WordPress Avada テーマと Gutenberg 互換性注意

4

ワードプレス5.0にグーテンベルク(Gutenberg)エディタがコアに統合される予定です。 最近公開された4.9.8バージョンでは、グーテンベルクのプラグインとしてインストールしてテストすることができます。 これに関連し ああ、海のテーマでは、次のようにご案内しています。

ああ、海とグーテンベルク注意

ああ、海のテーマを5.6.2バージョンにアップデートすると、上記のような通知が表示されます。 おおよその内容は次のとおりです。

グーテンベルクエディタは、現在開発中のテストとフィードバックの目的で使用することができます。 グーテンベルクは、ワードプレスの5.0バージョンでワードプレスコアに統合される予定だが、日程は決まっていませんでした。 全体グーテンベルクプロジェクトはまだフリー - ベータ(Pre-beta)段階なので、テスト時、この点に留意する必要があります。

グーテンベルクの試験を使用する場合、プラグインをインストールしてテストすることができます。 テストを終了したい場合は、プラグインを無効にして、通常のように作業をします。

ああ、海でグーテンベルクとの互換性を確保するために作業しているが、しばらくはFusion Builderで生成された文/ページのコンテンツをグーテンベルクで編集することができず、グーテンベルクから生成されたコンテンツをFusion Builderで編集することができません。

ああ海(Avada)でグーテンベルクエディタをインストールして有効にする場合、個々の文/ページをFusion Builderで編集するには、 記事>すべての記事 あるいは ページ>すべてのページで、編集するテキストやページの上にマウスを置くと、クラシックエディタを編集するためのオプションが表示されます。

ああ、海のテーマページの編集

上記のように表示されたら、「旧バージョンのエディタ"を選択して、クラシックエディタ(クラシックエディタ)を開き、「Use Fusion Builder"ボタンをクリックします。

(現在のワードプレス日本語の言語ファイルでは、Classic Editorを「クラシックエディタ "、"古典的なエディタ」、「旧バージョンのエディタ」などの用語に翻訳されていますね。一つに統一すればいいようです。)

ワードプレス5.0が発売され、クラシックエディタは使用できなくなりますが、ワードプレスストアで提供されている クラシックエディタ(Classic Editor)をインストールして、グーテンベルクを無効にすることができます( "グーテンベルクのプラグインを無効にする方法"参照)。

ワードプレス5.0は今年公開される予定だったが、グーテンベルクの完成時期に応じて、来年に遅れる可能性もあり見えます。

注:

4のコメント

  1. Enfold テーマのAvia Layout Builderに慣れていて、私はグーテンベルクエディタの必要性を感じて、今後 WordPressに標準搭載ば速度に悪影響を与えるようだが...私には歓迎されないことですね...

    • Gutenberg 開発者は、 Gutenbergがページビルダーを交換するものではない明らかにしたことがあります。
      しかし、 Gutenbergが、基本的に搭載されて機能が改善され、既存のページビルダーレベルまで発展すればページビルダーの立地が狭くなるしかないようです。

      しばらくは文を作成するときには Gutenbergが主に使用されるだろうが、ページの編集時には、ユーザーが好むページビルダーを使用し続けることのようです。 そうするうちに、時間が経過すると徐々に Gutenbergがページビルダーを置き換えることになると予想されます。

      すぐにバグがあり、速度にも影響を与える可能性がありますので、抵抗が芯だろうが、すべてのことがそうであるよう、安定化されて支配的な地位を占めるようになると、より多くのユーザーが受け入れをしていないかと思いますね。

      • 言葉を聞いてみると私は同意がされます。 速度低下の問題さえなければなければなら私も選択的に使用する場合は歓迎すべきことです。 安定化され、さらに便利で良いツールに発展することを願います。

      • Gutenbergが、開発者ではなく、ユーザーを考慮した側面が大きいため、開発者の間で反発が大きいようです。 このため、 WordPressが両陣営に分割されることがあるという警告が出てもいました。

        今後どのように進むのか見守りながら対応となりそうです。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください