将来の技術分野の翻訳の方向性...

Last Updated:2024年01月01日| , | 3のコメント

タイトルが途方もが、この記事では、今後、コンピュータ/ ITなどの技術分野の翻訳がどのような方向に進むかどうかの極めて個人的な考えを記述しようとします。 もちろん、この記事に同意される方もいらっしゃるでしょうが、そうでない方もおられるでしょう。 下の内容は、実際の直面している課題に関するものです。 これらの課題は、コンピュータ/ ITなどを中心とした技術分野に限ったように見えますが、次第に一部の分野(医学、法律、文学、マーケティング、芸術など)を除く全(全)の分野に拡散することが予想されます。

この記事は2015年3月に作成されました。

はじめ

10年前頃のようです。 当時、翻訳業界で製法名を飛ばした世界的なローカライゼーション企業がありました。 私もその会社に登録され、まともな関係をしばらく保ちました。 しかし、それもしばらく突然、この企業が他の企業に買収され、この会社との関係は完全に断絶されてしまいました(大きなローカライゼーション企業であっても、MS、Oracleなどの大企業のパートナーに選ばれなければ、他の企業に買収されるか、企業の影響力が減るのが多反対です)。 以来、ほぼ7~8年が過ぎて、同社から連絡が来ました。 おそらく翻訳者のプールが足りず、私にまで機会が来たのでしょう... 礼儀的な手続きですが、この会社からQuestionnaireフォームを送ってきたのですが、項目の一つが「機械翻訳された文書をレビュー」できるかどうかを尋ねることでした。 1~2年前も同様の要請を取引業者から受けたことがありましたが、その時は断固として「NO」と答えました。 しかし、今回は「品質が良ければ検討してみましょう」と回答しました。 おそらく今はやや留保的な立場ですが、数年後には「Of course」に答えが変わるかもしれません。 ハッパーニングで終わったらいいのに残念ながら、このような短い断面が今後技術翻訳分野が進む方向を暗示しているという不安な気がするのはなぜでしょうか?

人間の翻訳(Human Translation)vs機械翻訳(Machine Translation)

おそらくIMF前後と思われます。 当時多くの機械翻訳ツールが市場に出ました。 人々の期待も非常に高くね。 だから、多くの方が、機械翻訳ソフトウェアを購入したのです。 私もその中の一人でした。 期待を抱いて龍山電子商店街を訪れた記憶がね。 しかし、人々の期待は間違いなく崩壊した。 低品質のためでした。 従って多くの機械翻訳ソフトウェアが1〜2万ウォン台で販売されたことありました。

実際、翻訳業界ではこのような機械翻訳に着実に関心を持ち、その代案として「翻訳は人間がするが技術の力を借りる方向」に進んでいます。 それで、出てきた概念がまさにCAT(Computer Aided Translation)です。 当時、SDL、Tradosなどが代表的なCATツールであり、現在はSDLとTradosが合併して作られたSDL Tradosを上書きし、MemoQ、DejaVu、Acrossなど様々なCATツールが出ています。 CATツールの中核は翻訳の再利用です。 他にも、用語(Glossary)ともいろいろな機能を追加し、翻訳がより速く、一貫して進行するようにサポートします。 これらのシステムはかなり持続しており、現在も持続しています。

Which direction?

機械翻訳と人間翻訳の融合?

しかし、ここ数年前から、新しいタイプの翻訳依頼が少しずつ入ってきています。 すぐに機械が翻訳した文書を検討(検収)してほしいという要求です。 最初は台数深く考えずに拒絶したが、今、このような要求は、大きな翻訳エージェンシーを中心にたまに入ってきているのが実情です。

なぜこのような現象が発生するでしょうか?

第一の理由は、まさに、Googleの翻訳をはじめとする機械翻訳の発展を挙げることができるでしょう。 グーグル翻訳が現在まであまり満足のいく結果を出せないが、いくつかの技術分野では威力を発揮することができるようになります。 そして技術翻訳がさらに発展すれば波及効果はより大きくなることは明らかです。

二つ目は、コスト的な面である。 顧客と翻訳会社は着実にコスト削減のために努力しておりCATツールも、結局は、翻訳コストを削りのための一手段である側面もあります。

単にこのような側面だけだろうか考えてみます。 おそらく時代的な流れ、すなわち傾向はないかという気もします。 どの分野でも技術の進歩は、既存の枠組みを変える波及力を持つからです。 といっても、第2の文学という翻訳分野まで、このような影響を受けるのは苦いですね。 以前までは翻訳の主体は厳然人でした。 しかし、機械が翻訳した人が検討(検収)するシステムは、明らかに主客が転倒した感じです。

screaming_cr

どのように準備する必要があるか

このような危機意識は実際に20年前も、おそらくそれ以前にもありました。 ただ、そんな危機意識がますます現実化しているのかもしれません。 ずっと前に有能な翻訳者が言ったことが思い出されます。 私たちが生きている間は、機械が翻訳することはないでしょう...しかし、技術の発展は私たちが思うよりも早く進んでいるのかもしれません。 このような悩みを昨年かあるコミュニティに載せたことがありましたが、すでに私より先にこのような状況を直視しておられた方もいました。 それで、私はこれが単に傾くだけではないかもしれないという考えを持つようになりました。 (おそらく文学翻訳や特殊分野の翻訳をされる方は、このような影響は少なくなりますが、コンピュータ/IT分野をはじめとする技術分野はますます影響を受けると予想されます。)

では、この分野の技術翻訳者はどんなコントラストをすべきでしょうか。 私と同じ分野で翻訳される方は真剣に考えてみる問題のようです。 いくつかの選択肢があります。 「翻訳の実力をさらに研磨して最高の翻訳家になる。他の特殊な分野を開拓する。他の職業を準備する…あるいは単に機械翻訳された文書を検討することに満足する…。など」

多くの方々が、それなりの備えをしていると思いますが、これからのトレンドに備えていなければ、数年後には、他の仕事をしているか、誰が知っているでしょうか? Webデザインの分野でも多くのCMSツールの普及により、適応できず残し専門家がいるとしたら、他人の話は思えない。

もちろん、上記の内容に同意しない方もいらっしゃるでしょうが、コンピュータとIT分野でこれらのニーズが徐々に増えることは明らかです。そして冒頭で述べたように、この記事の内容は個人的な考えに過ぎません。ちょっと憂鬱な眺めですか?技術の発展が希望を抱かせてくれることもありますが、既存の秩序を再編する原動力としても作用することを実感するのが、愉快な経験だけではないようです。 

メモ:


3のコメント

コメント

  1. Googleがイ・セドルと競ったコンピュータ囲碁プログラム「アルファゴ」に使われた汎用人工知能(AI)アルゴリズムであるディープラーニングを活用して英語-中国語翻訳を始めたそうです。

    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/09/28/0200000000AKR20160928160100017.HTML?input=1195m

    もし、このような機能を商用化する場合、多くの雇用が消えるという懸念が現実になるようです。 シルク翻訳だけでなく、他の知的職業に影響を受けないだろうか心配になります。

    応答
  2. 過去の産業革命とは違って知的な領域の代替は、深刻な問題を引き起こすことがあるかも分からない。雇用も仕事だが、一段階さらに人類の生存権まで大きな脅威になることができると思います。私飛躍的に膨らませて考えることがあったらいいですねㅠ

    機械が人間のために自分を判断するとき、果たして科学小説で作られたロボットの3原則を守らなければならない理由があるのか​​疑問です。 地球の立場からの人々は、多くの動物を絶滅させ、地球の資源を燃やしてしまう寄生虫のような存在だからねㅠㅠ

    多くのことを考えるように作りますね。良い文ありがとうございます

    応答
    • おそらく徐々に機械が人間の仕事(知的領域を含む)を蚕食していくものと予想んですが、いくつかの分野では、少しずつ現実に近づいてくるのです。 今日の新聞見たら、スポーツの記事を作成するAIについて出てきた記事が出てきたことを見ました。 (このような記事は、昨年にも出てきた今日、また出ましたね。 https://www.thewordcracker.com/scribblings/article-by-a-robot/ このように、一部の分野では直接的な影響に置かれており、時間が経つにつれてその範囲はさらに拡大するのではないかと考えられています。 私たちの世代では、AIによって社会問題が発生しないことを願っています...次の世代は...?

      応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy