5月5日子供の日の作業日誌 - 翻訳で​​お金を儲けたいなら...

3

翻訳プロジェクト管理

久しぶりに翻訳作業日誌を上げてみます。

約1週間ほど休みもなく作業して一昨日水曜日の夜に納品しました。 数日は早朝から起きて夜遅くまで強行軍をするために容易ではない一週間を過ごしました。 そして昨日は小さな作業一つ終え、他の押されたことを処理しました。

今、一日分の仕事だけ手元に残りました。 この作業は、月曜日まで仕上げとなって久しぶりに暇になりました。 他の追加の少量の作業3件を要請受けただけで無視しています。 小さな作業の件は力は力通りながらコストはされていなくて、なるべく大きな作業を中心に、最近受けようと努力しています。

昨年は困難な作業が多く大変だったが、今年に入ってからトザブ(?)をしていて、多少余裕ができました。 以前は、オフシーズンに備えて、仕事が多いとき、可能な限り多く受けていました。 だからストレスもたくさん受けて多少不慣れな分野のプロジェクトにも無理務める場合が多かった。 事実そのような過程で翻訳実力が成長することが確かだが今の年齢が(あまり多くはないが、)少し持ってたら、新しい分野を開拓することが負担に近づいてきますね。

今日は子供の日、すべて休みの日だが、我が家に子供がいない関係で、月曜日配信件を少し処理し、仕事のために持ち越さおいた(業務とは無関係な)雑多な仕事を見ようかと考えています。

5月は休みの日が多く、会社員や学生には良いが、私のようなフリーランスにはあまり良くありません。 仕事をしていなければ、それだけ利益が幹からです。 それでも、ここ数年の間は、着実に仕事が入ってきてやっと生活はしているがAI(人工知能)の翻訳の発達により、翻訳をいつまでできるか分かりません。 今は別の影響はありませんが、相当量の翻訳を機械翻訳が人間翻訳を交換する時代が間もなく到来すると予想されます。 その後、実際に実力のある少数の翻訳だけ生き残り、ほとんどの翻訳者は、機械が翻訳した文書を確認したり、他のことをするようになりそうです。

翻訳に金儲け

事実翻訳自体はたくさんのお金を稼ぐことができません。 翻訳で収益を上げるにはエージェンシーのようクライアントから仕事を受注して信頼できる翻訳者に任せるようにしてください。 経験豊富な翻訳者は、このようなことを知ってだろうがそうせずにのです。 いやできないという言葉が合いそうです。

過去エージェンシーで働くとき、必ず一回翻訳者が潜伏していることが発生しね。 それではどのようにしても仕事を終えなければするためPMの立場では、すばらしいストレスを受けます。 そんなことを見てきたので、お金をいくらたくさん受けてもそんなことはできないという気がします。

個人的には、マーケティング能力さえあれば韓国語での特別な言語(例えば、インドネシア語、ベトナム語、スリランカ語、アラビア語、クロアチア語、スウェーデン語、デンマーク語等)に翻訳することを受注して、次の記事で紹介している ICANLOCALIZE サービスを利用して、その言語の現地フリーランスに仕事を任せればお金を稼ぐことができないかと考えています。

まともな多言語翻訳サービスをお勧め

特殊言語の場合、単価が高価になるしかありません。 翻訳量が少なく翻訳フルも制限します。 そして、国内では、いくら韓国人が翻訳をうまくやっても地元のように翻訳をよくすることはできず、また、翻訳の品質も知ることができません。 信頼できる現地の専門翻訳者を確保した、このようなICANLOCALIZEのようなサービスを利用すれば、ハングルを英語に翻訳した後、地元の人に任せれば、高品質を維持することができます。 高度なサービス戦略に出て行けば十分勝算があろうかとします。 (翻訳でお金をもうけたいと思う方は、一度挑戦してみてもいいようです。笑)

しかし、仕事を受注することができるマーケティング能力があれば、あえてこのように翻訳をしていないでしょう。 私の立場では、単にいくつかの顧客をつかんで一定に仕事を受けていることがぴったりのようです。 良く言えば「テーマ把握」をしているとすることができますが、実際には覇気と挑戦精神が欠けているとすることができますね。

追加: 下のコメントにも述べていましたが、生きて学んだ一つの場合、ほぼすべての分野でお金を儲けたいなら、プロジェクト(日)を受注して下請けを与える仲介手数料が必要ということです。

以前にエージェンシーで働くとき、国内の有名なSI(システムインテグレーション)企業が国内で大規模なプロジェクトを受注して低コストの海外メーカーに任せるのを見た。 プロジェクトを受注すると適切なメーカーにこのようなことがありますので、入札提案書(Proposal)を送ってもらうし、海外メーカーからの提案を受けます。 その後、(時間がなければ入札提案書を翻訳会社に任せて翻訳させたり、独自のスタッフにお任せ翻訳させて)提案書を検討し、適切な業者を選定するシステムで運営ますね。 翻訳もそうですし、ウェブサイトの制作もそう...実際、ほとんどの分野が似てないかと考えます。

メモ:

3のコメント

  1. 参考までに生きながら学んだ一つの場合、ほとんどの分野でお金を儲けたいなら、プロジェクト(日)を受注して下請けを与える仲介手数料が必要ということです。

    以前にエージェンシーであることと、国内の有名なSI(システムインテグレーション)企業が国内で大規模なプロジェクトを受注して、安価な海外メーカーに任せるのを見た。 海外メーカーが入札提案書を送ってきたら(時間がなければ入札提案書を翻訳会社に任せて翻訳させたり、独自のスタッフにお任せ翻訳する)SIベンダーで検討し、適切な業者を選定するシステムで運営ますね。 翻訳もそうですし、ウェブサイトの制作もそう...ほぼすべての分野が似ているようです。

    • 翻訳でありながら WordPress 関連情報を共有するブロガー程度とすることができますね(ところでブロガーという職業もあるのか分からないですね)。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください