情報の歪みやエラー

0

ウィキペディア(Wikipedia)は、オンライン百科事典という名称で呼ばれ、大規模な影響力を発揮している。 さらに、Googleの検索結果で一番上に露出されている場合が多い。 しかし、これらの影響力と人々の信頼にもかかわらず、情報の信頼性には多くの問題がある。 仮に 「ウィキペディア医療情報は、「エラーだらけ」「<英メディア> 記事も昨年に上がってきた 歪み「ウィキペディア」なぜ問題なのか?という記事もある。 特にコナスネットで問題点をよく指摘している。

ウィキペディアは誰も編集に参加できるということがメリットがある。

...

ウィキペディアのこのような点は、どのような知識情報資料について制限を受けずに自由に編集して、知識情報を構築しており、多くの人が参考にしているが検証して責任を負う主体が存在しない曖昧である根本的弱点をオレフィンにより、多くのエラーがまるで事実引き揚げ歪曲渡される問題を生んでいるのだ。

つまり、ウィキペディアは「集団知性」という名の下に誰も編集に参加することができる。 さらに、当該分野には全く知識がなくても参加が可能である。 また、管理職」の編集者」の強大な権限のために、悪意のある編集者が、特定の文が悪意のあるコンテンツが含まれている状態で、編集をしないように防いでしまったら問題はさらに深刻になるしかない。

ナウニュースでは、 美研究チーム「ウィキペディア情報の60%はエラー "というニュースを伝えている。 この記事を見ると、学生がウィキペディアを引用したり、頼りてはならない理由10か紹介している。 この記事によると、ウィキペディアでも、次のように述べているという。

Wikipedia says、 "We do not expect you to trust us」It adds that it is" not a primary source "and that" because some articles may contain errors、「you should "not use Wikipedia to make critical decisions」

つまり、ウィキペディアの「一部文に誤りがある可能性があるから」で「マスター情報源」がなく、「重要な決定を下すときウィキペディアを使用してはならない」と警告している。

私たちは、まさしく情報の洪水の中で生きている。 このような情報の洪水の中で知識を体系的に整理しようとしたサイトではなく歪曲された情報とエラーを量産させ深化させることは皮肉ではないことができない。

おかげで、私たちは何が事実であり、真実なのかを知ることが難しくなっている。 日々あふれ出る数多くの情報の中から取捨選択し、きちんとした情報を取るが、現実には、それはほとんど不可能に見えるまでする。

5-6年前のヨーロッパにしばらく出ているときのことである。 どのような情報を伝えると、相手がすぐにウィキペディアを介して情報を確認することを見て驚いたことがある。 当時彼らは(おそらく今でも)のwikiの情報を絶対的に信頼していた。 彼らはおそらくwikiの危険性について認知していられずいたのだ。 もしかしたら、重要な決定をするときウィキペディアを活用すれば深刻在庫してみることだ。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください