[翻訳] orphan comment(誤訳と人の翻訳との間の境界)

Last Updated:2016年07月28日| コメントを残す

翻訳をして "orphan comment」という新しい用語に会った。

この用語は、 WordPress 多言語プラグインに出てきますが、コンテンツに属するコメントの言語がコンテンツの言語と異なる場合は「orphan comment」と言います。 例えば、ハングルコンテンツに英語のコメントがある場合がここに該当しそうです。

反射的に「孤児コメント」と翻訳できるはずです。 ところで「孤児コメント」と言うので、語彙がおかしくて気に入らない。 「親のないコメント」というか悩んで「接続のないコメント」に決めました。

このように翻訳する過程でしばしば新しい用語を作り出しています。 翻訳者が最初に使用した用語は間違っていますが、広く使用されていることもあります。 代表的なケースが「Object」の翻訳になります。 Microsoft用語集では、現在「オブジェクト」と記載されていますが、まだこの単語は「オブジェクト」としてよく使用されています。 「オブジェクト指向言語」 - この用語をたくさん聞いたことでしょう。 でも、「オブジェクト中心言語」程度が無難そうです。 「オブジェクト指向言語」と言うから何かあるように見えますが、「オブジェクト」と「オブジェクト」は確かに意味が異なります(ここ を参照)。

企業資源計画

別の用語として、「全社的」という言葉があります。 Enterprise Resource Planning、よくERPというこの用語は、SAP Koreaという会社がドイツ本社からERP製品を国内に持ち込んでこうして翻訳したことがそのまま固まったという。 なぜあえて簡単な「企業」(Enterprise)という言葉を置き、「全社的」という不慣れな言葉を使ったのでしょうか。 そしてPlanningは「計画」という意味なのになぜ「管理」と勝手に変えたのでしょうか? 本当にERPが企業全体という意味で「企業全体」に適用されるシステムかどうかはわかりません。 (企業の一部に適用したら「戦士的」ではなく「反射的」と呼ぶべきでしょうか?)参照).

翻訳をしてみると、新しい用語を作成調査を開始する場合があります。 翻訳と最大限の意味が伝えながら良い表現を探す過程と思われます。 しかし、いくら良く見える表現も原語の意味を毀損する誤訳になるしかないでしょう。


コメントを残す

コメント