ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

【海外ホスティング] iPage.comホスティング期限

Last Updated:2018年11月25日| 11のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

はじめ

iPage.comは Bluehostナ SiteGroundより手頃な価格のホスティングサービスで、個人的には昨年にはホストを管理することを引き受けながら大まかに把握していました。 そうするうちに、今回のテストサイトが必要となり、iPage Webホスティングを登録しました。 登録して WordPressをインストールし、速度を高めるために最適化されたプロセスの概要を説明します。

2018年9月29日追加: iPageを使用してからホスト期間が満了した後に、より長い期間を延長していません。 子供のページは安価に始めることができますが期間が満了した後に延長するときは、結構多くの費用が請求されます。 現在は、iPageを使用していません。

子供のページは安価に加入することができますが、URLにハングルが含まれる場合、エラーが発生するため、ハングルサイトを運営するにはそれほど適していません。 安価にまともなリソースのWebホスティングを利用する場合は、 Bluehost 共有ホスティングを考慮してみることができるようになります。

追加: ちなみにこの記事のリンクをクリックして、ホスティングサービスに登録すると、私は少しのコミッションを得ることができます。 しかし、私はコミッションのために、特定のサービスをお勧めしません。 複数のベンダーを利用しながら感じた点を加減なしに知らせるために努力します。 安価にまともなリソースを利用してみたいと思い場合 Bluehost 共有ホスティングを選択することができます。 特に このリンクをクリックして登録すると、1ドルが割引された月に最低2.95ドルからサービスを利用することができます。 より信頼性の高いサービスをご希望の場合 SiteGroundを考慮してみることができます。

iPageプラン

iPageプランには、Essential(Shared hosting)、VPS、Dedicated serverなど大きく1.99種類があり、その中では、私は最も手頃な価格の月のXNUMXドルのEssentialプラン(共有ホスティング)に参加しました。 これより上位の商品のVPSとDedicatedサーバープランの場合、ディスクスペースとトラフィックが制限されているが、より安定した動作が可能です。

購買情報

月に1.99ドルで無制限の容量/トラフィックを提供するプランを選択して、付加商品は選択していない。 たとえば、1年に19.95ドルである Advanced Site Protection and Performance Accelerator1年に25.90ドルであるバックアップソリューションがデフォルトで選択されています。 このような付加商品はよく考慮して選択するか、そのような選択をしていないか、またはすることができます。 (手動でのバックアップ/復元することに慣れていない場合は、下の図では、 「Strongly Recommended!Protect Your Site(イチオシ!サイトを保護します。) " 商品をチェックして購入すると、予期しない問題が原因でサイトを飛ばして食べる災害(?)を防止するのに役立ちそうです。)

added product in iPage

企業の場合、Essential PlanよりVPSや上位プランであるDedicated Server(専用サーバー)プランを選択することが望ましい。

WordPress インストール

登録後に、ドメインが登録されると、FTPの使用が可能となってすぐに WordPress手動あるいは自動でインストールすることができます。 私は面倒なので自動的にインストールされました。 (自動的にインストールすると、MOJO Marketplaceのような無駄なプラグインがインストールされます。)手動でインストールするには、DBを作成しなければならないので、自動的にインストールすることが便利です。

WordPressを自動的にインストールするには、cpanelにログインした後WEBSITEセクションの下に「WordPress」をクリックします。

インストール WordPress

WordPressを選択した後に表示される画面で、 それを自分で行う 下の "インストール"を選択するようにします。

それを自分で行う

その後、簡単に WordPress自動インストールすることができます。 インストール後に管理者としてログインして適切に設定ようにします。

メモ: WordPressルートより下位のディレクトリにインストールすることをいいようです。 iPageは、セキュリティの問題にルートディレクトリにいくつかの制限があります。 サブディレクトリにインストールしてcpanelのDomainCentralで登録したドメインをそのサブディレクトリに接続(Pointer)させてくれれば良いです。

iPage Pointer

問題発生時

初めて登録すると、予期しない問題が発生する可能性があります。 その後、ライブチャットやSupport Ticketを送信して問題を解決することができます。 日曜日ですが、サポート担当者と簡単に接続がされ、比較的親切に対応しています。 英語版のみ少し知ること通信に問題がないようで、サポートは国内 Cafe24よりもはるかにまともなようです。 Cafe24の場合質問をすると一日の後の回答がきて、問題が解決しない場合は数日かかります。 しかし、iPageや Bluehostのような海外のホスティングは、ライブチャットといくつかの方法でお問い合わせをすることができ、問題を比較的早く解決できる場合があります。 (iPageは電話でも直接連絡が可能です。)

サイトの速度

WordPressをインストールした後、最初に速度がよく出なくておてみるDNSのIP情報が複数登録されていて、問題が発生した回答を聞いて問題を是正してくれた後、待ち君の問題が消えました。 しかし、まだ速度が気に入らなくて、キャッシュのプラグインを利用するので速度が向上しました。

