ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress ユーザー(会員)データの転送/抽出

Last Updated:2022年4月20日| 3のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress ユーザー情報を他のサイトに移転したい場合があります。 例えば、新たに WordPress サイトを製作した後、既存の WordPress サイトに参加した会員リストをそのまま新しいサイトを移行する必要がある場合があります。 あるいは、会員データをExcel形式でエクスポートする必要がある場合があります。

この場合、Import Export WordPress Usersプラグインを使用することができます。 このプラグインは、 WordPress ストアに登録された無料のプラグインです。

[この記事は2022年4月20日に最終更新されました。 ]

WP All Export / WP All Importプラグインを使用して会員データをエクスポート/インポートする

WP All Exportプラグイン輸出 WordPress Users to CSV/XML アドオン(「User Exportアドオン」)プラグインを使用して会員情報をエクスポートできます。 WP All Exportプラグインは プラグイン]> [新規追加でWP All Exportを検索して「Export any WordPress data to XML/CSV」プラグインをインストールするだけです。

WP All Export と User Export Add-On プラグインを併用すると、基本的な会員データをエクスポートできます。 無料版では、次のデータをエクスポートできます。

  • ID
  • ユーザーメール
  • ユーザーログイン
  • User Registered
  • User Nicename
  • ユーザーURL
  • 表示名
  • ニックネーム
  • 製品説明

WP-MembersやUltimate Memberなどのメンバーシッププラグインを使用して会員登録ページを作成し、携帯電話番号などカスタムフィールドを追加した場合は、無料版ではデータを抽出できません。

WP-Membersを通じて会員登録ページを作成したサイトで、電話番号、役職、所属機関などカスタムフィールドも一緒に抽出しようとすると、無料版では該当機能がサポートされておらず、有料版でのみ可能だと案内されました。

WP Export All Proバージョンを購入して再試行すると、User Export Add-On Freeバージョンは利用できなくなり、User Export Add-On Proが必要であるという警告が表示されました。

結局のところ、このプラグインでWP-Membersなどで作成したカスタムフィールドを抽出するには、やや高価な有料版を使用する必要があります。

WP All Export / WP All Importプラグインを使用して会員データをエクスポート/インポートする

カスタムフィールドのユーザー情報をエクスポートおよびインポートするには、User Pro Package(199ドル)が必要です。 Import + Export Pro Package(299ドル)は WooCommerce、Gravity Forms、ACF、Typesまでサポートします。

私はphpMyAdminに接続して手動でMySQLクエリを作成し、WP-Membersユーザーデータを抽出する方法を選択しました。 少し時間がかかりましたが、MySQL文法について少し知れば、必要に応じてデータを抽出できます。

WP All Export / WP All Importプラグインを使用してユーザーデータを抽出または移行する場合は、基本的なメンバー情報の抽出/以前は無料版で利用できますが、メンバーシッププラグインまたは WooCommerce 会員情報を抽出するには、多少負担となる価格の有料プラグインを購入する必要があります。

WP All Export/WP All Import プラグインの有料版の購入を検討している場合は、まず販売者に希望の機能を実装できるかどうかお問い合わせください。 (サポートページでお問い合わせをいただくとすぐに回答が受けられました。)

データの抽出が必要な場合は、phpMyAdminからMySQLクエリを使用して抽出することができます。 DBデータの抽出に苦労した場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。

WordPress ユーザーが簡単に他のサイトに移転するImport Export WordPress ユーザー

WordPress ユーザー情報以前のプラグイン

WordPress 管理者ページ>プラグイン>新規追加でImport Export WordPress Usersを検索して、プラグインをインストールして有効にします。

このプラグインを使用して、すべてのユーザーまたは特定の役割(Role)のユーザーをCSVファイルにエクスポートすることができます。 その後、他の WordPress サイトから会員情報を取得することができます。

ユーザーのエクスポート

ユーザーをエクスポートするには、 WordPress 伝言板>ユーザー> User Importをクリックして、 User / Customer Export タブを選択します。

WordPress ユーザー情報のエクスポート

ユーザーの役割でエクスポートする会員ランク(ユーザーの役割)を選択します。 すべてのユーザーをエクスポートするには、 すべての役割(デフォルト)を選択します。 購読者のみ移行する場合には、 加入者を選択します。

コラムでは、エクスポートする列を選択することができます。 基本的にはユーザーのログイン、パスワード、ニックネームなど、すべてのカラムが選択されています。

下部の ユーザーのエクスポート ボタンをクリックすると、ユーザー情報がCSVファイルにExportされます。

ユーザーのインポート

インポート・エクスポート WordPress Usersプラグインを使用してエクスポートしたユーザーのリストを新しいサイトで取得するこのプラグインをインストールした後 WordPress 伝言板>ユーザー> User Import> User / Customer Import タブをクリックします。

WordPress ユーザーDB前に

ファイルの選択(Browse) ボタンをクリックして、csvファイルを指定した後 ファイルのアップロード後インポート ボタンをクリックすると、ユーザーが新しいサイトに移転されます。

このプラグインを使用すると、パスワードもそのまま前されて個別にパスワードをリセットしてくれる必要がありません。

参考までに WooCommerce(WooCommerce)顧客情報を移行するにはPremiumバージョンを使用します。 基本的なバージョン(無料版)では、 WordPress ユーザーだけインポートすることができます。

2021年の更新:

プラグインの名前が インポート・エクスポート WordPress Users and WooCommerce Customersに変更されインターフェースも大幅に変更されました。 次の映像を通じて使用方法を確認することができます。

メモ:



3のコメント

コメント

    • 私も会員制を運営していなくては必要ありません。笑

      サイトをリニューアルした後、会員DBを移転しなければならなどの状況で必要なものです。

      応答