今月の無料ダウンロード(2018年8月) - 自己紹介、ポートフォリオテンプレート

Last Updated:2021年03月01日| , , コメントを残す

WordPress テーマやプラグインをはじめ、様々なウェブサイトに関するテンプレートとコードを販売する Theme森林Codecanyonで毎月有料アイテムを選定し、XNUMXヶ月間無料でダウンロードできるように提供しています。

2018年8月には自己紹介、履歴書サイトを作成するために利用することができるLinaと呼ばれるWebサイトのテンプレートとKoteという価格表(Pricing Table)CSSデザインが無料ダウンロードアイテムに選ばれました。

参考までに エンバト要素を使用すると、67万以上のテーマ、プラグイン、ストック写真、フォント(フォント)などをライセンス期間中に無制限にダウンロードできます。 ウェブサイトの制作やデザイン業種に従事する場合に有用に利用が可能です。

Lina - Creative vCard、Resume、CV(クリエイティブvCard、履歴書、CVウェブサイトテンプレート)

履歴書、自己紹介サイトのテンプレートリナは、vCard、CV、履歴書、およびポートフォリオのテンプレートで、ユニークなスタイルとレイアウトと色でパーソナライズされた自己紹介ウェブサイトを作成したいユーザーに適しています。 すべてのコードにはよくコメントがあり、非常に簡単にカスタマイズできます。 この柔軟なテンプレートはすっきりとしたデザインで、ワンクリックで見た目を好きなように変更できます。

最近はウェブサイトテンプレートを使用することが大幅に減ったようですが、一度作成してコンテンツを追加する必要がない静的なサイトを構築する場合に利用してみることができるようです。 このブログのように定期的に投稿をしたい場合 WordPress 同じCMSシステムを使用すると便利です。

Kote - Pricing Tables With Editor (エディターを含む価格表)

価格表デザインコテはエディタを利用して簡単に価格表を作成できます。 サブスクリプションサービスを案内するときは、価格表がよく使用されます。 このような状況に活用できるようです。

WordPressでは、ページビルダーを使用してPricing Tableを簡単に追加できます。 例えば、 Avada テーマFusion BuilderにはPricing Table要素があります。

Avada テーマのPricing Table要素
Avada テーマのPricing Table要素
エレガント Themesの Diviテーマまた、Pricing Tableモジュールが含まれています。 無料レイアウトパックに含まれる価格表レイアウトをロードして活用することも可能です。
Diviテーマが提供する価格表のレイアウト
Diviテーマの無料レイアウトパックに含まれる価格表のレイアウト。 現在、合計13ページのレイアウトがあり、レイアウトパックは引き続き追加されています。

さらに、次のファイルを8月のXNUMXか月間無料でダウンロードできます。

メモ:


コメントを残す

コメント