コメントブラックリストを利用して、 WordPress スパムコメントに対処する

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

stop spam compressor  - コメントブラックリストを利用して、ワードプレススパムコメントに対処する

ワードプレス」のコメントブラックリスト」機能を活用して、スパムコメントに対処する

ワードプレスを運営する場合、サイトの訪問者が多くなり、一緒にスパムコメントとスパム会員が増加することになります。

スパムコメントが多く走る場合 Akismet Anti-Spamプラグインをインストールすると、プラグインでインテリジェントにスパムを処理できます。 たまに正常コメントもスパムとして処理される場合もあります。 個人サイトやブログにAkismetを無料で利用することができます。

他にもWP-SpamShieldなどのスパム対策プラグインを利用してみることもできます(参考)。 そして、次のワードプレスCodex資料では、スパムに対処する様々な方法が記載されています。

ワードプレスの記事で提示する方法のいずれか GitHubからダウンロードすることができる非公式ワードプレスのコメントブラックスリツイート(wordpress-comment-blacklist)を利用することです。

リンクされたGitHubページでblacklist.txtファイルの内容をワードプレスのコメントブラックリストに登録するされます。

comments blacklist compressor  - コメントブラックリストを利用して、ワードプレススパムコメントに対処する

ワードプレスの管理ページで、 設定>ディスカッションをクリックして、 コメントブラックリスト 欄にスパムの単語を追加することができます。

このブログの場合、ほとんどのスパムが英語や日本語で作成されて走ります。 Disqusをインストールすると、スパムコメントが明確与えるが、スパムコメントがたまに走る現象が現れました。 昨日Disqusを無効にして、ワードプレスの基本コメントシステムに変更した後は、スパムがもう少し増えました。 (おそらくセキュリティプラグインで、いくつかのスパムを遮断するかもしれないが、スパムが思ったより多く増えていません。)

ワードプレスCodex文書に記載されたスパムのブラックリストを利用したら今ではほとんどのスパムコメントが「ゴミ箱」にすぐに入ってね。

Comments in trash compressor  - コメントブラックリストを利用して、ワードプレススパムコメントに対処する

チェックしてみると、一日に約14のスパムコメントがごみ箱に移動しますね。 ほとんどが英語のコメントであり、場合によっては、ロシア語と日本語のコメントも目立つね。 特異なのは、最近のjiaming Baiというユーザー名で継続スパムコメントが走っています。

この方法を使用すると、別のスパム対策プラグインをインストールしなくても(このブログで)スパムコメントを比較的効果的に遮断することがあります。



4のコメント

  1. 私はテーマをインストールするときに、スパムが約30つ付いていますよ。(笑)
    おそらくテーマで確認をするようにしたものと思います。^^
    その以外にスパムが全くないきますね。
    アスキースパムを使用するので、私は満足しています。!

    応答
    • Akismetを使用しているんですね。

      Akismetをどのように発音するか気になって調べてみると、「アキスメッシュ」もしくは「ああキッズメット」程度の発音することですね。(笑)

      応答
      • 今私のテーマを変えたいという思いがしますね。(笑)
        Valentiを心に置いているが、今回のブラックフライデーとき活人をハルリョンジしれません。^^

      • Valentiテーマ( https://1.envato.market/1d0bR )を見てみるとマガジンのテーマですね。 Newspaperと似ていながらも感じが少し異なることがそれなりに大丈夫に見えますね。 ユーザー評価も大丈夫よ。

        私は昔のGenesis Frameworkを使用しているMagazine Proというテーマが気に入って一度利用みようかと思ったことがあります。

        https://my.studiopress.com/themes/magazine/#demo-full

        それなりにきちんとしたものが、私にぴったりの好きなスタイルだが、Frameworkの使い方を別々に学ぶ必要で、速度が正しく出る約束することができない折ったことがあります。

        私は何度もテーマを変えたので今しばらくテーマを変えないと考えています。(笑)