ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

誰もいない気になる近況話:新築の建物に移動

Last Updated:2020年12月1日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

今週月曜日に新しい家に引っ越しました。 今回の理事は開始から順調でしたがつきました。 前の家で6年間家賃を住んでいました。 毎月固定的に出て行く費用が結構されて負担スロウォトヌンデが、今回はチャーターで移動しました。

誰もいない気になる近況話:新築の建物に移動できる

新しい家に引っ越して

10月20日頃に家賃の一部をチャーター融資を受けてカバーすると主人に了解を求め新築に入るしました。 しかし、10月末予定だった竣工承認が十日以上遅れて赤信号がともり始めました。

そうするうちに幸いなことに竣工承認が落ち取締役予定日を5日残した時点で契約を結ぶことにしました。 しかし、契約締結二日前に、銀行の融資担当者からの融資が不可能だという通知を受けました。

融資基準が相場で公示地価に規定が変わったとし新築の場合、来年5月にする必要があり、公示地価が付いという話を聞きました。 そして公示地価が相場より低いため、融資可能な金額は、制限されるします。

家空にするする日を数日残し契約締結が不透明になったが、足りない金額は家賃に回しローンが出るチャーター契約を再作成することの契約を締結しました。

最近、政府から頻繁に出す方針のためにチャーターローンをはじめとする融資が詰まっているようです。 数日前に庶民の信用融資を制限する強力な規制が発表されました。

今回取締役ながら複数の公認仲介士に出会いました。 その中には誠意をもって仲介業務をする方もいますが、不誠実なゲストを接する方いました。

公認不動産講義

2017年基準で公認仲介士の性比は男性が54%(5万3610人)、女性が46%(4万6208人)とほぼ同じ水準です。 数年前に女性公認仲介士が入念に仕事を処理するという内容をTVで見たことがあったが、性別ではなく、個人的な性向によって違うようです。

おわりに

家を購入機会があれば家を購入することが望ましいと思われる。 私はそのような機会がずっと前にあったが、当時の判断を誤る風に機会を私にいました。 政府といわゆる専門家たちの言葉を聞いて馬鹿にされた。

最近、政府から多くの不動産関連規定を出しているが、きちんとした政策なしにその場しのぎの的な政策を乱発してみると、市場の信頼を失って、不動産市場がより壊れる結果がもたらされていないかと思われます。 政府の規制が頻繁に変わり、公務員担当者と不動産公認仲介士も混乱している雰囲気です。

新築の建物に移動行く場合は、事前の確認事項XNUMX ...

引越しをした場合、通常の通信社(KTなど)に電話をして、以前の申請をすることです。 私も何気なく前の申請をし、引越し当日に電話やTVがつながると思いました。 しかし、建物が新築なので、通信設備がされていませんでした。 だからKTで先に施設工事をした後に、インターネットとTVを接続することができました。 このため、今週中にインターネットを利用することができませんでした。

この問題をKT担当の記事に聞いてみると主人が事前にKTに連絡して新築の電話とTVを接続できる設備になっていることを確認した場合は良かったようだね。 家主が住宅目的で建物を新築した場合、おそらくこのような細かい部分まで確認していただろうかと考えます。 もしかしたら、このような部分を知らない可能性があります。 したがって、家の契約をした後、KTのインターネットや電話、TVを前の申請をしながら移動するところが新築であることを明らかにして電話とインターネットが完備されているか問い合わせてみるといいようです。

参照



2のコメント

コメント

  1. 私は12月末に引っ越しをしました。
    8月に家一度見次、11月に報告マーケティングをして家電製品から家具事故ちょっと気を使われたようです。
    それでもまだ私事が多く残っていますね。

    回答する
    • 先月末に引越しをましたよね。

      取締役と神経が多く使われるしかありません。
      私たちも引っ越ししながら家電製品を大々的に(?)変えました。笑

      回答する