[翻訳] Nowhere - No where? Now here? (翻訳エラーについて)

Last Updated:2016年07月28日| コメントを残す

検討(検収)作業を務める場合があります。 検討作業は、翻訳の品質に応じて容易かもしれないが、場合によっては、翻訳作業よりも困難になる場合があります。 幸いなことに近年に引き受けた翻訳の品質はほとんど平均以上の品質であり、継続的に検討作業も担当しています。

しばらく前にレビューをして最初の文からエラーが見つかったことがあります。 この場合、翻訳品質に問題がある可能性が高くなります。 翻訳は全体的に問題がありますが、幸い懸念のレベルではありませんでした。 その最初の文がNowhere...で始まる文でした。 次のような構造を持つ文章です。

どこにも are people よりも重要 in organizations which rely on technology to accomplish their missions

上記の文章を見るととても平易です。 しかし、瞬間的に勘違いをしたのか、Nowhereを「Now here」と解釈しました。 実際に辞書を探すと、簡単に「Nowhere」が否定を意味するNot anywhereの意味であることがわかります。 そして文章構造もNowhere〜than〜なので、Nowhereは否定の意味を持たなければなりません。

英語文法の時間に学んだ「否定与え+比較級+than」は、「最上級」の意味を持つ文章構造をしています。

なぜこのような平凡なミスをしたのでしょうか? おそらく時間に追われて、瞬間的に勘違いしていただろうか推測されるが、場合によっては翻訳をする際に早合点をして翻訳する翻訳があります。 疑われる場合、事前に調べ、それでもだめなら、インターネットで検索をするべきなのに、面倒なので、あるいはこの程度だという思いでおよそ翻訳する方もいるようです。 そんな習慣がするようにすると、最終的に良い品質を期待することができないでしょう?

翻訳はキャリアが長いも疑われたり、よくわからない部分があれば、必ず事前に参照して、それでも疑問が解けなければ、インターネットなどを介して検索する必要がエラーを最小限に抑えることができる簡単ではない作業です。 韓国文も同じだろうが文章を書く人が文法に合わせて、あるいは意味に合わせて文章を作成することを保証することができません。 文法がめちゃくちゃであることができ、話されていない文章で文章を作成するネイティブスピーカーもあります。 その後、翻訳者は、そのような部分まで考慮して翻訳それ以上のことを処理する必要がする場合も発生します。 文法的なエラーや意味上のエラーを取得する私のために書かれたに集中しているが、集中力が一日中持続することはできません。 そのため、場合によっては簡単なことから、エラーが発生したりします。 これ最小限に抑えるため、常に努力することが翻訳の宿命です。

翻訳ミス

細かい部分への集中力も翻訳者に求められます。 ずっと前のことですが、ある方が製品名で「Puls」を「Plus」と間違って見てパンフレットを翻訳したのです。 翻訳者がミスをしたら、検討する段階でミスをとらなければなりませんが、まさか製品名でエラーが発生したのか考えているのか、ミスをつかみませんでした。 大きな欠陥がある翻訳になったのです。 パンフレット本文の内容がいくらよく翻訳されていても製品名に誤字があるからです。 翻訳された文書を依頼人に伝えましたが、依頼人も誤字を確認できずに印刷をしました。 その後、何が起こったのかはおそらく推測できます。 このような場合は非常にまれですが、マイナーな翻訳ミスによって顧客に金銭的な損失が生じることもあります。 しかし、このように簡単ではない翻訳作業をあまりにも簡単に考え、コストをどうしても下げようとする依頼人が韓国に多いです。 翻訳需要に比べて翻訳者が多いためか、韓国内での翻訳単価はとても薄い実情です。 (だから私は現在国内企業とは全く取引をしていません。)残念な現実です。 翻訳が企業の競争力の在庫に利益になるというマインドを企業人が持っているならどれだけ良いでしょうか?

 


コメントを残す

コメント