メモ: テーマが軽い場合には、高速を見えますが、テーマが重い場合には、遅くなることがあります。 このような部分は、他のホスティングでも同様であるが、低コストの海外ホスティングでは、重いテーマを使用する場合より遅いという印象を持つことができそうです。 個人ブログやテストサイトで、このような低コストのホスティングが良いですが、速度が重要なショッピングモールや企業のサイト用には適していないようです。

おわりに

個人的には現在の Bluehost VPS プランと iPage Essentialプラン, SiteGroundは、 Cafe24を利用しています。 iPageはこの中で機能(容量)に比べ安いながらも、比較的まともな速度を示すものです。 上記のようなスコアが出てきた理由は、シンプルなテーマを使用したことが影響し及ぼしたようです。 重いテーマを使用する場合、速度が遅くなることもあるでしょう。 (利点は、他のホスティングサービスでも同様です。) Ipageをは、個人ブログやテスト用のサーバーが必要な場合まともな選択になると思われます。

メモ: バックアップ/復元ソリューション商品を選択していない場合は、手動でバックアップをヘジュオヤます。 定期的にデータのDBをバックアップすると、万一の事態が発生しても、安全に復元が可能になります。 低コストであるEssentialプランの場合は、SSHがサポートされず、VPSまたは複数の商品のみ提供されます。 上位商品系列に属するVPS商品に比べてチューニングすることができる余地が小さくなりますが、キャッシュのプラグインとコードの最適化を介して速度が大幅に向上することができます。

♠上でもしばらく言及したが、信頼性の高いサービスが必要な企業の場合、低コストではなく、VPSや専用サーバーが適切です。 これ Bluehost든 古代ディでもほぼ同じです。 費用を支払うただけの速度と安定性が保証されてと考える正確と思われる。 企業の場合、速度と信頼性が売上に直結されるため、どうしても低コストではなく、上位プランが望まれます。

♠ WordPressをインストールするときにサブフォルダにインストールした後、ドメインPointer設定でそのサブディレクトリに設定してくれることをお勧め。 ルートにインストールすると、アクセス権の問題のためか、予期しない問題が発生する可能性があります。


活用例:

サイト運営をしながら個別に様々な WordPress テーマをテストする目的でも利用することができます。 また、一のテーマに複数のデモがある場合、それぞれのサブフォルダに WordPressをインストールした後、デモをロードすると、複数のデモを簡単にテストが可能です。



11のコメント

コメント

  1. 私もipageを数年前から知っていた一人ですが。
    無制限のストレージ容量、無制限の接続ドメイン。
    非常に魅力的だったんです。
    だから私も利用してみんです。 ドメイン設定の管理がcPanelより面倒なのが多いです。

    他のものは分からなくても上に言われたWebホスティングは、私としてはお勧めできません。
    パーミッションを1つだけ間違って設定しても、そのパーミッション設定が変更されたファイルに入ったフォルダは使用不可、Webページのエラー表示とするほどなものだ。
    パーミッションの設定がちょっとこうかつんですよ。
    VPSや専用サーバー部分は分からない。
    そしてパーミッションとは関係のない作業をされる方は、どうか分かりません。

    私の子供のページを知ったのが、おそらく2012年だったんです。 最近使って、本件2016年イオトグヨ。
    2012年時より速度の改善が多くなりました。 But。パーミッションの部分はそのままですよ。

    回答する
    • こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      この部分について上記されています。

      WordPressルートより下位のディレクトリにインストールすることをいいようです。 iPageは、セキュリティの問題にルートディレクトリにいくつかの制限があります。 サブディレクトリにインストールしてcpanelのDomainCentralで登録したドメインをそのサブディレクトリに接続(Pointer)させてくれれば良いです。

      前に初めて他の方のサイトに WordPressをインストールしてiPage( https://www.thewordcracker.com/go/ipage )を知りました。 しかし、最初によくされた後、時間の経過から変なエラーが出て、顧客センターと複数回の話している途中のルートに WordPressをインストールすると、奇妙なエラーが発生していることを知りました。 (ルートは、セキュリティ上の権限が制限されている時に聞いたことがあります。)

      だからサブフォルダに WordPressをインストールして、ドメインを連結させてくれるからそのような問題がなくなりました。

      現在、他のブログ( http://iwordpower.com/ )もそのように構成されていますが、パーミッションエラーは全く出ません。 もしサブフォルダにインストールしましたもエラーが出たら、ライブチャットを介して問題の根本的な原因を把握するのがよいようです。

      回答する
    • iPageでパーミッションエラーが発生した場合に別の文を一つ作成しました。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-ipage%EC%97%90%EC%84%9C-%ED%8D%BC%EB%AF%B8%EC%85%98-%EC%98%A4%EB%A5%98%EA%B0%80-%EB%B0%9C%EC%83%9D%ED%95%98%EB%8A%94-%EA%B2%BD%EC%9A%B0/

