スペルが、これだけでも知っておこう

Last Updated:2019年10月22日| | コメントを残す

コピ文です。 少し古い資料ですが、必ず必要な内容が含まれていますね。


スペルが、これだけでも知っておこう

私たちのハングルは世界のどの言語でも閲覧が難しいほどの科学的な方法で発声器官の形状を取って作った優れた文字であり、その文法も非常に科学的である。 したがって、私たちハングルの文法は、いくつかの理だけケチゴ後、すべて合理的に理解することができており、実に、そのオミョハムに賛嘆を禁じえない。

いくらいってもハングル正書法を密接完全に知ることは、一生を、ハングルだけ研究してきた学者でさえ容易に自分ができない膨大なことである。

したがって、筆者がここでハングル正書法について論じるしようとするものではない。 ただし全く科学的で合理的な私たちハングルのスペルのうち、特に技術翻訳業界の実用文で多く使われてよく間違いやすいいくつかのポインタ筆者なりの方法で理解しやすい説明表示するものである。

分かち書きの概要

ハングル正書法で分かち書きの大原則は、「自立語はとまり書いて付属語は付けて使う」ということだ。

自立卵名詞、代名詞、捜査、同社のように一人でも第役目をする単語であり、付属の凍結一人では、第口実をしていない文章の要素である。

ところが、付属語は氏(調査)、接頭辞/接尾辞、母しかない。

したがって調査(から、まで、銀、は、この、が、を、に、と、となど)と接頭辞(「真っ赤だ」の「新しい」など)/サフィックス(「農民」の「師」など)と語尾(〜したら、〜で、〜のかなど)以外のすべて留まり書くと考えてよい。

分かち書き:「デ」と「地」

ハングル正書法では、我々国民が、さらにメディアでも最も多くの間違った分かち書きが「デ」と「か」である。 これに対して筆者は次のような方法で理解してみろ勧める。

'デ' - カンマと'ピョンデ'を付けることができれば貼って書いて貼ることができなければ浮いて書く。

たとえば、「私は仕事をするためにあなたは遊んでいるの?」という文章では、「私は仕事をするために(、沸騰)君遊んあるの?」とさ書いても全く不自然ではない。 このような場合は、コネクションレス語尾なので付けて使う。

一方、「あなたが行くためにならどこでも一緒に行きません」という文章では、「あなたが行くために(、沸騰)であれば、どこでも一緒に行くだろう」と書き換えはできない。 このような場合は、依存名詞であるため分かち書き。

よく知っている依存名詞は、それ自体だけでおけば、何の意味なのか分かりにくく、上記例の「行く」のようなグァンヒョンギョクなどで飾ってジュオヤマン意味と役割が明確になる単語である。

'紙' - 後ろに'何か'を付けることができれば貼って書いて貼ることができなければ浮いて使う。

たとえば、「あなたが私を好きかどうかよく分からない」という文章では、「君が私を好きかどうか(どうか)分からない」とさ書いても全く不自然ではない。 このような場合は、疑問形語尾なので貼って使う。

一方、「君に会ったか、すでに7年である」という文章では、「君に会ったか(どうか)もう7年である」と書き換えるとぎこちない。 このような場合は、時間の経過を表す依存名詞であるため分かち書き。

すなわち「Gee」は、時間の経過を表す場合にのみ留まり書き、他のすべての場合には、すべて付けて使う。

分かち書き」である」と「なる」

文法的に議論が多いが、技術翻訳業界では慣用的に漢字や外来語の末尾に付いて動詞を作る」である」と「なる」は、語根の一部をなすものと見て、すべて付けて使う。

「削除する」、「クリックする」、「出力ドゥェダ」、「入力ドゥェダ」のような場合がその例である。

ある人は「[配信]ボタンをクリックすると、メールが受信者に配信となります」のような表現を使うのに、このうち「伝達がドゥェダ」のような表現は口語(つまり、話し言葉)で楽に発音するために、伝達がドゥェダ」のように読むことだけ文法的には間違った表現である。 例えば「保存する」で書くことをあえて「保存する」に書く理由は全くない。

数量と順序

元の数量を示す言葉(別名「ヤンスサ」)は、とまり書いて順序を示す言葉(別名「ソスサ」)は、付けて使わなければならない。

たとえば、クマ三匹、ゴンヤンミ300席、長さ5 cmのように数量を示す言葉はとまり書いて2003年、12月に、31日、午後5時、全学年1など、第5章のように順序を表す言葉が貼り書くならない。

