ページごとに異なる背景/スライド表示する2 - ユーザー定義のフィールドを使用[WordPress] - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

ページごとに異なる背景/スライド表示する2 - ユーザー定義のフィールドを使用[WordPress]

Last Updated:2015年4月20日| 3のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressでページや記事ごとに背景を異にする表示する方法はいくつかあります。 前 表示ウィジェットというプラグインを使用した方法を説明しました。 ( "ページごとに異なる背景を表示する1」を参照)、目的の場所にウィジェット領域があるかのウィジェット領域を作成することができる場合は、この方法が便利で直感的です。

ショートコードを使用して、背景/スライドを個別記事/ページごとに表示する

今回は、カスタムフィールド(Custom Field)を使用して、ページごとに異なる背景、特にスライドを表示する方法を説明します。 初めてのカスタムフィールドを接したときには「そんなことがあるようだ。 分類を簡単にハゲトグン」と過ぎ打った、カスタムフィールドを使用して、背景(画像)を文章やページごとに挿入することができるということを知りました。 しかも 高度なカスタムフィールド プラグインを使用すると、さまざまな応用が可能であるとね。 だから、ショートコードも収納することができ悩ますという気がしました。 次に、個々の文やページごとにショートコードを使用して、簡単に画像やスライドを簡単に挿入することができます。

インターネットを検索してみると、やはり可能ですね。 この記事で親切にコードまで書いておいね。 ここでdiv要素を追加して、ページのヘッダー(または文のヘッダーにも可能)のメニューの下に追加して、スライドをテストに入れてみました。

Custom Field for shortcode in WordPress

上記のようにHeaderが終わる地点に挿入しました。 直接コードを書き留めてみると

ID、「ユーザー定義のフィールド名'、true); echo '要素名"> '; echo do_shortcode($ shortcode); echo' '; ?>

参考までに、カスタムフィールドの値が存在することを確認するための構文を挿入するには、上記のコードを次のコードで囲みます。

<?php if ( get_post_meta($post->ID,'ユーザー 정의 필드 이름',true) ) { ?>

//위의 코드

<?php } ?>

今テストでページにカスタムフィールドを追加して、よく性をテストしてみます。 目的のページを編集したり、新しいページを作成し、ユーザー定義フィールド name上記のコードに記載したのと同じ名前を入力し、表示するショートコードを ボックスに挿入します。
Custom Field for shortcode in WordPress 2

もしかしたら カスタムフィールドを追加とが表示されない場合の上部の "画面のオプション「ユーザー定義のフィールドをチェックしていただければされます。私は、スライドを作成しショートコード(shortcode)を追加しました。実際にうまく機能していること見てみると、期待どおりよくなりますね。
カスタムフィールド WordPress スライダー

追加後すぐに見ると、位置がずれていることです。 CSSを使用して位置を調整したり、所望の効果をいただければされます。 ここでは、スライドを追加したが、他にも画像のウィジェットを使用して、背景画像も挿入可能です。

図の画像のリンクを直接入力して、個々の文/ページごとに表示する

カスタムフィールドにショートコードの代わりに画像ファイルのリンク(例:http:// ...)を直接入力して表示する方法も可能です。
custom field using image hyperlink
そのためには、ヘッダファイルや必要なページの適切な場所に次のようなコードを挿入します。 (原理は上記で述べたものと全く同じです。異なる点は、上ではショートコードに値を入力した代わりに、ここでは、ハイパーリンクアドレスを直接入力することです。)

<?php if ( get_post_meta($post->ID,'ユーザー 정의 필드 이름',true) ) { ?>
<?php echo '<div class="요소 이름">'; ?>
<img src="<?php echo get_post_meta($post->ID, 'ユーザー 정의 필드 이름', true); ?>" />
<?php echo '</div>'; ?>
<?php } ?>

上記の要素の名前を利用して、CSSでレイアウトを調整してくれれば、上記と同じ結果を得ることができます。

ウィジェット領域を使用する方法の場合、全体的に制御することができるという利点があるが、個々のページや文章を制御するには、別のプラグイン(例えば、Display Widgets)を使用します。 この記事で使用した方法は、個々の文やページでは、ユーザー定義のフィールドを手動で追加して、個別に制御することができる利点があります。 加えて、カスタムフィールドの活用は様々なようです(時間になると、より調べなければさせていただき)。 要約すると、この方法は、個々の文/ページを制御するために適しており、前手がけたウィジェットを使用した方法は、全体的に(例えばページあたり/カテゴリ別など)を制御するために有利である。 (ただし、ウィジェットを使用する方法でもWidget Logicというプラグインを代わりに使用すると、より精密に制御が可能です。)

注 - ウィジェットでショートコード情報を取得する

ちなみにショートコードがサポートされていないウィジェットの場合 Widget Shortcodeというプラグインを使用してショートコードを取得することができます。 ウィジェットを保存すると、そのウィジェットの一番下にショートコードが生成されます。 その後、ウィジェットを無効サイド領域に移しショートコードをページや記事などに使用することができます。
Widget shortcode plugin

まさしく2015年の新年が明けますね。 私は今日納品しなければなら翻訳プロジェクトのために休暇も返上して一人で家を守っています。 ようやく1次配信を終えため息を回しています(しかし、2次納品が待っている...)。 これはフリーランスの悲哀ではないかと思いますね。 2015年には、希望するすべてのことが行われジギルお祈りします。 新年あけましておめでとうございます。



コメントを残す

コメント

この投稿は、クパンパートナーズの一部として一定額の手数料を受け取ることができます。 これにより、ブログの運営をサポートすることができます。

(不要な場合は戻るを押してください。)

あなたが正常に登録しています!