SDLのオンライン講義:SDL Trados Studio 2019基本的な教育

0

Trados 교육

Tradosは、技術翻訳で多く使用されて翻訳メモリツールです。 SDLで 11月21日(水)午後2時에 Trados 関連の教育をオンラインで行います。

今回の教育には、新しくなったSDL Trados Studio 2019コア機能を紹介する時間になると思われる。 デモとリアルタイムQ&Aも一緒に進行されるSDLのウェビナーでStudioの活用法を学ぶことができます。

  • 翻訳メモリとは? そして利点?
  • プロジェクトの作成方法
  • 翻訳進行方法
  • 翻訳ファイルの品質を検証する

Trados ツールは比較的高価であるが、私が最初に購入したときよりもコストが結構安くなりました。 私はTrados 5.0バージョンを最初に購入しましたが、当時はほとんど100万近くしました。 Tradosを注文しようDHLで Trados マニュアルが出荷されてきました。 通勤時間に熱心に読んだ記憶がね。

当時は有料で Trados 教育を提供する企業がありました。 Tradosを適切につけるには、製法の費用がしました。

今、無料でトレーニングまで提供してくれる時代がなりましたね。 Tradosと翻訳メモリ(Translation Memory)ツールに興味がある場合ウェビナーに登録して、教育を受けてみると、便利そうです。 参加登録は次のページで行うことができます。

  • https://www.sdltrados.com/kr/resources/events/experience-the-new-features-of-sdl-trados-studio-2019.html

(私は Tradosとは関連がなく、紹介のみ勧めします。)

翻訳メモリツール(あるいはCATツールとも呼ばれる)は、既存の翻訳を再利用(Reuse)することが重要です。 翻訳自体は、人間が実行するため、機械翻訳(Machine Translation)とは異なります。 似たようなコンテンツを翻訳する場合、CATツールを活用すれば、翻訳の効率性と一貫性を向上させることができます。

しかし、一方では、翻訳料を削減する手段としても使用されます。 例えば100%一致する文章や繰り返される文章に対して翻訳料を支給しない会社があります。

また、Googleの翻訳などの機械翻訳が発展するにつれて、機械翻訳した文書を検討する作業(Post-editingと呼ばれる)が少しずつ増えています。 まだ、Google翻訳の品質が期待に満たないが、時間が経つにつれ、翻訳品質がさらに向上たら、純粋な翻訳作業はますます減っているようだ。

メモ:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください