WordPressが4.7バージョンに更新されました

Last Updated:2016年12月07日| | コメントを残す

今日正式に WordPress 4.7バージョンがリリースされました。

WordPress 4.7には、特性の画像とビデオのヘッダーを使用できるTwenty Seventeen(トゥエンティセブンティーン)テーマが含まれています。

WordPressが4.7バージョンに更新されました5

そして WordPress 4.7では、ユーザー定義の新しい機能を追加され、テーマの初期設定が終了したことができそうです。 邪魔されない一つのワークフローでは、すべての変更の非破壊的なライブプレビューが可能です(WordPress 4.7で紹介されたフレーズですが、「非破壊的なリアルタイムプレビュー」という表現が面白いですね。 おそらく実際と同じリアルタイムプレビューを意味するようです)。

WordPressが4.7バージョンに更新されました6

'ユーザーを定義する'内にカスタムCSSを追加できる別のメニューが追加されました。 リアルタイムで確認しながらCSSを追加できるそうですね。

WordPressが4.7バージョンに更新されました7

他にも WordPress 4.7で書かれ、コメント、学期、ユーザー、テーマ、設定にREST APIエンドポイントを提供しています。

コンテンツのエンドポイントは、 WordPress サイトにはっきりと標準化されたインタフェースでマシンが読み取り可能な外部アクセスを許可します。 これは、プラグイン、テーマ、アプリなど、非常に多くのことを、サイトと相互作用することができる革新的な道を開いてくれます。 開発を開始する準備ができています? REST APIリファレンスをご覧ください。

そして開発者が利用することができる次のような機能が追加されました。

  • 記事タイプテンプレート(Post Type Template):ページテンプレート機能をすべて文のタイプに拡張させたためのテーマの開発者は、 WordPress テンプレート階層に、より多くの柔軟性を持つことができます。
  • WordPress 4.7には、テーマの開発者のために 新しい関数、フック、アクションが含まれています。
  • ユーザー定義のバッチジョブ(Custom Bulk Actions)
  • WP_Hook:アクションとフィルタの内部に存在するコードは、全体的に書き換えされており近代化されたすべてのバグが修正されました。
  • 設定登録API:register_setting()はタイプ、説明、REST APIの可視性を含むように拡張されました(参照).
  • ユーザー定義の変更セット:ユーザー定義の変更セットは、自動保存下書きのようにカスタマイズするの変更を保存することができます。 また、開始コンテンツなどの新しいエキサイティングな機能を可能にします。

これで、ポストタイプにも「テンプレート」を使用するようにサポートされているようです。

WordPress 4.7に更新すると、エラーが発生しないか少し心配になったが、幸いにも Enfoldがインストールされてこのサイトをはじめ、複数のサイトを更新しても問題が発生しているサイトはまだないですね。

WordPressが4.7バージョンに更新されました8

参考までに WordPress 4.7に付けられた「Vaughan」という名前は、伝説的なジャズボーカリストであるSarah “Sassy” Vaughanの名にちなんで付けられたそうです。

WordPress 4.7にアップデートする際に問題がある場合WordPress 更新に失敗し「を参考にしてください。


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy