ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

外国語をよくする翻訳をよくするか?

Last Updated:2017年6月9日| 4のコメント

かつては中学校に入っ英語学んだが、最近は、学校に入る前に、英語に接する世界がしました。 そうしたら、英語をよくする人が以前より多くなったものと思われます。

次に、英語がうまくならないとして翻訳をよくしたいですか?

事実この質問を少し変えて「韓国語をよくする韓国語で文をよくしますか?」と似たような文脈で理解することができます。 韓国人が作成した文章を、英語や他の外国語に翻訳する翻訳が異口同音に言う言葉が原文が台無し文が多いということです。

書き込み...本当に難しいです。 韓国人が韓国語で話をしても誰もが言葉を上手ではありません。 同様に、韓国人が韓国語で文を書くことによってみんなが文をよく書くことがありません。 むしろ言うより文章を書くことがより困難に感じられることができます。

英語力がいくら優れているといっても韓国語作文の実力が台無し場合、良い品質の翻訳を期待することは難しいでしょう。 英語力だけでなく、韓国語で表現する能力が求められます。

以前に翻訳会社で働くとき、たまに大企業の従業員が翻訳を依頼していました。 また、慈悲をかけた。 ほとんどストーリーが似ています。 新入社員として入社すると、上司が英語の文書を投げるとはコレいつまで翻訳するように任せれば英語力がそれなりに優れている確信している社員は、それくらいはすると思うで文書を受け取って翻訳を開始します。 しかし、思うように翻訳が容易ではなく、数日間夜を新しいも進展がなくなります。 その後、仕方なく翻訳業者に翻訳を任せるされる過程を踏むことでした。

今Googleの翻訳機能が大幅に向上していGoogleの翻訳で翻訳した後にざっと言葉ように変更すると、あえて翻訳会社にまで任せてもなりそうです。 しかし、下手に翻訳された文書を修正する作業が再翻訳するよりも困難です。 例をあげ事例では、翻訳品質がそれほど重要でないので適当に話されるようにのみ作成されますが、お金を集めている翻訳なら、Google翻訳を回して翻訳した後に修正することは時間がかかることがあります。

翻訳がいかに難しい作業であることは、実際にやって見た方はある程度理解しています。 ぜひ経験したことない人が甘く考えをします。 翻訳を任せたまに「私にできることが、時間がなくて」任せるという方いました。 もちろん、これは正しいマインドです。 うまくいかもない翻訳をする時に、他の生産的な仕事に時間を投資することがはるかに利点になります。

翻訳関連のカフェに関連する質問が上がってきて私の考えを簡単に書いてみました。

翻訳

翻訳業界はすでに飽和状態なのであまり見通しが良くない方です。 最近AI翻訳の発展のためにますます見通しが暗くなりました。 明らかにレッドオーシャンです。 英語が上手な人が増えてきたせいもあるが、主な理由は、技術の進歩により、人間の翻訳を機械翻訳が代替する傾向にあります。

英語がうまくすれば翻訳しようとしないで、他の生産的な仕事を探してみた方が望ましいです。 これは、実際に自分自身にも適用される言葉です。 長くは10年ほど見ているようだ。 以降は翻訳は機械が、人間はレビューを見る方向に進むことが期待されます。

メモ:


4のコメント

コメント

  1. 翻訳をよくするには、英語力よりも韓国語の実力が、より重要なことです。
    長年映像翻訳をしてみて感じた点は、ハングルを場合翻訳が都合がなくなるんですよ
    文章の意味をそのまま翻訳するのがなくニュアンスを最大限に生かすことが映像翻訳のポイントだ見ると、これよりひどかったようです。

    応答
    • 映像翻訳の場合、字幕に表示することができる文字の数が制限されており、一般的な翻訳よりも難しく、瞬発力(感覚)が重要と思われる。

      映画翻訳ではイミドという方有名なんです、そんな感覚が非常に優れた分です。

      しかし、時には奇妙な翻訳もあります(誤訳か、あるいは意図的に破格的に翻訳したり、どちらかでしょう...)。 翻訳は、すぐに誤訳の歴史とするほど誤訳は避けられない宿命のように感じられますね。 時折、英語の台本と比較して誤った部分を指摘する方もいらっしゃいますね。 英語がうまくすれば、ハングル字幕を見ずに原語を直接聞きながら映画を見るのが良くなる考えます。

      応答
      • 映画は、その文化の性格やcommonly understoodされる部分のために面白いユーモアとか多いです。

        そのような部分を韓国語でも笑わせることができるよう翻訳するのが上手な翻訳で(原義と全く関係ないとも)それと知識に直訳しているのが上手な翻訳とは思わない。

        だから、最終的に英語力ではなく、韓国語の実力が良くなければ良い翻訳が可能である。 と割り切ってます? (笑)

      • 外国語の実力とハングル表現力の両方を備えなければならないかと考えます。

        文書翻訳、出版翻訳、映像翻訳などの分野に応じて、翻訳がどの程度裁量権を持つことができる行くケースごとに差がありますが、基本的に原文の正しい理解が土台にならなければ、適切な翻訳が可能になります。(笑)

        映画翻訳はユーモアとかしゃれのようなものが多いので、このようなことを巧みに処理することができる能力も重要と思われる。