昨日突然サイトが遅く近づいサイトがダウンしている現象が発生しました。

ブルーホストスタッフと話してみると、Webディスク容量が不足しているね。 だから無駄なファイルやバックアップファイルを削除すると、問題が解決されるとアドバイスしてくれました。

ディスクの空き容量がそれほど不足ではなく84%まで使用して90%程度になると、ストレージを追加しようと考え中でした。

ところが、管理している他の Bluehost VPS アカウントを見てみると、ディスク領域が99%のにサイトがよく戻ってね。(笑)たぶん者数とも関係がないかと思われます。 接続者数が多くなると、より多くのリソースが必要とされているようです。

仕方なく、ストレージを追加しました。 30GB追加するために月に10ドルですね。〓〓60GBは16ドルであり、120GBは23ドル、240GBは32ドルで容量が大きいほど有利ですね。 60GB以上は必要なく30GBを追加しました。

Bluehost Storage compressor  - ディスク領域不足のため、サイトへのアクセス障害が発生しました

ところがストレージを追加すると、終わりだと思ったそれはないですね。 ストレージをインストールするために1時間程度の時間がかかり、(ブルーホストの担当者によれば3〜4時間)、ストレージが追加されると、新たに追加されたドライブに既存のパスを割り当てヘジュオヤます。 このため、新しいドライブにメインドライブの特定のディレクトリをコピーして、既存のディレクトリを削除した後に、新しいドライブがそのディレクトリを指すように(point)設定ヘジュオヤます。

Bluehost VPSの場合cPanelで hosting> Performance> Disk managementを選択して、新しく追加されたドライブの横にある 変化するをクリックします。

Assign new mount point to new drive compressor  - ディスク領域不足のため、サイトへのアクセス障害が発生しました

Change the mountに割り当てるディレクトリを入力して Copy dataRemove Original Filesすべてチェックした後、 提出するをクリックします。 私 public_htmlディレクトリ新しいドライブにマウントするように指定しました。

提出するをクリックしたら、次のようなエラーが発生しました。

Failed to change mount point。

An error occurred while attempting the following operation:The mount point was successfully set however there was an error while attempting to copy the data。

この問題を聞いてみると、新しいドライブにデータを満たし(fill)いるから、何をせず待つようですね。 少し待てば、元のpublic_htmlフォルダが新しいドライブにコピーされ、元のフォルダは削除されます。

ちなみにcPanelでpublic_htmlフォルダを認識できないことがあります。 例えばFile Managerに接続してpublic_htmlフォルダをクリックすると、「This directory is empty。」というメッセージが表示されました。 この場合、publich_htmlフォルダの所有権権限を確認して、アカウント名に変えてくれれば、問題が解決されます。

※追加: public_htmlフォルダだけを新しいディスクにマウントすると、予期しない問題が発生しになります。 最初にpublic_htmlフォルダのみをマウントして、問題が発生して再homeフォルダ全体をマウントするから問題が解決されました。

最近のテーマを Diviテーマで、現在の Publisherというワードプレスマガジンのテーマに変更した後、Google AdSenseの広告収入が40%程度減少した。 季節的な要因なのかテーマの問題なのかはわからないが、このような技術的な内容を扱うブログの広告収入は、低レベルなのに広告収入がほぼ半分になり、ブログの規模が増加しているため、より多くのリソースが必要になって、さらにコストがていくことになって良いない状況になりました。

英語のことわざに If it is not broken、do not fix it(故障しないと修理しないでください)があります。 韓国語にすると「掻いうねり作らないで」は、ば、私にぴったりその格好になったようです。

現在ブルーホスト約定期間が終われば Vultrに変更するかも悩んでいます。 Vultrに移動すると、現在かかる費用の50%〜60%水準になるとみコスト削減を実現することができるようで、少しだけシャベルとLet's Encrypt SSL証明書も適用が可能です。

Vultr plans  - ディスク領域不足のため、サイトへのアクセス障害が発生しました
Vultr料金プラン

しかし、サーバーを手動で設定する必要がし、問題が発生した場合、直接処理する必要があるため、容易ではない面もあります。 Bluehostで問題が発生した場合VPSプランの場合VPS / Dedicated支援を要請することができ、迅速にサポートチームに接続して、問題を相談することができ、多くのことがしました。

別のオプションとしては、 Siteground共有ホスティングに移動すると、管理の心配もする必要がなく、Let's Encrypt SSL証明書も容易に適用が可能で良いという気がするが(他のブログからサイトグラウンドを使用中なのに、速度と安定性の良いように見える)、現在の訪問者数がSitegroundの共有ホスティングで処理することができるレベルを少し上回るます。 したがって、高いレベルCloud Hostingを選択する必要がしかし、その場合、コストが大幅に上昇して、競争力がなくなります。 (もちろん、速度とか多くの点でより良いが、このブログが高い安定性と速度を必要としないので、個人的なブログ運営の面ではあまり魅力的ではないようです。)

WP Mayorという有名な海外のブログが最近サイトへのアクセスエラーが発生して Bluehost Dedicated Hostingにアップグレードしたします。 WP Mayorの場合AdSense広告を表示しない代わりに、他の方法(例えば、バナー広告)でブログ運営コストをカバーしているようです。

BHS  - ディスク領域不足のため、サイトへのアクセス障害が発生しました

このブログも、最終的には、AdSenseの広告を削除する方向に進んいって希望です。 Google AdSenseの広告がブログ速度を落としてユーザーに迷惑広告を表示するため、それほど望ましくないことは明らかです。 しかし、現実的にAdSenseの広告がなければブログ運営がないので仕方ない選択です。

注:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください