WordPressで簡単にランディングページを作成する(feat。エレメント、 GeneratePress, Divi)

Last Updated:2024年05月12日| | 6のコメント

WordPressで簡単かつ迅速にランディングページにしたい場合は、事前に作成されたテンプレートを活用することを検討してください。多くのユーザーがエレメントビルダーを活用してランディングページを作成しています。そして国内では GeneratePress テーマの サイトライブラリ(Site Library)で提供されているテンプレートを使用してランディングページを作成する人もいます。

さまざまなランディングページを作成してすばやく作成したい場合は、Diviテーマのレイアウトを活用することもできます。私は主にDiviテーマのレイアウトページを使用しています。

WordPressで簡単にランディングページを作成する

WixやBrizy CloudなどのWebビルダーを使用してランディングページを簡単に作成できます。しかしSEO(検索エンジン最適化)の面では WordPressより良い選択かもしれません。

特にドメインを接続する必要がある場合は、WixやBrizy Cloudなどのサービスを有料に切り替える必要があります。 WordPressで多くのサイトを運営したい場合は、クラウドウェイズなどの海外ホスティングを利用して、1つのサーバーに複数の WordPressをインストールしてドメインを接続できます。

さらに、プラットフォームに依存する場合、そのプラットフォームの規約違反のためにサイトへのアクセスが停止されるか、アカウントが失効する可能性があります。

明白な規約違反でアカウントが停止された場合は受け入れられることがありますが、アカウントが不正に停止したり、サイトへのアクセスが禁止される場合があります。ティストリーナ Naver ブログを使用しても同様の問題が発生する可能性があります。

特定のページをホームページ(前面ページ)に設定する

WordPressで特定のページを作成し、ホームページ(前面ページ)に設定してランディングページとして使用できます。

特定のページをホームページに設定するには 設定»読む»ホームページ設定から 静的なページを選択して、 홈페이지 フィールドに目的のページを指定するだけです。

WordPress ホームページを設定する

たとえば、Homeというページ(スラグ:home)を作成した場合、このページのURLは https://example.com/homeしかし、このページを 홈페이지に設定した場合 https://example.comにアクセスすると、このページが表示されます。

エレメントビルダーでランディングページを作成する

エレメントページビルダーに精通している場合は、エレメンターを使用してランディングページを作成することを検討できます。

Elementorのライブラリからテンプレートをロードして活用できます。

エレメントライブラリページテンプレートを読み込む

ページテンプレートは変わらないことは残念ですが、さまざまなブロックテンプレートが用意されています。

エレメントブロックテンプレート

エレメンは最も人気のあるページビルダーで、多くのユーザーが使用しています。プロバージョンの場合は、ライセンスに応じて適用可能なサイト数制限があり、毎年更新する必要があるため、サイト数が増えると費用の面で負担になることがあります。

テンプレートを読み込んだ後 Elementor AIを使用すると、レイアウトやテキスト、画像などを簡単に変更できます。

GeneratePress テーマのサイトライブラリテンプレートを使用する

GeneratePress テーマが提供するサイトライブラリを活用して、ランディングページを作成したサイトに頻繁にアクセスします。同様のランディングページを作成するのに便利なようです。

数年前はテンプレートの数が少ない方でしたが、2024年3月現在、Site Libraryに登録されているテンプレートがほぼ97個程度でほぼ100個に達しますね。

GeneratePress テーマサイトライブラリ

お気に入りのテンプレートをロードしてテキストと画像を変更して、目的のランディングページを作成できます。

ジェネレートプレステーマは特に速い速度のため、国内では収益型ブログで多く使われています。

GeneratePressの有料版は500サイトに設置が可能で、年間ライセンスとライフタイム(生涯)ライセンスがあるため、コスト面で負担が少ない方です。

Diviテーマのレイアウトデザインを使用したランディングページの作成

Diviテーマは Avadaと同様の販売量を示すベストセリングテーマです。機能面でもエレメンタビルダーと Avada テーマに劣らず、特に2500を超えるレイアウトページを活用できます。

WordPress Diviテーマライブラリ

テンプレートを複数ロードして、必要な要素のみを組み合わせてページを作成できます。テンプレートに含まれる画像はライセンスがないため、商用プロジェクトにも使用できます。 (エレメントテンプレートの場合、一部のサードパーティイメージが使用されているため、エレメンタはイメージを削除して独自のイメージに置き換えることをお勧めします(参照))

DiviテーマでもElmentorに似て ディビAIを使用して画像、テキストなどを人工知能を使用して簡単に修正でき、Divi Code AIを使用してCSS、JavaScriptなどのコーディングも可能です。

DiviテーマAI機能

次のページは、Diviテーマのレイアウトを活用して作成されています。

Diviテーマの詳細については、Diviサイトを参照してください。

Elementor, GeneratePress テーマ、Diviテーマのまとめ

ワンページレイアウトのホームページを含むランディングページを簡単に作成する方法を見てみました。

Elementor ページビルダー

  • 最も人気のある人気のあるページビルダー
  • テーマビルダーなどを使って簡単にカスタマイズ可能
  • 限られたページテンプレートの数。多くのブロックテンプレート
  • 年間プランのみが提供され、ライセンスに基づいて設置可能なサイトの制限

GeneratePress テーマ

  • 速度が速い WordPress テーマ
  • サイトライブラリテンプレートを使用してランディングページを作成可能
  • 使いやすさの面では、エレメンタやDiviテーマに比べて落ちる方
  • 年間ライセンスと生涯ライセンスがあり、最大500サイトに設置可能。費用対効果の高いオプション

Diviテーマ

  • Avada テーマに似た販売量を誇るベストセリング多目的テーマ
  • テーマビルダーなどの機能を初めて導入
  • 2500以上のレイアウトデザインを活用してページ作成が可能
  • テンプレートに含まれる画像を自由に利用可能(商用プロジェクトでも利用可能)
  • 複数のレイアウトの組み合わせが可能
  • 該当するサイト数に制限はありません
  • 年間プランと生涯プランがあります。コスパ比良いオプション。特にウェブサイト制作代理店やウェブデザイナーなどが多く利用。

参照


6のコメント

コメント

  1. WordPressとしてブログを運営しようとしています。どのテーマを使用すればよいですか?テーマおすすめお願いします。

    応答
    • ブログの場合 GeneratePress テーマが国内で多く使われています。スピードが速い方なのでSEOにも有利でしょう。

      簡単にクオリティのブログを作りたい場合 Newspaper テーマもまともな選択かもしれません。ただし、速度面ではGPテーマよりも遅く、トラフィックも多く消費されることがあります。 クラウドウェイズ、AWSなどの高速Webホスティングを使用する場合 Newspaper私も考えることができると思います。 Newspaper テーマについては、次の記事を参照してください。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/21128

      応答
    • ページビルダーは大きなサイズのため、サイトの速度に影響を与えるしかありません。エレメンタ以前にWPBakeryページビルダー(別名」Visual Composer")が人気を集めましたが、質の高いスピードの問題と多くのバグのためにエレメントに座りました。 Elementor가 Visual Composerに比べて速度が速くバグも少ない方ですが、ページビルダー自体の限界によりある程度速度に影響を与え、他のプラグインと衝突を起こす場合もしばしばあります。

      Webホスティングサーバーが良い場合、速度の低下はそれほど目立たないでしょうが、悪いWebホスティングを使用すると速度が遅くなる可能性があります。

      速度が重要な場合は、ビルダーを使用するのではなく、基本エディターであるブロックエディター(Gutenberg)を使用すると良いかもしれません。しかし、利便性と機能の面では、まだブロックエディタが落ちているので、必要に応じてデザインを作成するのは簡単ではないという側面があるかもしれません。このような状況では Kadence 同じテーマを使用すると、スピードと利便性という2匹のウサギを捕まえることができると思います。

      応答
    • 2024年3月22日基準(我が国時刻)で Avada テーマは953,831個販売、Diviテーマは974,872個販売でディビテーマが僅かに先に行きますね。
      Diviテーマは Avadaと同様の多目的テーマであり、エレメンタが提供するものと同様のテーマビルダー機能を提供します。テーマビルダー機能は、Diviテーマによって最初に導入されました。
      そして Elementor AIに似たDivi AI人工知能商品も提供しています。
      また、レイアウトパックを毎週追加しており、現在2500を超えるレイアウトページデザインを活用できます。
      Diviテーマはインストールサイトの数に制限はなく、年間ライセンスと生涯ライセンスがあるため、特に複数のサイトを運営する場合には経済的なオプションになることができます。

      応答