このサイトは、 WordPressで作られたという事実を誰にも知らせないでくれ - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

このサイトは、 WordPressで作られたという事実を誰にも知らせないでくれ

Last Updated:2021年12月1日| 4のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

いくつかのサイトが WordPressで作られたかどうかはいくつかの方法で確認できます。 たとえば、www.example.com/wp-amdinのように/wp-adminをURLアドレスに追加して接続しようとすると WordPress サイトであるかどうかがわかります(たまに/wp-adminパスを変更することもあります)。 他にも、ページソースにwp-contentがあるかどうかでも確認が可能です。

Hide My WP - WordPress セキュリティのために WordPress パスを隠すプラグイン

しかし、場合によっては WordPressで制作されたサイトですが、上記の方法で確認できない場合もあります。 いくつかの方法がありますが、セキュリティのためにどのサイトが WordPressで製作されたという事実を隠してくれるプラグインを使用してサイトが WordPressで作られたことを隠すことができます。

このような機能をするプラグインが 私のWPを隠しますというプラグインです。

Hide My WP  -  WordPress セキュリティのために WordPress パスを隠すプラグイン

プラグイン販売サイトである Codecanyonで着実にベストセラーを記録しているが、プラグインは、フォルダやファイルの構造を変更せずに、WordPressを使用しているという事実」を隠します。 Hide My WPプラグインを使用すると、見つからない脆弱性から保護することができます。

ソースコードでどのような文字列(String)も削除したり、変更することができそうですね。 おそらくソースコード内の特定の単語を削除したり、変更したり、固有のアドレスを変更して、 WordPressで製作されたが隠してくれる機能をすることがあります。

あらかじめ作成された設定スキーム(Settings Scheme)を選択して簡単に使用することができ、カスタマイズも可能です。 このプラグインは、マルチサイトでも動作し、Apache、Nginx、Windows Server(IIS)とも互換性があります。 そして、セキュリティプラグインも含まれているそうですね。

Hide My WP Features List - WordPress プラグインの機能

WordPress 一意のアドレス変更:HMWPは、実際のファイルやフォルダを変更せずに、すべてをデフォルトの場所に維持して、プラグインの互換性を最大化します。

  • wp-login.phpを隠す
  • wp-adminを隠すまたは変更
  • WordPress テーマディレクトリの変更、スタイルシートでテーマ情報を削除、基本WPクラスを変え、最終的にMinifyを遂行する
  • プラグインのディレクトリを変更して、プラグインの名前をハッシュ(hash)
  • upload URL、wp-includesフォルダ、AJAX URLなどを変更
  • WordPress クエリURLの変更
  • 投稿者(Author)パーマリンクを変更(または無効)
  • フィードを変更または無効に
  • その他すべての WordPress ファイルを非表示に
  • WordPress アーカイブ、カテゴリー、タグ、ページ、記事などを無効に

このように変更してもSEOに問題がないか気になって、しばらく検索してみると、「Does it affect SEO?」というFQA文では、この問題について簡単に説明していますね。そのまま移してみると次のとおりです:

SEOに影響を与えるのですか?

メインコンテンツURL(ポスト、カテゴリー、タグ、作成者、フィード)を変更しない場合SEOに影響を与えません。 どのようなSEOの問題もありません。

HMWPはポスト、カテゴリとタグの同じWP基本識別アドレスの設定を上書きするだけです。 したがって、このプラグインを使用していない場合でも、これらの設定を変更した場合のランキングに影響を与える可能性があります。 もちろん、どのようなコンテンツのURLを変更することなくHMWPを使用することができます。

プラグインの販売ページのCommentsセクションを見ると、 HMWPは物理的にパス/ディレクトリを変更しないので、301リダイレクトを作成する必要がない(Hi、you need not create 301 redirects as HMWP does not physically change the paths / directories)とも呼ばれ言及されていますね。 ちなみにHide My WPはいかなる30xリダイレクトを使用せずに、内部rewriteルールを使用するので、速度に影響がないとし(Hide My WP does not use any 30x redirect、instead it uses rewrite rule that is internal and does not have any affect in speed)。

メモ: メインコンテンツURL(ポスト、カテゴリー、タグ、フィードなど)を変更したり、変更しないように選択することができます。

このプラグインを初めて接した時、このようなプラグインもあったねという考えと一緒に興味深いが、これを誰が購入しようかと思いました。 しかし、このプラグインは、現在(2016年5月中旬)まで 16,000個以上が販売され、ユーザーの評価も4.48(5.0満点)と比較的高い方です。 このような特殊機能のプラグインが16,000個以上売れたというのはすごいようです。 価格は23ドルですが、単に2万ウォンで計算しても...

