Trados 翻訳料金

Last Updated:2017年05月09日| | コメントを残す

翻訳料金

Trados 翻訳料金

Trados(Trados)、Wordfast、MemoQなどの翻訳メモリ(Translation Memory)ツールは、既存の翻訳を再利用して翻訳の生産性を向上させ、一貫性のある翻訳を可能にする便利なツールです。

しかし、これらの翻訳メモリツール(CATツールとも呼ばれる)は、一方では、翻訳料を削る用途にも使用されます。

例えば、ドキュメントを分析して、既存の翻訳と完全に一致する場合(100%Matchesと呼ばれる)、既存の翻訳と、いくつかの一致する場合(Fuzzy Matches)、現在のドキュメント内で重複している部分(Repetitions)に基づいて翻訳料金を差別化することです。

Tradosで文書を分析して、一致の程度に応じて決まる料率(Trados breakdown rates)は、次のように指定すると無難でしょう。

  • 0-74% 一致...................Full price
  • 75-99% マッチ.................2/3 of full price
  • 100% マッチ + 繰り返し.........1/3 of full price

参考までに、これは一つの例示にすぎません。 自分だけの基準を定めてメーカーに要求してもされます。 (多くの場合はメーカーからの独自の基準に基づいて料金を適用します。)

メーカーで最初に Trados 翻訳料金を教えてもらうと、私は上記のように送信します。 ところが少し面白いのは、TM(翻訳メモリ)を使用する場合、単価を教えてもらうこと、肝心送信する場合、自分たちの基準を送ってくれる場合がまれですがあります。 では、なぜ翻訳/フリーランスに料率を提示するよう要求するのか? おそらく自分たちの基準よりも低く単価を提示することを期待してそうではないかと思いもあります。

上記のように決めることができれば、まともな条件のようです。 場合によっては、100% matches や Repetitions に対して費用を支払わない企業もあります。 そのような場合は、実際にはあまり働きたくありませんが、一致情報を見て仕事を受ける方です。 (食べて生きなければなりませんから…)

参考までに Tradosで翻訳するとき、100%MatchesやPerfect Matchesを事前にロック設定(固定)させることも一つの方法です。 これにより、ロック設定したセグメントはグレーで表示され、翻訳時にスキップすることができます。 この方法は、特にEditing仕事を取るときに便利に使えて基準文書と多く重なる部分が多いときにも便利です。 セグメントをロックするには、 Ctrlキー + L ショートカットキーを使用します。

また、いくつかのベンダーは、Repetitionsにのみ費用を払っていない場合もあります。 メーカーごとに少しずつ異なる方、私取引した中国企業は非常に詳細に料率を適用しています。 50%-74%は、通常、コストを全額(Full price)を支払うが翻訳料を削る場合もあって。

経験上、上記のレベルよりも低いか、不当な場合を除き、メーカーが提示するよう沿っはずの仕事を得ることができます。 だからといって低すぎる料率で仕事をしてはならないでしょう。

メモ:


コメントを残す

コメント