Yoast SEOとAll in One SEOプラグインに含まれているサイトマップを使用する

4

この WordPress ブログでは、初期にGoogle XML Sitemapsというグーグルxmlサイトマッププラグインを使用してサイトマップを作成して、Googleウェブマスターツールと Naver ウェブマスターツールに登録しました。

そうするうちにSEOプラグインに含まれているサイトマップの機能を有効にして使用しています。 もしSEOプラグインを使用している場合、あえて別のプラグインをもう一つインストールしてサイトマップを作成する必要はないようです。

WordPress用SEOプラグインでは、Yoast SEOとAll in One SEO Packが多く使用されて無料です。 もちろん有料機能もありますが、無料の機能だけでも十分なようです。 All in One SEOは初心者には適していYoast SEOは WordPressに精通しているユーザーに適しているとします。

個人的にはYoast SEOがもう少し微調整することができており、より好ましい方です。 (二つのうちどちらかの問題ありません。)初期のAll in One SEOを使用してからの高度な機能が必要でYoastに変えました。 Yoastが少し重い感ありますので、Webホスティングサーバーが良くなければ、管理者ページがスラッシング出せこともあるでしょう。 そのような場合、AIOを代わりにご利用いただけます。

Yoast SEOプラグインでサイトマップの機能を使用する

Yoast SEO 7以降

WordPress 伝言板> SEO> Generalをクリックして、 Features(機能) タブを選択します。

WordPress SEOプラグインYoast SEOサイトマップ機能

XMLサイトマップOnに設定します。 XML sitemapsの横にある疑問符(?)をクリックすると、XMLサイトマップURLパスを確認することができます。

WordPress SEOプラグインYoast SEOサイトマップ機能

サイトマップのURLはサイトのアドレスの末尾に /sitemap_index.xmlを追加します。

Yoast SEO 7以前のバージョン

Yoast SEOプラグイン7.0以前のバージョンを使用している場合、 SEO> Dashboard(伝言板)> Features(機能)に移動した後、 Advanced settings pages(詳細設定ページ) 機能が Disabled(無効)にされている Enabled(有効)に変えるようにします。

その後、SEOの下に XMLサイトマップ メニューが表示されます。

XMLサイトマップを使用していない場合は、 XMLサイトマップ ページから XML sitemap functionality(XMLサイトマップの機能)使用禁止への切り替えをします。 使用するには、 使用可能 状態にします。

XMLサイトマップのアドレスは www.thewordcracker.com/sitemap_index.xmlのようにサイトのアドレスの後ろに /sitemap_index.xmlを追加します。

All in One SEO Packプラグインでサイトマップの機能を使用する

All in One SEO Packプラグインを使用している場合は、XMLサイトマップの機能を使用するには、まず、 All in One SEO>機能管理者に移動します。

機能管理者ページからXMLサイトマップを Activate(アクティブ)ようにします。

1つのSEOのすべて 下に XMLサイトマップというメニューが表示されます。 このメニューをクリックすると、上記のような画面が表示されます。

サイトマップの表示]をクリックすると、サイトマップのページに移動します。 All in One SEOに含まれているサイトマップの機能を使用する場合、サイトマップのURLは www.example.com/sitemap.xml입니다。

おわりに

WordPressでサイトマップを作成する場合 GoogleのXMLサイトマップ 同じサイトマップのプラグインを使用したり、All in One SEOやYoast SEOプラグインに含まれているサイトマップの機能を使用することができます。

サイトマップをGoogleと Naverに登録すると、検索に役立ちます。 特にGoogleウェブマスターツールにサイトを登録すると、 検索の認知度向上というタイトルのメールが届きます。

上記の図のように、Googleの推奨どおりに異なるよさそうです。

  1. すべてのWebサイトのバージョンを追加(「www」のバージョンと「wwwなしの「すべてのバージョンを追加します。HTTPプロトコルを使用している場合、変形バージョンも追加)
  2. 好ましいバージョンを選択(「www」を含むかどうかを選択)
  3. 対象国を選択
  4. 仲間とのアクセスを共有
  5. サイトマップファイルの提出

メモ:

※一部文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。_コーヒーカップの値にブログ運営を スポンサーすることができます。

Ω

コメント4件
  1. 保持性

    ドメインのアドレス/sitemap.xmlを入力すると、見つからないページが開いたままに
    ドメインのアドレス/sitemap_index.xmlを入力すると、yoastが作るサイトマップがトゥギンます

    このように設定されても問題がないのですか?
    ドメインのアドレス/sitemap.xmlを別にドメインアドレス/sitemap_index.xmlここにリディレクティングのようなものをさせてくれてますか?

    1. Word

      sitemap.xmlを使用したい場合Yoast seoでサイトマップの機能を無効にしsitemapプラグインを1つ取り付けてください。
      それとも現在のようにsitemap_index.xmlをサイトマップとして使用いただいてもドゥェゴヨ。 リダイレクトはさせてくれる必要はないようです。
      Googleのウェブマスターツールと Naver ウェブマスターツールでサイトマップに/sitemap_index.xmlを提出してください。

  2. Se Jong An

    https://uploads.disquscdn.com/images/4d133bb20b1672bd74a176bff6048e6342bb76016918210050a91421effbc9d8.png 質問します。
    ワードレス初心者なのにSEOに関するお問い合わせをします。
    Yoastを使用する前に、GoogleのウェブマスターにGoogle Xml Sitemapプラグインから抽出したサイトマップを送信したが、第メインページは、正常に上位画面への露出がよくなりました。 ところでGoogle XML Sitemapブログ記事やアーカイブ記事はサイトマップの構造から除外させることを知っています。
    ブログ文等も上位表示のためにYoastを介して、Googleウェブマスターに「sitemap_index.xml」を提出しました。 現在、Googleのウェブマスターに「sitemap.xml」と「sitemap_index.xml」が二つが存在するわけですね。 既存の「sitemap.xml」をウェブマスターから消去Google XML Sitemapを無効にしてもYoastが提出するサイトマップに有望戻り行きましょうか
    私の目標は、もちろん、メインページの上位露出を維持やブログ文等も上位表示するのが目標です。 アドバイスをお願いします。

    1. Word

      私はgoogle xml sitemapを使用している途中yoast seoで提供するサイトマップに変えたが、検索に影響を与えるようには見えません。 個人的な経験上そう感じたが、他のサイトでは、どのような影響を与えるかは分かりません。

      次の文を一度参考にしてください:
      https://www.thewordcracker.com/basic/%EB%84%A4%EC%9D%B4%EB%B2%84%EC%99%80-%EA%B5%AC%EA%B8%80-%EB%B0%A9%EB%AC%B8%EC%9E%90-%EC%88%98-%EB%B9%84%EA%B5%90-%EB%B0%8F-%EB%B6%84%EC%84%9D/