ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

関連分野の学位や資格を持ったレビューに翻訳検討を任せなければだろうか?

Last Updated:2018年1月23日| 9のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

関連分野の学位や資格を持ったレビューに翻訳検討を任せなければだろうか? 2

関連分野の学位を持って資格を持った人だけが、その分野の翻訳を検討しなければならないと主張する方がいて、ここに少し考えてみました。

事実プロの翻訳が翻訳をした後、該当分野の有資格の専門家が検討をすればなお良いでしょう。

しかし、現実的な問題が存在するしかありません。 コストと人材プールに制限されているという点を挙げることができます。

以前に翻訳会社で勤務すると、多くの法律事務所や医療機器メーカーでの翻訳を任せる場合がありました。

特にローファームのある弁護士の方は翻訳を任せながら「私が翻訳をすることができますが、私は時間当たり25万ウォンを受け取る」と言いましたね。です。

翻訳で検討を預ける場合時間20,000ウォンから35,000ウォン内外ではないかと思われます。 私は時間当たり25ドル〜35ドル程度を請求しています。

翻訳会社や一般企業で毎時25万ウォンを与える検討を任せることはほとんど不可能になります。

これにより、他の道具はないでしょうか? システムが揃っている場合は翻訳を開始する前に、翻訳者にコストを与え用語を整理するように要求することができます。 (この作業を無料でさせるメーカーもあります。もし作業規模が非常に大きい場合、無料とすることも大丈夫のようです。)

用語を整理して、顧客に送信したり、専門家に送り確認した後、承認された用語集を使用して翻訳する用語に起因する問題を軽減することができます。

そして確認が必要な事項は、まとめて、顧客や専門家に送ら確認することも重要です。 原文は完璧だと思ったら誤算です。 韓国人が記事を作成するときに、エラーがあるかのように外国人も同様です。 原文にエラーがあるようでしたらそんなのもまとめて確認することをお勧め。

しかし、このようなシステムが整っていても、初期にまとめた用語に問題がある場合は翻訳の専門に、その問題が存在することになります。 また、最近では、TM(翻訳メモリ)を多く活用するのに、既存のTMに誤った翻訳が含まれている場合継続に影響を及ぼします。 そのような場合をたくさんします。 専門家として、英語、日本語、中国語などの外国語に堪能なものではなく言語的な側面では足りない場合があります。

時折、翻訳慣習を超えて非合理的な修正要求をする顧客がいます。 遠い翻訳をもっと混乱させることもあります。 なんとなった顧客が王であり、顧客が要求するように従わなければ後でエステは出ません。 お客様が要求する事項が非合理的であれば、私は「そのように修正すれば問題になる」ことをしっかり指摘し、お客様が要求するようにしてくれます。 経験上、この方法が最善です。

顧客が満足している翻訳を提供するために、システムが正常に整った翻訳会社は、QAプロセスに基づいて翻訳を行います。 例えば、私が取引しているした企業は、用語集を基本的に提供しており、翻訳 - >校正(Editing) - >検収(Proofreading) - >顧客の内部レビューによる検討(オプション) - >エージェンシーQA担当者検収などの一連の過程を行っています。



9のコメント

コメント

  1. 翻訳の方も人脈などなど… たくさん汚れているようです。

    いや何この資格もされていない人がアベンジャーズような超大型ブロックバスター映画を翻訳か?

    http://www.nocutnews.co.kr/news/4961329

    「It's the end game now.」 YouTubeで見た、「まだ一発残った」 が最も適切で素敵な翻訳のようですが、このパク・ジフンという翻訳者はこれを「もう終わった」と翻訳しました。 まぁ…おおおおおおおお

    「エンドゲーム」のような日常的な表現も知らない人が翻訳者? どんな人脈のようなものがあるので、このようなレベル未達の翻訳者に一感が集まるのでしょうか?

    この人間一体何かが欲しい今探してみると、自分の口でも翻訳は実力より人脈が重要だと言いました。 ㅋㅋㅋㅋ

    https://namu.wiki/w/박지훈(번역가)

    応答
    • 私は映像翻訳は全くありませんが、時間が追わみると、エラーがあるのは仕方がないでしょう。 ただし、超大型ブロックバスター映画であれば、レビュー担当者を置くことによって2中、3中の検討を終え、エラーを最小限に抑える必要がありでしょう。

      翻訳関連のカフェでは、ここに無関心です。 どなたどのように翻訳したのか自分の目で確認してみるという文を残したことが唯一のですね。

      午後はオベンジョス:インフィニティ・ウォーを4Dで提供される予定です。

      一週間前に前売りをしておいたのに4月25日ゲボンナルからも

      桁が超過

      字幕翻訳が誤訳が出たと大騒ぎじゃないですね…。 。

      一度直接行って私の目に確認することなんですよ。

      これもしかしたらノイズマーケティングの一環なのかは分からないですね。(笑)

      実際、どんな翻訳でも細心の注意を払って探してみると、エラーがないことは一つもないでしょう。 かつてスティーブン・ジョブズ自叙伝を翻訳した方の翻訳を、専門翻訳家でもない人が文章一つ一つを対照しながら誤訳だと批判したことがあります。 しかし、有名な翻訳者たちの本を批判し、有名になったその方が「誤訳10個以下に挑む」という荒涼とした主張をしながら、心理学の本を翻訳したことがあります。 しかし、その翻訳を私が数ページだけ分析してみると、翻訳がレベル以下であり(まったく専門翻訳家の翻訳ではない)、各ページごとに誤訳がないページがありませんでした。

      応答
      • Dr. Strangeがどんなキャラクターなのか、ちょっとした事前知識しかあるとしても、it's the end game now と言ったセリフがどんな意味なのかを理解できたはずだ。です。

        だから、人々が憤慨するようです。 また、いずれかの部分をつまんで問題を視ではなく、映画全体の全体的な翻訳内容が大幅に良くなくて、英語を知らない人も、この映画の翻訳が非常に異常であることを容易に感じることができるレベルだとします。

        翻訳費用のため、「二重、三重で検討を終えてエラーを最小化」という方案は現実的ではないかもしれません。

      • バクジフン氏が有名そういえば有名なのかですね。 ユーモアサイトにこのようなことも走り回っね。

        http://cfile270.uf.daum.net/image/991F3C465AE4D1462F8547

      • この翻訳分、イギリスで有名になったね。 ふふふ

        「Even for ordinary people who do not speak English fluently、it's easily recognizable that this translator's English does not even reach a basic level、「according to the petition、the Korea JoongAng Daily reported。

        In one instance、the report stated、Nick Fury、played by Samuel L. Jackson、almost swore with the word」mother ... 「but the Korean subtitle used the literal translation for「mother」 In another scene、Doctor Strange said、「end game」but the Korean translation read」there's no hope」

        http://metro.co.uk/2018/04/28/korean-moviegoers-complain-of-mistranslation-of-avengers-dialogue-7504548/

  2. 原則としてTEPつまり、翻訳(Translation) - >校正(Editing) - >検収(Proofreading)プロセスに基づいて翻訳の品質を維持しているが、コスト的な問題のために翻訳(Translation) - >検収(Proofreading)または翻訳(Translation) - >校正(Editing)過程だけ経るメーカーがあります。 いくつかの(あるいは大半?)メーカーは、翻訳の翻訳を検討せずに、顧客に送ることもあります。

    応答
  3. WordPress 情報よく受け取っています。 ^^ 会社でソトウェアマニュアル翻訳もして、個人的には最近本翻訳中ですが… 翻訳料を時間当たり受ける場合、翻訳者の能力に、あるいは内容の難易度によって時間が千差万別なのに…どんな基準にするのか気になります。 前に本翻訳するとき、出版社はページごとにしましたね。

    応答
    • こんにちは?

      出版翻訳の場合、以前は原稿用紙基準にしたが、最近は正確に分かりません。

      最近の傾向は、単語ごとです。
      英日翻訳の場合、国内では、単語ごとに35ウォン〜50ウォンの間ではないかと思われます。

      出版翻訳の場合、他の基準が適用されることになります。 印税契約も有することができ、売切とすることもあって。

      合理的な判断に基づいて契約をハショトウリラ考えられるが出版翻訳の場合翻訳料を受ける時点でも明示する必要があります。 出版されると、与えるように契約すると、後で出版ならないとできない受けることになる可能性がありでしょう。

      応答