ただし、上記の300席や5 cmのような例のように「数字+ハングル単位」である量の場合には、大きさと単位が明確に区別されるため、技術翻訳業界では、ペースト書くこと、顧客が要求する場合もある。

頭音法則」率/率」

「率/率」の表記も非常に多く間違えにあり、子音すると母音の後ろだけ」率」と表記し、それ以外のすべて」率」と書く。

たとえば、「パーセント」は「する」の後にくるので「率」になって」の割合」は、母音」が「後ろに来るので「率」になるが「リフレッシュレート」、「達成率」、「確率」などは子音「当」や「ㄱ」の後に来るので「率」になる。

頭音法則」量/量」と「私は/とは、「

「両/量」と「私は/と」は、他の馬と合わせて複合語として貼りつける「量」と「と」になって一人で書きまたは留まり書くとき「量」と「私」になる。

たとえば、「収穫」および「名称欄」では、それぞれ「収穫」と「名称」と書いて複合語を作成した場合であるため、「量」と「と」になる。

一方、「私は収穫した量」は、一人で使われた場合であるため、「量」になって」を紹介した人私」では留まりてしまった場合であるので、「私は」になったと考えると理解しやすい。

西洋服 - 漢字語+漢字語以外は全て入れる(ほとんどの場合)

サイシオッは誰非常に難しいと思いますが、絶対的な原則ではないが、漢字語+漢字語」である場合にのみ入れず、残りはすべて入れると思うと理解しやすく、ほとんどの場合、正しい。

たとえば、葉/耳元/岩のような純韓国語+順国語、ウィトバン/桁/態度のような純韓国語+漢字語、命日/マグ/フェトガルのような漢字+純韓国語である場合には、すべての間 '¥'を入れる。

ただし、これには例外として農民/反対側/下/上の階のように後書きに濃音化(ㄲ、ㄸ、ㅃ、ㅆ、ㅉ)や激音(ㅊ、何とか、トゥ、ふ)が来る場合には、間 '¥'を入れない。

一方歯科、フォーカス、ポイント、カウント、ジョンセバン、厩舎のように漢字+漢字である場合には、サイシオッを入れない。

ただし、ここで納屋、かかり、数字、チャトガン、トゥェトガン、回数など6だけは例外的に間 '¥'を入れる。

特に数、回数、有効桁数、小数点はしばしば間違って書いている代表的な場合であるため、別に刻まおこう。

ギョンオチェ

昨今では、個人の個性が重視される世相に応じて残る過度高め称する場合が多いが、これにより、文も過度に敬語を多く使用する傾向がある。

敬語の使用については、文章に複数の動詞があれば最後にだけ敬語を使うということだけ知っておこう。

たとえば、「高すぎる値を使用しておら たくない場合ように ご注意 ください」のように使わずに「高すぎる値を使用してい ように ご注意 ください」程度に敬語を使うようにする。

括弧の使用

補足説明を入れる括弧内可能であれば、句を使用して、文は避けようというのが技術翻訳業界に従事している翻訳の品質管理者の意見である。 つまり、括弧は一度、次のように使用する。

a。 最近 フォートレス(ゲーム名)が 人気です。 (O)
追加: 最近 フォートレス(ゲーム名)が 人気です。 (X)

b。 Ctrlキーは、左小指に押し(もちろんお好みです)。

c。 このような場合、Bを書き込みます。 (BにAが含まれます。)

ただし、情報通信翻訳業界では、コのような場合を回避以下のように括弧を緩め書くことをお勧めしている。

c。 このような場合、Bを書き込みます。 事実BにAが含まれます。

変数に調査付ける

コンピュータと関連した資料を翻訳する際にのみ、しかし、変数のようにマニュアル/ヘルプを作成する時には、背もたれを正確に知ることができない場合に調査を付ける一般的な原則がある。

変数(variable)とは、インターネットを介して修学能力試験の成績を学ぶするとき、学生の名前を入力すると、スコアを示す場合のように設計することが、当時は確か値を知ることができない場合に使用する。 このような場合、確実に決まっていない調査は 」は、(は)」、「が」、「を」、「と(と)」、「へ」のように付ける。

ただし、これはコンピュータの最も重要なオペレーティングシステム(OS)を作成するマイクロソフトで定められたルールであり、どのような企業では、 「は」、「(この)が」、「(を)を '、'と '、'へ」のようにペーストを要求している。

したがって翻訳作業を開始する前に、顧客が要求する手順を確認する習慣をべきである。 後で分かるようになるだろうが、情報通信(IT)の翻訳業界では、これらのガイドラインをスタイルガイド(style guide)とする。

小春


ソース:http://blog.daum.net/korean-translator

メモ:


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy