韓国語と文を台無しに7かの小さな習慣

Last Updated:2023年07月17日| | 2のコメント

江原道教育庁から Facebookに「韓国語と文ハンマーは7つの小さな習慣」というタイトルであげた写真です。 私たちの言語習慣の中に入り込んだ日本語と漢字の影響で韓国語と文が壊れていたね。

韓国語と文を台無しにする「7つの「小さな習慣
出典:京畿道教育庁 Facebook

「~の」男足:習慣的に繰り返す「の」は、日本末の土さん「の」の痕跡だ。

正しい韓国語の使用

「~敵」は主に漢字の言葉に付くので、私たちの言葉と文章を難しくする。

正しい韓国語の使用:「〜的」は漢字に由来した。

「~もの」を減らそう:無駄にして見えるようにしよう、あるいは主語を作るために付ける場合が多い。

正しい韓国語の習慣

「~들」: 翻訳文で乱発され、韓国語では少し書いてもぎこちない。

翻訳文で由来した「〜に」

「~について」 「~について」: 日本行政と法律文書用語をそのまま書きながら韓国語に定着した。

日本の行政法律文書の用語に由来した「〜について」、「〜のために」

「~による」「~による」:頼る「義」と理由「因」を意味する漢字語で習慣のように繰り返し使われる。

正しい韓国語と文

「~あった」:何の役割もなく習慣のように貼り付けたり、主語をあいまいにして文章をぎこちなくする。

正しい韓国語の習慣
良い文章と伝えようとする内容を明確にして、簡単に理解できる文章

翻訳するときに複数形を表す「たち」を大胆に(?)省略して「~もの」を減らしても文がかなり自然になります。 そして初心者がよくする間違いの一つが「あなた」、「彼」、「彼女」のような人称代名詞の男足です。 翻訳が完了した後、「あなた」、「彼」、「彼女」、「彼ら」、「私たち」などを削除すると、文章がはるかに自然になる可能性があります。

メモ:


2のコメント

コメント