WordPress 4.9.8アップデートリリース - Gutenberg テスト

Last Updated:2020年11月14日| 6のコメント

WordPress 4.9.8アップデートリリース -  Gutenberg テスト2

WordPress 4.9.8の更新バージョンが予定より少し遅れて、今日公開された。 おそらくほとんどの WordPress サイトが自動的に新しいバージョンに更新されています。 もしアップデートがされていない場合、「更新」ボタンをクリックして更新してください。

WordPress コアファイル、テーマやプラグインを常に最新の状態にすることが、セキュリティのために重要です。 今回のアップデートでは、46個のバグが修正されました。 4.9.8では、特に Gutenberg テスト個人情報保護関連の修正/改善に主眼をおいたします。

WordPress 4.9.8の更新

4.9.8にアップデートすると、上記の図のような画面が表示されます。 Gutenbergをインストールしてテストすることができます。

参考までに WordPress 翻訳がボランティアによって翻訳ドゥェダみる用語が統一されておらず使用されて、やや混乱を感じています。 翻訳の重要な要素の一つが、一貫性(Consistency)であるが、複数の翻訳者が翻訳をしてみると、一貫性に若干の問題があるようです。

たとえば、Gutenbergの場合、プラグインをインストールするとプラグイン名が「グーテンベルク」になっていますが、上の図では「Gutenberg「という表現が使われていますね。そして、「Classic Editor」については、「クラシックエディタ」と「クラシックエディタ」の4.9.7つの表現が同時に使われています。今回のバージョンでは、以前の翻訳である「特性イメージ」に戻りました。

用語が混乱を使用したり、 WordPress バージョンが変わっ翻訳が変われば、既存に作成され文や出版された本に使用された古い表現との違いにより、ユーザに混乱を与える可能性がありそうです。

Gutenberg エディタは、現在の完成段階ではないので、バグがあります。 あらかじめこのエディタをインストールして、現在の環境では問題がないかどうかテストしてみるといいようです。

グーテンベルクエディタ

4.9.8 アップデートをインストールすると、Gutenberg インストール「一緒に」古典的なエディタをインストールする「ボタンが表示されます。」古典的なエディタをインストールするクリックするとクラシックエディタ(クラシックエディタ)プラグインがインストールされます。

WordPress 5.0が正式にリリースされ Gutenberg エディタがデフォルトのエディタに統合される際に、テーマやプラグインの互換性のために Gutenbergを使用することができない場合に Gutenbergを無効にして古典的なエディタを使用すると、なりそうです。

メモ:


6のコメント

コメント

  1. 私も更新されました。
    WordPress アップデートをして、私は後前のページに内容があっても前に Newspaper TagDiv Composerで編集をするとよくなった今回は、内容があれば、少しTagDiv Composerにするべきことガトドラグヨ。
    内容がないTagDiv Composerエディタが正しくされているよう..
    とにかく星以上なくうまくいった。
    今日TinyMCE Advancedの更新がありましたが前にエディタが良いようです。
    天気が猛暑です。
    暑さに注意してください。;);)

    応答
    • 私 Gutenbergを使用するか悩み中です。
      このブログでは、使用しないで他のブログで遅くテスト兼使用することを考慮しています。

      応答
  2. ああ....私は自分のテーマの前に自分のテーマを作成してTinyMCEエディタにCSSを置きます...テーマのCSSをもう一度修正する必要があります。 古いエディタを書くことができますが、新しいエディタはかなり良く見えます。

    応答
    • こんにちは?
      ブログを訪問していただきありがとうございます^^

      Gutenbergユーザー体験を改善するために導入されるので楽に文を作成するのに役立ちますです。

      もう少し発展させればページビルダーの機能をある程度置き換えることもあります。

      応答