加入型 WordPressでメールサービスを利用する - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

加入型 WordPressでメールサービスを利用する

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

加入型 WordPressは WordPress.COMでブログのように参加して WordPressを利用するサービスです。 加入型 WordPressには無料プランと有料プランがあります。 有料プランには Blogger、個人、プレミアム、ビジネス、eコマースプランがあります。 Bloggerプランとeコマースプランが新しく追加されました。

WordPress 加入型プラン - Blogger&個人
既存の「個人」プランが「Bloggerと「個人」プランに改編され、料金が月4ドルから​​「Blogger'は3ドル、'個人'は5ドルに策定された。 両者の違いは Bloggerプランでは。blog ドメインのみを1年間利用でき、Eメールサポート(リアルタイムチャットはサポートされていません)が利用できますが、「個人」プランでは。blog 他のドメインも選択でき、リアルタイムチャットサポートが提供されます。

有料プランを使用すると、ドメインに接続することができ、ドメインを登録した場合、1年間無料で利用することができます。 しかし、 WordPress.comでドメインを登録して接続してもメールサービスは提供されません。 加入型 WordPress会社のドメインを接続し、会社の電子メールアドレスを利用して、電子メールを受けたい場合があります。 そのような場合、無料の電子メールサービスや、サードパーティの電子メールサービスを利用することができます。

WordPressドットコムに登録されたドメインにメールを利用するには、メールサービスプロバイダのDNS情報を追加します。 WordPress.comでは、いくつかの電子メールサービスを簡単に追加することができるオプションを提供しています。

WordPress.comに登録されたドメインにメールを追加する

ドメインにされた電子メールを利用するには、WordPrss.comにログインした後、左側のメニューから ドメインをクリックして、ドメインリストから該当するドメインをクリックします。

WordPress.comに登録されたドメインのリスト

その後、ドメインのネームサーバーとDNS情報を設定する画面が表示されます。

WordPress 加入型ドメインネームサーバ情報の変更

上記のような画面が表示されたら ネームサーバとDNSをクリックします。

WordPress 加入型ドメインネームサーバとDNS情報の変更

DNSレコードをクリックして直接MXレコードを追加することができます。 Zoho Mailという無料の電子メールサービスに登録すると、簡単にメールを利用することができます。 Zoho Mailに登録して、独自のコードを受けて入力します。

無料メールサービスZoho Mail

上記のような画面で、Zoho Mail CNAME zbコードフィールドにzbで始まるコードを入力すると、以下の「Zoho Mail設定」が有効になります。 これにより、このボタンをクリックして、メールを設定することができます。

WordPressは、Googleと協力して、サイトに統合された電子メール、ストレージ、ドキュメント、カレンダーなどを提供するとしますね。 G Suiteは、年間ユーザーあたり72ドルです。

グーグルG Suite

WordPress.comは、サイト内で簡単にG Suiteを追加して電子メールを構成することができるオプションを提供しています。

メール送信制限

メールを送信量が多くないフリーメールサービスであるZoho Mailを利用みることができます。 Zoho Mailでの無料版について制限があります。 一日50通x認証され有効になって総ユーザー(最大4人のユーザー)、すなわち最大200通まで可能です。

参考までに、国内のウェブホスティング会社である Cafe24では、1日最大400トンまでに、1回の発送最大40通まで可能とします。 そして、Webホスティング商品をアップグレードしても同じだとね。

そして海外のホスティングの一つである Bluehost(Bluehost) 共有ホスティングの場合時間150通のメールを送信することができ、パッケージに応じて時間最大750通まで可能とします。 このブログがホストされている Bluehost VPSの場合は、メール送信に関連して制限がないですね。

また、他の海外のホスティング会社である SiteGround(Siteground)の場合、共有ホスティングでは、時間当たり40人に400通の電子メールを送信するように制限されるそうです。 ほとんどの共有ホスティング(Shared Hosting)は、スパムの問題のために電子メールの送信に制限をおくことです。



コメントを残す

コメント