WPロケット 同じ有料のプラグインを選択することができます。

2019年1月更新: SG Optimizerが大きく更新されている今、圧縮とブラウザのキャッシュ機能、フロントエンド機能(HTML / Javascript / CSS Minifyなど)を提供しています。 サイトグラウンドを使用する場合は、まずSG Optimizerの設定を異なりながらサイトのパフォーマンスをテストしてみてください。



コメントを残す