WordPressスパムプラグインをインストールして、サイトを監視してみると、常に外部からのサイトへのログインを試みます。 私は主に 管理人, 管理者, 管理者, demo1 などのIDを主に利用してハッキングをしようとすることを観察することができました(参照)。 したがって、これらのIDを管理者IDとして使用する場合、ハッキングの危険に大きくさらされることがあります。

WordPressを使用していると、スパムロボットを介して会員登録が行われて、スパムコメントが上がってくるなどあまり愉快でない経験をすることになります。 スパムプラグインをインストールして、ある程度防止が可能であるが、完全に防止することができないようにして、 WordPressで利用できる優れたスパム対策プラグイン アキスメット などを使ってみると、通常のユーザーもブロックする副作用も時々経験することになります。 このプラグインがこのようなセキュリティな要素をどの程度ブロックしてくれるのか気になりますね。 Hide My WPはサイトが WordPressで製作されたという事実を隠すことで潜在的なセキュリティ脆弱性から保護してくれるというので、セキュリティが懸念される場合に考慮してみるオプションのようです。

アップデート: WordPress ログインページのパスを隠す方法は、セキュリティに大きな影響がないことが最近の結論のようです。 ログインページのURLを変更すると、むしろサイトを不安にする可能性があります。 Hide My WPを使ってセキュリティに大きな役立つかどうかは分からないが、サイトが WordPressで製作されたことを隠したい場合以外は一般的に使う必要はないようです。

参照



4のコメント

コメント

  1. こんにちは。 良い情報を教えてくださったおかげで...私探しているプラ​​グインを見つけました。 しかし、ㅠ。ㅠ
    Built Withは WordPress 及び各種プラグインなどの情報を非表示にすることができませんでした。 また、 WordPress 4.6でTablePressと衝突出ませんが、4.7で衝突が出て、まったく画面が出ません。 Hide My WPも最新の WordPressに合わせて更新されましたが、同じです。 もしかしたら、このような機能がある他のプラグインがあればアドバイスお願いします。 ああ...参考にKboardは後に追加のんですけど... Webページだオンキョソ復元をすべきでした。 ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは?
      コメントを残すありがとうございます。 まずはHide My WPに連絡して修正を要求しているのがいいようです。 (ただし、特定のプラグインの互換性のサポートをしないし、与えることもあるようです。)

      同様の機能のプラグインとしてSwift Security - Hide WordPress( https://1.envato.market/vqZmL )と呼ばれるプラグインがあります。 評価自体はHide My WPよりも若干良いようです。 まずは4.7との互換性などについてお問い合わせ見ればどうだろうかと考えますね。

      情報を非表示にする理由は、セキュリティのためですか?
      このブログの場合、会員登録機能をなくし、ログインも特定のIPのみ可能なようにして、それに加え、様々なセキュリティ関連の対策を適用した状態です。 もちろん、ハッカーが気になればハッキングできるが...ハッカーがこのサイトを決心ハッキングする理由はないでしょだよ。 一般的な攻撃には、ある程度の安心できるようです。

      応答
      • こんにちは。 迅速な回答ありがとうございます。
        お知らせいただいたプラグインでテストしてみましょう。 HIde My WPは、プラグインと、エラーが出る場合は、最初からページがない浮いてしまってね...お客様センターを見て、私のようなエラーを経験した方が多いですね。 韓国でも韓国の環境に合わせて WordPress プラグインがたくさん開発されればと思います。

        情報を隠す理由は、セキュリティのためでもありますが、
        私たちは、ブログ形式ではなく...業務の紹介と公開する内容があり、同様に沿ってかと思って隠すことです^^非表示、また誰かが情報を知ることができるよう、Webサイトを開発することで...続き繰り返されるものであるが、中することなく、優れたらしく...担当者として、一度しておくということです。

        常に多くの助けています。
        ありがとうございます。

      • 下文で紹介するコードはどうでしょうか?
        https://www.thewordcracker.com/hackyacom/kr/stopping-crawlers-in-their-track-no-pun-intended/

        少し長くなって、今も効果があるかは分かりません。