プロジェクトマネージャとの別れ

Last Updated:2017年03月07日| 2のコメント

別れ

翻訳の仕事をしていると、お客様のPM(プロジェクトマネージャー)が会社を去る場合があります。 たとえ顔も知らない無味乾燥なビジネス関係を維持してきたとしても、長い間に働いていたPMが企業を離れる寂し感情は仕方のないことです。

私は現在、それほど多くの業者と取引していません。 その中で最大の取引先が輸入のほぼ半分を占める情報で比重が大きく、多くの人のPMが連絡を取ってきます。

ところで、この企業が昨年、他のメーカーに合併されてメーカーの名前が変わりました。 幸いなことに買収された会社のすべての従業員を維持することにしたそうですね。 通常、このような場合、取引切れる可能性が高い、おそらく翻訳事業部として運営するための引数をした模様です。

そうするうちに、突然、今日二人が会社を去るは、電子メールを送信しました。 一人A​​ccounting Manager職の方でもう一人は、PM兼PCチーム長の役職を持っている人です。 数年の間に働いて顔も知らないのが少しそのようで、インターネットを検索してみると FacebookこのPMの写真がワイプの写真と一緒に出てくるね。 (妻がイプネヨ。笑)

思い出に残るPMでイギリス企業で働いていた方がいます。 彼は直接連絡を取り、私たちの国の人であり、特に記憶に残ります。 その会社とは今でも取引していますが、そのPM分はずっと前に会社を辞めたのか連絡がありません。 (普通会社を離れると会社を離れるとベンダーにメールを送るのに…その方から別れメールを受け取ったのか覚えていませんね。)

午後に入って雨が降っていますね。 おそらく春を促す雨ではないかと思います。 幼い頃に春になると床にかけて座って一日中降る春雨を見学したりしましたが… 今はそんな余裕さえなく前だけ見て走っていく私自身を発見するようになります。

参照

もしかしたら珍しい言語に翻訳が必要な場合 WordPress 多言語プラグインで有名な WPMLを作ったメーカーが運営する IcanLocalizeサービスを利用すれば、直接フリーランスと取引することができます。 私はたまに北欧語や希少言語に翻訳しなければなら時があります。 そのような場合に有効に利用しています。 翻訳を私が直接、英語にした後に、目的の言語のフリーランスの評判を見て選択して仕事を任せる方法です。 最近では、スペイン語に翻訳する際に、このサービスを利用しています。


2のコメント

コメント

  1. オ...ワード様はプルジェクマネージャーして間がいいショトナですね。

    私は契約に働いていたときにプルジェクマネージャーであれば、これをスクラバーひいたのに。 ふふふ

    ただじっといるのが助けてくれるのに、ウェブ開発の概念が正しく取れていない人が

    (ウェブ開発の方は、通常、古く現業に働いていた人々が促進してプルジェクマネージャーがされているのに、近年で10年ほど何開発もかがめていないて概念自体が10年前にとどまっているのです)

    ナンセンス計画を組んで、とんでもない音やしてこれを行う風に私はこれらの人々のために完全に与えることを知っていました。

    back-endなけれ大きな関係がありませんが、front-end側は信じられないほど変わったの多いが、昔風にサイトのデザインをPSDファイルsliceに提出する過程をプルジェクスケジュールに組み込ん入れたりして。OTL

    だから最近は画像をダクジドジ塗ってサイトを作るのではなくcssでレイアウトをつかむのでPSDファイルsliceでレイアウトをキャッチしないと言ってくれれば、(別名テーブルコーディング)それを頷くと本当にいいのに、それからcssでレイアウトをとった後それをまたPSDに提出するように言うことはありません...

    代わりに mockup を提出するんだと言えば、そうするようにしておいては mockup 受けてみてあまりにも複雑なのでこれが何かわからないと言い換えて、PSDファイルを提出するように言って無駄なことを二度も重複してさせてしまう。

    今寝てむっくりむっくり起きるほどひどく迷惑な経験でした。 よwww

    応答
    • 翻訳の場合、PMの役割は、文書の内容を確認した後分野に合った翻訳者に翻訳を与え、スケジュールを適切に管理し、フィードバックがある場合受け取り対応してくれるほど確実翻訳との摩擦を引き起こすことはないようです。

      特に私は海外メーカーとだけ仕事をするために電話をすることもなくメールのみやりとりからPMによるストレスは感じたことはほとんどありません。

      複数の言語で作業が行われる場合、プロジェクトマネージャーは、よりストレスを受けることになります。 外国の翻訳者はどうか分からないが、韓国の翻訳者、仕事してみると(特に初めて働いた場合でも、でも、時々、長い間働いて翻訳も)翻訳途中進歩が出ないでも問題が発生した場合の電話を取り出してしまって潜水に乗る場合は、多くの場合に発生になります。 だから大きな作業の場合PMが複数のBatchに分けて納品するように調整することもあります。

      応答