【ナクソジャン]トランプ遊説車

Trump Campaign Vehicle

米国共和党の大統領候補であるドナルド・トランプ(Donald Trump)の選挙遊説車両の写真です。 いくつかの面白いフレーズが見えますね。

「Make America Great Again!」のような強いアメリカを標榜するスローガンが人々にアピールするようです。 既存の政治家を職業政治家(「Lifetime Politicians」)と表現していますね。

アメリカの最後のチャンス - 彼らを投票に追いやりましょう...職業政治家がアメリカを台無しにしています! (America's last chance - vote them out... Lifetime politicians destroy America!!!)

面白いのは、右下の銃規制制限の内容です。

Gun control made the holocaust possible

"銃規制のためホロコースト(ナチスによるユダヤた大虐殺)が可能であった「といって共和党の基調である銃器規制反対をやや不思議な論理で扇動(?)していますね。

トランプが企業人なので、アメリカをよく帰る企業体のようにアメリカを運営する(Trump will run America... like a "well oiled business machine")は表現も興味深いですね。 韓国で起業家が大統領になった事例があります。 政治がうまくいったかどうかは、後のスコアを与えるのは容易ではないようです。

トランプ遊説車の写真を見ながら、どのような文章で、米国と韓国を比較しながら、米国を公正かつ弱者に配慮して、生命を大切にするために、韓国は全くそうではない批判した文章が思いました(*参照)。 その分の主張を見て:

  • まず、米国は公正なルールが支配する。
  • 第二に、米国は公権力が尊重される国だ。
  • 第三に、米国はリーダーを認める。
  • 第四に、米国は弱者に配慮する国だ。
  • 第五に、米国は、何よりも命を大切にする。
  • 第六に、米国は言葉を惜しむ。
  • 第七、アメリカは失敗から学ぶ。
  • 第八、アメリカはまだ法と正義が生きている。
  • 第九、アメリカは付いて生きようと努力している国だ。
  • 第十、アメリカは個性を尊重する。

私はアメリカに住んで見なくて、米国が実際にあんな国なのかは正確に知ることはできないが、トランプのような人物が大きな支持を受けていることを見ると、ある程度は事実であるかもしれないが、上記のような主張に快く同意しにくい側面がありますね。

例えば「アメリカは一緒に生きようと努力する国だ」と言いましたが、トランプはメキシコとの国境に障壁を立て、メキシコ人たちに卑下する発言を躊躇していません。 そして「命を大切にする」と言ったが皮肉にも銃器によって多くの人が死ぬ国がアメリカなら…? もちろん、一部がそうだと抗弁するだろうが、このような主張を躊躇しないトランプが支持を受けていることはどのように説明できるのでしょうか。

もちろん、韓国が多く矛盾点を抱えており、気に入らない部分が多いが、そうでない国がどのようでしょうか?

hillary-clinton-mystery-machine
Yana Paskova / Getty Images。 Erika Goldring / Getty Images

おそらくアメリカ大統領がヒラリーとトランプの両者対決になるのではないかと慎重に予想されます。 トランプがもし大統領になったら… おそらく世界がさらにスペクタクルに戻ってくるのではないかと期待されますね。

メモ:

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

10のコメント

  1. ああ、そうだとリンク巨神文に同意するのはありません。 米国という国は常に定義が勝利する国でもないんです。 常に定義が勝利すれば、一生偽りなく誠実に生きてきたし、60年代黒人人権運動の先頭に立った警察に連行されて拘束さまでされたバーニー・サンダースが大統領になるのフィットします。

    私は政治家の言葉よりも、その政治家がどのような生活を送ってきたのかをより重視してい。 ウォールストリートから講演料として、後援金で、数十億ウォンを受けて食べた女性がウォールストリートを改革したい? そして、そのお金で上位1%の位置に上がっておいて低所得層のための政策を繰り広げる。 私はそんな言葉を信じることができません。 そして少数民族の人権のためにクリントンがしたことが何があるか? サンダースだけでなくてもデモにでも一度参加したことがあるのか​​?

    それでもただname value(認知度)ので、南部州少数民族(正確に言えば、南部黒人)の圧倒的な支持を受けて民主党の大統領候補に出るようにされている様子を見て私の心はひどく不便です。

    1. 過去、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領やそれ以降に李明幕(イ・ミョンマク)大統領が大統領になるのを見て感じたのは、王は天から出るという昔の人々の言葉がある程度正しいということでした(個人的に)。 例えば現在直前の大統領の場合、個人的にはどんな方なのか分かりますが、他の人は(おそらく知らずに知らないようだし)、そう考えずに積極的に押してくれるのを見ては…何とか妙な気がしました。 アメリカも似ていないかと思うのが、知性人たちの目には明らかではないような人物が出てきて共和党内で1位を走っているのでおそらく多く慌てないかと推測されます。

      トランプが候補になるかどうかは誰にも分からないが、韓国のマスコミの雰囲気は認めているようですね。

      1. 「王は天から出るのだ…」 盗み……

        こういう話を公開的にはちょっとだけど、一応私がする話や私がどんな判断を下すのではありませんね…。

        また、牧師がどんな店長のように未来を予言するのか、何かこう考えることもできますが、...

        Perry Stoneと牧師はブッシュ(George W.)が大統領になることが神のご意志という言葉を受けたしたことがあり、実際に後ブッシュが大統領になり、昨年にも女性大統領が米国にどのような意味なのかを聖書の一節を引用して言ったことがあります。 (だから昨年の大統領選レースが開始されてなる前に、ヒラリーは次の大統領になるとは断定をして説教を穴)

        https://www.youtube.com/watch?v=8EKwizflEbw

        説教が少し長いのに、星についてはありません。 米国が審判受ける時なって、あるいは気時になったので、女性大統領になるのだ、このような内容です。

        私が見たとき、アメリカ情緒上、もしでもトランプが大統領と、大統領職長い実行できません。 暗殺します。

        私はヒラリーやスペクトルナーあまりに嫌うので、この二つの一人が大統領になっとか、いっそ巨大なことが飛び出るのが望ましいという希望を持つことです。

      2. 最近、世の中で暗殺といえば少し旧時代的な感じがしますが、重要人物に対する暗殺が古代(例えばローマ時代)から現代(例えばケネディ大統領暗殺)まであったのを見ると、荒涼としたシナリオだけではないようですね。 (もちろんそんなことは個人や国家に悲劇になりますが…)

        他国の大統領選挙がこのように話題になったことはなかったようです。 いい方に話題になればいいのに…それではなくて残念ですね。 フィリピンにも過激な人物が大統領となり、国際ニュースによく登場しましたね。 ヨーロッパも右傾化になって…全世界が全体的に過激なそんな傾向に流れていく感じがしますね。

    2. 今日、トランプが「マジックナンバー」を達成したというニュースが世界面を飾っていますね。 トランプが現在経選レースに残った唯一の候補であるうえ、すでにマジックナンバーを達成しているだけに、来月中旬に開かれる共和党殿堂大会は、トランプを大統領候補に公式推薦する舞台になると見られています。

      現在、米国大統領選挙が世界中の人々が予想した最良のシナリオで進んでいるようです。

      1. ヒラリーも道徳的にかなりの問題がある人物だから… 昔、Whitewaterスキャンダルに関する内容は触れたことがあって、どんな不適切な行為があるのか​​理解していたが、連邦捜査官が首の隣に出た第XNUMX総像に関する証拠が続く。 FBIによって無視され、隠蔽されると、これに公開抗議書を提出して辞退した事実もありました。

        (Whitewaterスキャンダルはクリントンが不正行為で調査を受けていたが、ヒラリーの下でその仕事を担当していたVince Foster弁護士が突然遺書も残さず自殺した事件です。最近再照明されている理由は、Vince Fosterが自殺ではなく自殺自殺されたという疑惑が提起されているからです。

        とにかくトランプ件ヒラリーは頭が痛いことであり、非常に不合理に聞こえることができる話だが、オバマが任期を正しく終了できないほど膨大な事件が今年中に爆発することができるという噂/予言? (笑)この事実であればどんなに良いかと思いまでします。 ふふふ

        イスラエルの王が44人だが、オバマが米国44の大統領です。 また、100年前ぐらい、ケニアのすべての神秘主義者(この人が立てた新しい宗教も今まで存在します。)が預言があります。

        (あ、現在教皇もカトリックの最後の教皇といういけないキー予言もあります。いけないキーの予言は、これまでかなり正確に迎えてきたので、私も現教皇が最後の教皇と思います。)

        ケニアの預言内容はこうです。 「最後に、ケニアの息子がアメリカの大統領になり、世界を戦争に追いやり、多くの人々が死ぬでしょう」。

        しばらく15歳食べたユダヤ人少年が臨死体験をしながら非常に不思議な内容に触れることになり、その内容をラビに語る動画もあって... (オバマがGogだそうです。)

        トランプやヒラリーが大統領になるよりは、むしろ、このような巨大な日(Tribulation:試練)が行われるのがより良いと考えています。

        ところが、現時点でTribulationどころか3次世界大戦が起こるシミもなく、おそらくヒラリーやトランプの両方の一人が大統領になると思われる。 ㅠㅠㅠㅠ

      2. トランプが荒涼とした公約を多く掲げており、トランプが大統領になれば、我が国も頭が痛い状況に置かれるのではないかという懸念が多いです。 まず防衛費全額を韓国で負担しなければならないと圧迫を加えていて韓米FTAも再交渉しなければならないと声を高めているから… 米国が世界警察としての役割をあきらめ、すべてが基準が「お金」のようで心配ですね。 (たぶん高度に計算された行動かもしれませんが、そうではなく、実際に単純に無知に公約を後押しすると…)

      3. FBIがヒラリーをメール事件で起訴しないと発表したね。 多分そうなるようにシナリオがチャジョあったのかもモルゲトけど。 (ヒラリーが滑りサンダースが劇的に民主党代表になって、米大統領になる状況を望む方もいらっしゃいますね。)

        韓国では現在、トランプに慣れているか、以前のように騒がしく記事をエクスポートれることなくね。 最初は大きな衝撃(?)だったもう慣れなったか説明します。

  2. トランプは共和党の指名を受けられず、大統領選挙に出ないことがあります。 共和党内でも過半数以上の支持を受けた状態ではありません。

    http://learningenglish.voanews.com/content/us-presidential-candidates-plot-to-stop-trump-from-becoming-republican-nominee/3301857.html

    もちろんトランプのような人が、共和党内の候補1位を走っているということ自体が恥ずかしいことスリップ。 しかし、女性有権者のトランプの支持率は30%もありません。 トランプが大統領選挙に出てくると民主党候補(残念ながらクリントンが民主党候補になる可能性が現在の90%以上です。)に無条件敗北するという事実を、共和党指導部も認識しています。

    ある特定の人物を基準にした国を判断するということは、非常に危険で間違った考えです。

    経済にあまりにも無知なので、またコミュニケーションが何であるかをも知らなくて一方的に量的緩和をするという朴槿恵大統領に基づいて大韓民国を私と判断すれば、それは正しいことイゲトか?

    大企業(正確に言えば、今水槽ウォンの赤字を見ている朝鮮企業)を生かしたいと全国民にその費用を転嫁するといういけば、その後、一度国民に同意を得なければならないでしょう?

    これ何の専門知識もなく、経営/経済1年生も当然なのかという事実です。 それでも私が大韓民国という国全体がこのように無知であると言うことができますか?

    幸いなことに安哲秀よう最小限の経済常識は備え政治家も存在しませんか?

    聖書の御言葉にどのような批判をするとき公正にするようになっています。
    Speak up and judge fairly; defend the rights of the poor and needy。 (Proverbs 31:9)

    今ワードクラッカー様は、米国の公正な批判をしていますか?

    1. こんにちは?

      今日とても疲れて休もうとしたが、マシューさんのコメントを見て、再コンピュータの前に座りました(笑)
      上記の文は、米国を批判するための文がないことをお知らせしたいと思います。
      上記述べたように、私は、米国の実際の生きたことがないので、ムーアというにはそのようなことがあります。
      趣旨はどの海外同胞が送ってきたメールをという文では、米国を公正かつ弱者に配慮して、生命を大事して..しかし、大韓民国は、その反対という点を非常に表現のに疑問提起程度にお考えいただければいいようです。 大韓民国が米国に比べて公平なシステム面で多くの不足していることは事実です。 しかし、必ずといって命を貴重しないように考え、そのようなことではないんですよ。

      すでに明日4月の最後の日ですね。 一ヶ月よく仕上げてください。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。