      参考してください。

      お客様センターに連絡して、ルートをサブフォルダに移しドメインをそのサブフォルダに設定を要請てもなるようです。 以前にお客様センターに連絡するからルートがセキュリティ上の制限がいるとして適切な処置をしてくれました。

      私は無条件サブディレクトリに WordPressをインストールして、ドメインを連絡するためのパーミッションエラーなどの奇妙な症状はありませんでした。

      以前のコメントでも述べたように、それでも問題が解決しない場合、ライブチャットを介して相談ヘボショもよさそうです。 私は問題がある場合、ライブチャットに連絡する方ですが、問題をじわじわ詳しく説明すると担当者が問題を解決してもらおうと自分なりに努力するという印象を受けました。 多分原因の把握が適切にできないか、通信のために複数回連絡をする必要がありそうです。

      ちなみに、ほとんどの海外ホスティングで運営するライブチャットの連絡してみると、比較的親切によく相談してくれるようです。 a2 hosting( https://www.thewordcracker.com/go/a2hosting )で英語をできないと無視する訴える方も見たんです、私も何度も連絡してみたがそのような部分は感じませんでした。 おそらく通信の問題のようでもよ。 英語恐怖症があるなら周りに、英語上手分の支援を受けるよさそうです。

      回答する
  2. W3 Total Cacheを削除してもしかしたらどのようなプラグインとしてインストールされたかわかるでしょうか;; 速度の問題のために悩んでいた車にはポスティングを見た気になります〜回答いただければとてもありがたい
    (minifyも知らいただければお願いします)ジュルチャトし、頻繁に来ますよ~~

    回答する
    • こんにちは? コメントを残すありがとうございます。

      現在iPage Essential Plan( https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/ipage-webhosting/ )を使用?

      私は最初にiPage Essential Planを使用しましたが、サイトに設置された WordPressが軽くグランジ比較的速度が大丈夫でした。

      現在は、iPage WP Essential Planに変えた状態です。 サイトへのコンテンツも増えてきて、プラグインを多く設置して、Googleの広告もつけたら速度が以前ほどはないが、まだそれほど不便はない感じています。 (そして、今日見てみるとiPageに WordPressが18個設置されていますね。 このようなものも速度に影響を与えるかは、分かりません。)

      重要なのは WordPress テーマであると思われる。 軽いテーマを使用すると、速度が大丈夫に出ます。 しかし、重いテーマを使用すると、どうしても遅く感じられるようです。

      私はWP Fastest Cacheプラグインをインストールした状態です。 W3 Total Cacheもよく設定すると、大丈夫のようです。 私面倒はこのプラグインを選択した状態です。

      参考までに...上記したようにiPage低コストは、パーソナルブログやテストの目的で適合することがあります。 速度とパフォーマンスが重要な会社のウェブサイト用にはVPSがより適していないだろうかと思うね( https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/introducing-bluehost/ を参照)。

      回答する
    • ちなみにこのブログでは、W3 Total CacheをインストールしてMinifyはBetter WordPress Minifyプラグインを使用しています。

      WP Super Minifyプラグインを使用してるから速度が1招待に向上したが、レイアウトが壊れる現象が現れ、削除しました。 バックアップを取るおいいくつかMinifyプラグインをインストールして、最も相性が合うプラグインを選択するといいようです。

      回答する
      • はいありがとうございます。
        iPageを使用はしないで Bluehostを使用してい
        一度テストしてみて使用みますね^^
        親切な回答とても感謝しています^^

      • 私はVPSプランですが、それはおそらく、共有ホスティングプランでなければmemcachedを使用することができるでしょう。

        memcachedをインストールして利用してもいいようです。

        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/bluehost%EC%97%90%EC%84%9C-memcached-%EC%84%A4%EC%B9%98%EC%9E%90%EC%B2%B4-%EC%A0%95%EB%A6%AC%EC%9A%A9/

  3. 参考にiPage Essential Plan( https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/ipage-webhosting/ )に初めて登録するときは、何もオプションを選択しなかったが、手動でバックアップすることが面倒で後日「Site Backups and Restore」という商品を別途追加購入しました。 費用は12.95ドルでした。

    回答する
  4. URLにハングルが含まれる場合と英語のみ含まれる場合を比較してみた結果、それなりの評価は、「有意な差がない」です。

    つまり、URLに英語のみを使用したときの訪問者数と、URLにハングルを使った後の訪問者数の推移を50日ほど比較みると別の他の違いがありませんでした。 したがって、URLに英語のみ入ることによって、特に問題になるようではありません。 (これは個人的な観察の結果であり、実際は異なる場合があります。)

    回答する