Studio Time Tracker - Trados プロジェクトの作業時間の追跡プラグイン

Last Updated:2017年04月12日| コメントを残す

SDLプロジェクトの作業時間を追跡するSDL Trados Studio用のプラグイン

翻訳をしてみると作業に実際に要した時間をチェックする必要があります。 たまに作業完了後に、実際にかかった時間を基準に料金を請求する場合もあります。

最近では、タイマーアプリがたくさん有効になっており、時間を追跡するためのプログラムを探してみるとが、スマートフォンが有効になる前にそのようなツールがあまりありませんでした。 長い時間前に時間を追跡するプログラムを購入して使用したことがあるが、韓国の開発者が開発したプログラムでした(今古くなって、プログラムの名前も覚えていないですね)。

Studio Time Trackerは、生産性の向上のためにSDLのプロジェクトに実際に使用された時間を追跡することができるSDL Trados Studio用のプラグインとね。

個人的にはTM(翻訳メモリ)ツールに内蔵され、このような機能をあまり好きではありません。 翻訳をしてみると、様々なCATツールを使用するようになり、そのうちの一ツールで翻訳や検収(Editing)作業時間を記録します。 オンラインベースのTMツールであるため、記録された時間をクライアントが見ることができます。

このように収集された情報は、いつの日か翻訳料や検査費用の削減に使用されていないか心配もあります。 実際に人が翻訳したときの翻訳スループットと、まず機械翻訳で翻訳した後、人が翻訳したときのスループットを比較して機械翻訳を利用したときに、より多くのドキュメントを翻訳することができるものと統計上で出てきたので、特定のクライアントにの翻訳料を下げてほしいという要請を受けたことがあります。

ただ、個人的に確認し、顧客と共有していなければ、このような時間の追跡機能を有効に活用することができるようになります。


コメントを残す

コメント