WordPressユーザーデータのインポート

0

WordPress サイトへのユーザーデータの移行したい場合、プラグインを使用すると、簡単です。 この機能を提供する WordPress プラグインにはいくつかの方法があります。 下のプラグインとしてテストして、必要な機能をするプラグインを選択してください。

インポート・エクスポート WordPress Users(WordPress ユーザーのインポート/エクスポート)

WordPress ユーザーのインポート

インポート・エクスポート WordPress Usersは WordPress ユーザーデータを他の WordPress サイトに移転するために利用することができます。

CSVファイルをフォーマットに合わせて作成するか、 WordPressユーザーをExportして、CSVファイルを作成することができます。 CSVファイルの作成と修正のためにエクセル、OpenOfficeは、Googleスプレッドシート、LibreOfficeなどのスプレッドシートプログラムを使用することができます。

Proバージョンでは、WooCommerce詳細情報を取得することができ、追加のユーザーメタをサポートします。 このプラグインの詳細については、次の記事を参照してください。

Import users from CSV with meta(メタを使用して、CSVからユーザーをインポート)

WordPress ユーザーのインポート

WordPress ユーザーを簡単にインポートできるプラグインです。 このプラグインには、CSVファイルから自動的に含まれるユーザー定義のユーザーメタ(custom user meta)が含まれており、Delimitationを自動検出します。 Import users from CSV with meta プラグインは、インポートされた各ユーザーに電子メールを送信することができます。

このプラグインは、3万個以上のサイトでインストールされて使用されているが1.14.1.2以下のバージョンでXSSの脆弱性が発見され1.14.1.3バージョンで修正されました。 現在、このプラグインは、 WordPress プラグインストアから削除されました。 すぐにパッチされたバージョンが上がってくるようです。 1.14.12以下のバージョンである場合は、削除してください。 そして、このようなプラグインは、作業が完了した後に再利用することがないので削除することが望ましいです。

Import Users from CSV(CSVからユーザーをインポート)

このプラグインを使用して、アップロードされたCSVファイルからユーザーをインポートすることができます。 メタフィールドとユーザーの役割と一緒に基本的な情報を追加することができます。

新規ユーザーに通知を送信し、ユーザーのログイン時にパスワードの関連情報(password nag)を表示することができます。

Import Users from CSVプラグインの機能:

  • すべてのユーザーのフィールドをインポート
  • ユーザーメタインポート
  • IDフィールドを特定して、既存のユーザーを更新
  • ユーザーの役割(User Role)を設定可能
  • 新規ユーザー通知を送信(オプション)
  • ユーザーのログイン時にPassword Nag表示(オプション)

おわりに

会員データをCSV形式で作成大量に移転したい場合は、この記事で紹介したプラグインを活用すれば、簡単にユーザー情報を転送することができます。

XE、ゼロボードなどのプラットフォームが、他のサイトで会員情報を移転する場合には、会員データを取得した後、「特定のユーザーまたはすべてのユーザーのパスワードをリセットする」で紹介す​​るプラグインを使用してユーザーパスワードをランダムに再生成してメールで送信することができるでしょう。

メモ:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください