積金を破って貸出金中途返済しました - WordPress 情報パッケージ
인기 WordPress テーマブルフセール 詳細

積金を破って貸出金中途返済しました

Last Updated:2022年11月21日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

基準金利引き上げのため貸付金利も急上昇しています。 現在、韓国銀行の基準金利は昨年末の1.00%から2.00%ポイント上昇した3.00%です。

積金を破って貸出金中も返済しました

しかし、現在、米国の基準金利が4.00%であるため、韓国も基準金利の引き上げの圧迫を受けており、すぐに基準金利を0.25%ポイント上げるというニュースが出ています。

貸出金中途返済のために積立金を解約する

私は2年前に貸し手を借りて毎月20万ウォン内外の融資利息を返済してきました。 ローン利子が初期には19万ウォン程度でしたが、今月は26万ウォンまで出てきました。

問題はチャーターローンの満期が戻ってきて、チャーター契約とともにチャーターローンも延長することになりましたが、今はローン利子がほぼ40倍になったという点です。 月50~XNUMX万ウォンが事実そんなに負担になる金額ではありませんが、突然XNUMX倍に増加することになるので、心的に負担に近づくようです。

このため、45%程度の中途償還を行い、追加で25%を返済して貸出金元金を30%程度に引き下げました。 中途償還のために家の人が持っていた積金を破り、私も積金と住宅請約総合貯蓄を解除しました。

貸出金を満了する前に中途に原理金を返済する際には、一種の解約金で中途償還手数料を出すことになりますが、貸出満期が近づくと中途償還手数料が発生しない期間がありますが、その期間に貸出金の一部を返済しました。

米国消費者物価上昇率が市場の予想よりも速い鈍化傾向を見せ、米国連邦準備制度が来月FOMC(連邦公開市場委員会)で「ジャイアントステップ」(一度に0.75%p金利引き上げ)の代わりに「ビッグステップ」(一度に0.5%p金利引き上げ)にとどまる可能性に重さがあり、韓国銀行も来る24日に予定された今年の最後の金通委で「ビッグステップ」ではなく「ベビーステップ」(一度に0.25%pの金利引き上げ)を決定するなど、金利引き上げ速度の調整に乗り出すという分析が出ています。

今後は引き続き金利が引き上げられるように見えるので、こうした時期には貸出金を返済するのが正しい方向のようです。

今のように融資金利が上昇する時期には、借金を返済することがお金を稼ぐのではないかと思います。

参照



2のコメント

コメント

    • 政府支援ローンに転換すれば、安い金利でチャーターローンを受けることができるようです。 私は政府支援ローンに乗り換えることを考えていませんでしたが、ローン金利が上昇して悩んでいる場合、政府サポートローンを調べるのも良い方法のようです。

      以下の内容を参考にしてください。 Naver カフェに役立つ答えが上がり、ここに引用してみます( https://cafe.naver.com/wphomepage/21161 ).

      まずローンの属性から申し上げれば「チャーターローン」もその中で基準によってまた異なります。
      庶民の代表的な商品「支店目貸し金融資」は国土交通部告示で貸付金利が1.8%-2.4%です。 とても安定しています。
      国で福祉次元にコントロールをするしかありません。

      반대ة
      一般貸借資金ローンは市場の変化に非常に脆弱です。
      銀行は通常市場金利に預けマージンを付けて融資を行います。 ほとんどの一般貸借資金ローンと信用ローンは
      [コピックス 6ヶ月モール] x [予備マージン] = 適用金利で顧客に商品を販売します。
      したがって、6ヶ月ごとに変動金利が金利に非常に敏感でなければなりません。 米FEDの基準金利、韓国銀行の基準金利によって市場金利も急速に変化します。

      重要なポイントは、政府支援ローンに切り替えるか、将来の金利の方向を予測して準備することです。
      私は個人的に現世界は低金利市場は終わったと見ています。 金利の方向は、1930年以降から1980年の高金利<1980年から現在までの低金利のサイクルでした。 今後は金利が右上向きサイクルです。 もちろん、中間の中間金利が上がり下がります。 2023年下半期、2024年上半期米FEDで金利引き下げができる余地があります。 もちろん、このような下方は一時的で長期的なサイクルは右上を向くしかありません。 経済をさらに拡大させることができれば、低金利の基調をさらに引き出すことができますが、私は限界だと見ています。 2030年以降、多くの変化が予想されます。

      それから私のローンの適用計画を考えることができます。
      もし私が5%の融資を受けて10%の利益を残すことができればまともな戦略ですが、5%の融資を受けて4%の預金をすれば非効率的でしょう。 今は金利が上がって景気が膨張しているので変動金利は固定金利に変更してこれもダメなら減らすのが良い戦略だと思います。

      そして、今のように金利が急速に上昇し、変化する場合は、預金よりも預金が有利です。
      ひとまずは一般貸切資金ローンなら積金を解約後ローンから返済が有利で全額返済して残った金額は、赤金より預金に転換する方法をお勧めしたいと思います。

      応答