ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress ユーザー権限(会員の役割)一括変更する方法

Last Updated:2020年10月27日| コメントを残す

WordPressで多くのユーザーの権限を一括変更したい場合があります。 そのような場合は、次のような方法で一括して多くのユーザーの権限を変更することができます。

※WooCommerce ショッピングモールで、特定の商品を購入したり、購入額が一定の金額を超える場合に、ユーザーの役割(role)を自動的に変更するようにしたい場合には、 YITH Automatic Role Changer for WooCommerceプラグインを使用することができます。

WordPress 会員の役割一括変更する

WordPress 伝言板>ユーザー>すべてのユーザーをクリックします(①)。

WordPress ユーザーのアクセス許可を変更する

ユーザーページが表示されたら、右の角の 画面のオプションをクリックします(②)。 その後、上記の図のように画面のオプションが表示されます。 ページあたりの項目数を高めるようにし(③)。 この値は、999以内で設定が可能です。 「適用」をクリックします。

すべてのサブスクライバを「お客様」の権限に変える場合の例を示します。 購読者(①)をクリックすると、購読者のリストが表示されます。

WordPress ユーザー権限の一括変更する

ユーザー名 横のチェックボックスを選択します(②)。 次に、「権限の変更...」の横の逆矢印をクリックして変更しようとする権限(例えば、 お客様)を選択します(③)。

変更をクリックして(④)と、選択したすべての「サブスクライバのユーザーの権限が「お客様」に変更されます。

WordPress ユーザー権限の一括変更完了

WordPressでバッチジョブ機能をうまく活用すれば、時間のかかる作業を比較的容易に行うことができます。

変更ユーザーが1万人以上であれば、どうでしょうか1万人程度であれば、上記の操作を10回程度実行すると、すべて変更することができるでしょう。 もし10万人以上であれば? 100回以上行うことができますが、時間が結構かかる単純作業になります。 このような場合には、DBから一括変更することを考慮してみることができます。

メモ:


コメントを残す

コメント

WordPress Naver カフェを訪れる

ありがとうございます!