コンピュータ/ IT分野の翻訳の勉強のための本紹介

Last Updated:2015年04月05日| コメントを残す

翻訳をしたいのですが、どのように勉強するのか、学園に行かなければならないのか、資格を取るべきかなどを気になる方がいらっしゃるでしょう。 実は韓国では翻訳に対する認識がきちんとなっておらず、きちんとした学園もない実情です。 そして翻訳を志望する方も翻訳について正確に認識できず、漠然とした考えで学園に登録して中途にあきらめるようになり、後には翻訳学院で被害を受けたと訴える場合もあります。 もし翻訳をしたい場合は、まず十分な情報を収集し、本人に適性が合うか、そして本人の実力を客観的に評価して決定するのが良いようです。 情報を取得するためのルートのXNUMXつは、「Daum」で「翻訳」関連のカフェを検索して参加する方法です。

そして翻訳のための教育を受けるように、個人的には、 学園を利用するのも悪くはないようです。 しかし、我が国の人(あるいは世界のすべての人?)の特徴の一つは、途中で放棄する方が多いようです。 忍耐がなければ、実を収めることができないですね。 学院は、コスト的な面があるため、余裕がないあられる方は、 グループスタディを介して翻訳能力を磨くのも良い選択であることがあります。

この記事では、コンピュータ/ IT分野の翻訳を希望する方が勉強に使用すべき本かを紹介したいと思います。 もちろん、他の良い本も多く、私が紹介する本は、極めて個人的な意見に過ぎないという点を与えてください。 私がお勧めする本はRunning Linuxという本です。 この本は、いくつかの長い時間前に翻訳されて韓国に出版された。

私はこの本をお勧めする理由は、まず、コンピュータ関連書籍にもかかわらず個人的な考えでは、この本の翻訳がとてもよくなったからです。 そして、この本のソース(英語)をインターネットを介して容易に入手することができます(あるいは英語版も、インターネット書店を通じて注文が可能です)。 だけでなく、Linuxについても理解しながら、この分野の専門用語と技術的な側面も学ぶことができており、今後、この分野の翻訳に多くの助けになるでしょう。 (現在4版と5版出版されています。まず、英語版を入手して英語版に合ったバージョンを購入しても良さそうです。)

Running Linux

一定分量を決めて翻訳をした後、翻訳本と対照することで翻訳スキルを身につけ、英語に対する理解も高めることができると思います。 この「ランニングLinux」はずっと前に出てきたので、インターネット書店では入手できず、おそらくインターネット中古書店で購入することができるでしょう。

いくつかの本を選定してスタディをしても重要なのは忍耐であると思われる。 忍耐を持って着実に努力すればきっと所期の目的を達成することができると考えられます。


コメントを残す

コメント