例えば、ドメインをカフェ24で登録された状態であり、カフェ24でホストをして、ドメイン登録機関は、継続カフェ24に維持しながら、ウェブホスティングのみ他のウェブホスティング会社に移転する場合があります。

この場合、通常ネームサーバー(NS)の情報を他のウェブホスティング会社のネームサーバ情報に変更してくれれば、ドメインが新しいサイトを指します。

他の方法でAレコードを変更することも考えてみることができます。 経験上、Aレコード(A Record)を変更すると、比較的早く新しいサイトにIP情報が変更されることがあります。 ネームサーバ情報を変更すると、2〜3日程度前のサイトと新しいサイトが交互に表示され、Aレコードを変更すると、数時間あれば、新しいサイトにアクセスが可能となるように見えます。 (Aレコードとネームサーバーの情報を同時に変更すると、すぐに新しいサイトにネームサーバ情報の変更が可能ではないかと思われます。)

その後、DNS情報自体を変更することとAレコードだけを変更することの違いは何でしょうか?

この週末にカフェ24でホストされているサイトを Sitegroundはに移転する予定だが、MXレコードの値をどこに変更しなければならかが問題になって確実にするためにSitegroundにお問い合わせました。 (移転するサイトのMXレコードがネイバーワークスを使用するようにネイバーワークス情報に設定されています。)

サイトグラウンド担当者によると、次のとおりです。

  • ネームサーバーレコードをSitegroundに移転する場合、すべてのDNS情報をSitegroundで管理が可能であるとします。
  • 既存のネームサーバの情報を保持した状態で、サイトだけSitegroundを指すようにするには、 Aレコードを更新となるとします。

つまり、MXレコードなどの既存のDNS情報をそのまま維持した状態でのサイトのみ、新しいサイトに指す(Point)には、Aレコードだけ変えればされ、この方法が一番簡単することがあります。 DNS情報自体を新しいウェブホスティング会社に変更した場合には、Aレコード、CNAME、MXレコードを含め、すべてのDNS情報を、新しいWebホスティング会社で管理することができます。 この方法もいいのではカフェ24でAレコードやCNAMEを管理することがあまり容易ではない(個人的な経験上そうだということで、個人ごとに異なる感じることができます)。 よくわからない場合は、カフェ24に要求すると、変更をしてくれるが、時間がかかります。

SitegroundはcPanelのAdvanced DNS Zone EditorでDNS情報を管理することができ、MXレコードはAdvanced MX Editorで設定することができます。

Advanced DNS Zone Editor compressor  - ネームサーバ情報の変更やAレコードを変更違い

Advanced DNS Zone Editorアイコンをクリックすると、さまざまなDNS情報を追加/変更することができる画面が表示されます。

Advanced DNS Zone Editor 5 compressor  - ネームサーバ情報の変更やAレコードを変更違い

サブドメインを別のドメインに接続するには、新しいCNAMEレコードを追加します。

AレコードとCNAMEレコードを理解すると、www.example.comを入力すると、example.comに自動的にリダイレクトされるようにしたり、www.example.co.krを入力すると、www.example.comに移動するようにするなどの構成を設定するすることができます。

DNS情報を変更する前に、もしかしたら間違っている可能がありますので、既存の情報をメモしておいた後に進めても良さそうです。 よくわからない場合は、Webホスティング会社に問い合わせてみるのも良い方法です。 (わからない場合は、常に聞いてみるのが最善です。)

ちなみにサイトグラウンドでMXレコードは Mail> MX Recordで指定することができます。

AレコードとCNAME(エイリアス)レコードの違い...

  • A Record-サーバーのIPアドレスを指定します。 この方法は、好ましくクイックソリューションです。
  • CNAME Record - サーバーのドメイン名を指定します。 少し遅いが、サーバーのIPアドレスが頻繁に変わる場合に便利です。

別のない情報が正しく知らせるところもなく、ウェブホスティング会社に聞いても明快ない知らせて少し苦しい面がありました。 もしかしたら、上記の情報で間違った部分があれば、下のコメントを介してお知らせいただければ確認後、訂正いたします。

* アップデート: ネームサーバー(NS)とDNSを混同して使用されて文を修正しました。

注:

2のコメント

  1. 次の記事を参照してください。

    ドメインのAレコード/ CNAMEを設定する方法:

    http://avada.tistory.com/entry/%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%9D%98-A-%EB%A0%88%EC%BD%94%EB%93%9CCNAME%EC%9D%84-%EC%84%A4%EC%A0%95%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95

  2. 上記の文も少し混乱しね、次のように簡単に理解することができるようになります。

    ネームサーバの情報は、ドメインを登録したドメイン登録代行業者のサイトにアクセスして変更することができます。 ネームサーバを仮にSiteground( https://www.thewordcracker.com/go/siteground )に変更するとSitegroundでAレコード、CNameなどのDNS情報を設定することができます。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください