WordPressで会員制サイトを運営する

14のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスでは、特定のコンテンツへのアクセスを支払いをした会員のみ許可したり、期間(例えば、毎月)に基づくサブスクリプションの制を実施するなど、会員制のサイトを運営する場合は、いくつかのプラグインを使用することができます。

この記事を作成当時(2016年)、まともな無料のメンバーシップのプラグインを見つけるのは容易ではなかったが、今 究極のメンバーWP-メンバー のような無料のワードプレスのメンバーシップのプラグインを利用することができます。 無料のプラグインで機能が不十分なとき、以下で紹介するプラグインをご検討ください。 ウコマース用会員制のプラグインは、 "ウコマース専用メンバーシップのプラグイン - WooCommerce Membership」を参照してみてください。

よく知られているプラ​​グインでMEMBERSHIP 2 PROがあり、このプラグインを使用するには、毎月の費用がかかりますので、コスト負担が大きい方です。 昔は 「Download(ダウンロード)」をクリックすると、毎月20ドル決済このように出てきた今、コストは直接明示せずに14日間無料体験できるようにしています。 そして "毎月49ドルを決済すると、サイトに制限なく使用することができます(Join 389,434 happy members today with no lock in and 100%GPL、cancel any time and use forever on unlimited sites for only $ 49 a month)」一度決済して、いつでも購読をキャンセルすることができますが、その場合は、サポートとアップデートを受信できなくなります。

ワードプレスのメンバーシップのプラグインUltimate Membership Pro

また、他のプラグインで 究極のプロメンバーシップがあります。

究極のプロメンバーシップ WordPress Pluginワードプレスメンバーシップのプラグイン

Ultimate Membership Proは、2015年7月に発売され、現在Codecanyonサイトにベストセラーのプラグインとして名を連ねている人気のプラグインです。 このプラグインは、簡単な無料のパッケージまたは有料パッケージに応じて、ユーザーに対してマルチレベルのアクセスを制限することができます。

このプラグインで、サイトの全部または一部のコンテンツを保護することができます。 ページ、商品(製品)、カテゴリ、URL、コンテンツのセクション、画像、メニューをはじめとするすべてのものを保護することができ、リダイレクトまたはReplace Content(コンテンツの代替)ルールを設定することができます。

主な機能として...

  • マルチレベル
  • 無制限の有料/無料会員レベル
  • Content Lockers保護
  • 決済ゲートウェイ:ペイパル(PayPal)、Authorize.net、Stripe、2CheckOut、銀行振込
  • Trial Free / Paid(無料体験/有料)期間
  • Drip Content保護(Drip Contentの定義は、 プラグインのページに詳細に説明されています)
  • ページまたは任意のURL制限
  • サブスクリプションの計画(Subscriptions Plan)
  • マルチ決済オプション
  • ログイン事前定義テンプレート
  • 会員登録の事前定義テンプレート
  • メニュー保護
  • 9のEメールマーケティングプラットフォームの統合
  • ビジュアルコンポーザー(Visual Composer)との統合
  • キーワードで制限
  • ソーシャルログイン(7のSNS:Facebook、Twitter、Google、LinkedIn、Instagram、VKontakte、Tumblr)
  • 5の事前定義されたソーシャルボタンのレイアウト
  • 二重Eメール認証
  • ダッシュボードの状態
  • 無制限制限/プロフィールフィールド
  • レベルに応じたフィールドの制限
  • リダイレクトまたはコンテンツの代替ページ
  • ワードプレスユーザーの同期
  • メンバーリストショーケース
  • ユーザー定義の通貨
  • 割引クーポンコード
  • バルククーポンビルダー
  • カスタマイズ可能な電子メール通知テンプレート
  • ユーザー定義Inside Content Locker
  • 特殊なユーザー定義のフィールド:プロフィール画像、ファイルのアップロード、複数選択
  • 条件ロジック登録フォーム
  • 認証コード/質問フィールド
  • 専門的なアカウントのページ - カスタムコンテンツ、サブスクリプションの関連機能(更新、キャンセル、削除)
  • ユーザー定義のリダイレクトリンク
  • 複数の事前定義されたショートコード
  • ユーザー定義のダッシュボードへのアクセス

会員制の運営に必要なさまざまな機能を提供することです。 詳細については、 Ultimate Membership Proプラグインのページを参考にしてみてください。

参考までに WooCommerceメンバーシップという場合コマース用のメンバーシップのプラグインもあります。 ウコマースと連動して使用すると、決済モジュールの部分は、右コマースで処理することができますので、より簡単に決済ゲートウェイを追加することができるようになります。 詳細については、 この記事を参照してみてください。

注:



14のコメント

コメント

  1. こんにちは。
    気になるものがありコメント残します。

    WordPressにultimate memberプラグインをインストールして、会員登録を受けようとする
    フォームにハングルで入力すると、登録されてい気にしなかっ...
    どうやら名前はハングルで入力する必要がありが、
    もし方法がないでしょう?
    ハングル入力がないというのも、あれこれ一日中ヘボダガ
    やっと知ってました。ㅠ
    もし知っていれば助けお願いします。 ㅠ
    ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは?

      もしかしたらUsernameがハングルで入力されていないウイミイですか?
      またはFirst Name、Last Nameがハングルで入力されないのですか?

      Usernameは無条件半角英数のみ可能なことです。 これ WordPressの基本的な機能と関連があるようですね。
      First Name、Last Nameこの場合、ハングルで入力されていない問題が出た場合、プラグイン開発者に問い合わせてみてよさそうです。

      応答
      • 回答ありがとうございます。

        username、first name、last name全部ハングルで入力すると、
        登録がないね。 ㅠ
        言われたとおり、プラグイン開発者に問い合わせをしなければならですね。
        ありがとうございます。

      • WordPressでUsernameに特殊文字を含めることができません。

        Per default WordPress does not allow to use special characters in usernames。 Non-latin characters are silently filtered out and your users can not create accounts containing cyrillic(russian)or arabic letter

        したがって、ハングルを入力したときに登録がないのは正常な現象です。

        usernameとして名前ではなく、IDで考えてください。 インターパークなどに加入するときに、IDにハングルを置くことができないのと同じだと考えてくださいと思われる。

        https://www.thewordcracker.com/wp-content/uploads/2017/02/Username-id2.png

        ハングルを許可したい場合は、次のコードを関数ファイルに入れてテストしてみてください。

        add_filter('sanitize_user', 'non_strict_login', 10, 3);

        function non_strict_login( $username, $raw_username, $strict ) {

        if( !$strict )
        return $username;

        return sanitize_user(stripslashes($raw_username), false);
        }

        上記のコードが正しく機能するかどうかをテストしないし、知ることができません。

      • と管理者様、すごい下さい。
        お知らせいただいたコードを関数ファイルに入れたがされます。 ㅠ
        登録が正常にされ、ページが移るのに感動でした。 ㅠ
        ありがとうございます。

        ところがひょっとして、
        お知らせいただいたコードのusernameをすべてfirst_nameに変えultimate member registerフォームにfirst_name fieldを加えることによって、ハングル入力してきたが、これは加入進行がないね。
        もしかしたら、後でusernameフィールドのほかfirst nameやlast nameなどハングル入力が必要なフォームを作ることと、応用して使用としたが、私も単純に思ったようですね。 ふ

        もう一度助けてくれ、心から感謝申し上げます。 ^^

      • 登録フォームにFirst nameとLast nameを入力するようにして、テストしてみた、First nameとLast nameは、基本的に非英語の場合、すなわち、ハングルの場合も、正常に登録が行われます。

        https://www.thewordcracker.com/wp-content/uploads/2017/02/First-name-and-Last-name.png

        Ultimate member registerフォームからfirst nameフィールドとlast nameフィールドにハングルが入る場合に登録が行わがない場合は、プラグインの開発者に連絡するのが最も簡単な方法です。

      • 回答ありがとうございます。
        直接複数の場合に、テストしてみると、1)usernameフィールドを除いてfirst nameのみフォームに入れてしてみると登録がないし、言われたように2)usernameとfirst nameフィールドをフォームに入れてfirst nameにハングルで入力したら登録この行われましたよ。
        私1)番の場合をしてみないと考えたが、2)番の場合に進行されるのを見ると、結論は加入進行のためにusernameフィールドを必須に配置する必要が加入進行が正常にされていると思います。
        現在、いくつかさっぱりします。 ふ
        管理者様にご協力いただきありがとうございます。

      • はい。 WordPressで会員登録すると、ユーザー名(Username)、電子メール(Email)、パスワード(Password)は必須項目です^^

  2. こんにちは
    Ultimate Membership Proで有料会員制サイト運営時韓国のpg社決済システムとも連動が可能なのでしょう?

    応答
    • こんにちは?

      プラグインの説明サイトでWooCommerceと互換性のあると表示されているかどうか確認してください。

      WooCommerceと互換性がない場合 WooCommerce用会員制のプラグインが安全と思われる。 次の記事を参考にしてください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/woocommerce-membership/

      応答