水に落ちたヒトラーを救ってくれたの司祭

2

水に落ちたヒトラーを救ってくれたの司祭

1894年1月には、川に落ちて死ぬ一歩手前の4歳の子供をした司祭(花嫁)が求めています。 司祭が救ってくれたその子の名前は、他でもない6万のユダヤ人を虐殺したアドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)でした。

そしてヘンリーテンディ(Henry Tandey)という英国人兵士は「アドルフ・ヒトラー」を殺すことができた射殺せずに生かしてくれた話がMBCサプライズからも紹介されたことがあります。

ヒトラーを射殺していない男

この物語は、「The Man Who Did not Shoot Hitler:The Story of Henry Tandey VC and Adolf Hitler、1918(1918年ヒトラーを射殺していない男:ヘンリーテンディとアドルフ・ヒトラーの話)」というタイトルの本にも出ていますね。

歴史には家庭が無意味だが、もし子供ヒトラーが水に落ちて死んでいくとき、その司祭が生かしてくれなかったら? または、イギリスの兵士が戦場で出会ったヒトラーを捕獲せずに射殺した場合どのようにでしょうか? ホロコーストつまりユダヤ人大虐殺が起きたのでしょう?

(もちろん、無意味な仮定だが)といっても、第2のヒトラーが出現したのでしょう?

2のコメント

  1. Versailles条約がなかった場合、2次世界大戦は起こらなかっただろうと言うの歴史学者たちの通説です。

    歴史というのは本当に面白いのが、もちろん2次世界大戦、特にホロコーストは悲劇が正しいが、2第二次世界大戦のおかげで、大韓民国が現在存在しているんですよ。

    従ってそのような視点で見れば、その司祭/ priestがヒトラーを生かしてくれたのが幸いだという。 (笑)

    *花嫁(神父)という言葉を最近ない書こうとします。

    また、この世界の誰を見ても、父と呼んではいけない。 あなたの父は、天の父おひとりだけであられる。 (マタイXN​​UMX:23)

    昔から知っている聖書の詩はあったが、最近私の妻が聖書を読み、私によく質問をするが、上記の詩について聞いてきギジェルモ、グーグリングを見てみ近づい....

    その意味を詳しく知るようになる風に司祭を花嫁(神父)とするのがたくさん砂易く感じましたよ。 ふふふ

    • こんにちは?

      ほとんどの人は、このようなことについて関心もなく、カトリック信徒たちにも、このような話をしてくれれば」そんなことも「程度の反応を見せます。

      光復節の15ことフランシスコ法王が大田ワールドカップ競技場に入ると、信徒たちは一斉に「ビバパパ(Viva Papa)」を叫んだ。 イタリアの言葉で「法王万歳」だ。 教皇(Pope)のラテン語の名称は「最高神祇官(Pontifex Maximus)」だ。 ポンティフェックスは、司祭枚で、足を置くか、または道を作る人は、大殿は最大最高を意味する。 神と人との間に足を置く最高社製(司祭)という意味。 この言葉が、英語「ポープ」に変わる過程で、父を意味するギリシャ語の「パパ(papa)」を借用することになった。

      http://www.dailycc.net/news/articleView.html?idxno=191796

      教皇が韓国を訪問したときに人々が「ビバパパ」と叫んだが、知っておら明らかだろう」パパ」も同様に「父」を意味します。

      *以前にも言及したんですが、「最高神祇官」は本来ローマミトラ教の高僧称号だこれ教皇が退いました。 そして教皇の Twitter アカウントがPontifexです。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください