なぜ仕事駆ら来るのだろうか?

Last Updated:2017年02月23日| 5のコメント

どの分野や同様の翻訳も起伏のある方です。 安定した顧客を確保していない場合が多いが、図1週間以上仕事がない時もあります。

翻訳の仕事をすることが、初期には特にひどかったようです。 私は幸いなことに、ここ数年の間に、比較的安定的に仕事量を受けてきました。 しかし、過去XNUMXヶ月間は、普段よりも仕事がたくさん減って少し心配したが、今週初めに製法大きな作業(実際には大きいとすることができませんが、普段受ける作業の割には大きなピョンイム)を受けることになりました。 ところが、数日の間に仕事が駆られてきています。 まず、受信したプロジェクトを処理することが優先であるため、他の仕事は(非常に少量ではない場合)は、ほぼすべてお断りしています。

過去1月初めに十日のスケジュールの作業があるとの連絡が来たが、進行していないが、今日、突然作業が着手されたと連絡がきました。 仕方なく、このことも拒絶しなければならない状況がなりましたね。

ここ数日の間に、ほぼ過去1ヶ月の間に来る作業が駆らきたようです。 しかし、翻訳というのが期限(Deadline)が設定されており、一日に処理することができる作業量が決まったため残念ながら処理することができない依頼はお断りしております。

たまに翻訳中が集まって来たときに、無理をしてでも仕事を受けている方もいらっしゃいます。 仕事がないときに備えて、仕事があるとき受けているのは理解できるが、今の年齢のため徹夜作業は無理なので、私は決して無理に作業を受けません。 むしろ負荷を調整し、処理していないことを拒絶することが長くこの仕事をすることができる方法です。

国内企業との取引するときは、数回拒絶すると、その後によく連絡がないします。 しかし、海外メーカーとの取引を行う場合、拒絶しても忙しくて仕事を処理することができないと、ほとんど理解をする方です。 取引の初期の仕事を拒否せずに、数回の操作を実行して、良い印象を植え付けてまともな関係を構築しておけば、このような状況のため、取引途切れることは珍しいです。

比較的大きな作業を楽々スケジュールを受けて進行しながら割り込む小さなタスクを処理することがまともなシナリオです。 しかし、そのような場合は、珍しくエージェンシーは、ほとんど一定のタイトに設定しようとします。 また、理解がされていることが、私は以前にエージェンシーに勤務したときに大きな仕事をゆったりスケジュールをつかんでくれれば後で必ず問題が発生しね。 楽々日程を受け、仕事をすると余裕をブリーダーが終盤に駆ら期限を守れない方がたまにありました。

だから、いくつかの代理店は、ゆったりとスケジュールを与えるより合理的なスケジュールを提示しながら、複数回に渡って配信をするように要求します。 翻訳の立場から見れば、あまり気分が良くないが、エージェンシーの立場ではどうしようもない選択であることもあるでしょう。

私と取引する企業の中にも、たまに大きな作業について順次配達を要求する企業もあります。 しかし、ほとんどは、納期をほとんど甘やかすことがないので、それだけで信じて任せる方です。 (一度製法量がある作業を進めている途中、家の中の仕事ができて進行中の作業を返却しなければと要請したことありました。おそらく、ほとんど唯一の納期を守れなかった時ではないかと思われます。当時依頼先から納期を延長してくれことを無事に終えるすることができました。)

私は仕事を受ける日に処理する量を定めてスケジュール通りに進めています。 ほとんど本来予定よりも早く終わるようにスケジュールを組む方で、タイトな場合は、仕事を受ける前に納期の延長を要求して仕事を楽々キャッチするために努力します。 エージェンシーの立場から、私は頑固なフリーランスのこともあるようです。


5のコメント

コメント

  1. 「なぜ仕事は集まってくるのか?」 - When it rains, it pours だから。 笑

    どの分野の仕事やそうです。 第姉はスタンフォード大学で働いてRNだが、(それも緊急の患者だけのICUで仕事します。)ICU患者がいつ息がノムゴ行く知らない人でしょう。 それでも患者が順次命にかかわる状態がなるのではなく、一人の患者に緊急事態が発生すれば、他の患者にもドンダルアソよう命にかかわるれるとします。 ふふふ

    世界のすべてのことがそうです。 いくつかの問題が生じても一つずつじわじわ生じるのではなくいくつかの問題が生じる場合は、突然しっかりしていた他の日までの同時多発的に問題が発生する。

    そして、問題が生じてもいいたい時は、絶対に問題がない変位。 ふふふ

    マーフィーの法則、これがどんな根拠があるのか​​もしれません。

    応答
    • 「When it rains, it pours.」は悪い状況でよく使われますか?
      (このような表現を本のみ俳優みる実際どのような状況で使用されるか感がよく来ない場合があります。)

      ずっと前に「マーフィーの法則」という言葉が流行したことがありました。 関連書籍も出てきたけど…久しぶりに聞いてみたら嬉しいですㅎㅎ

      応答
      • Murphy's Lawはエンジニア、エンジニア、プログラマーに最も親しみやすいです。 特にプログラミングで見事にできるのは常に最悪の時期に熱くなる(anything that can go wrong、can go wrong、あるいはwill go wrong at the worst possible time)というように言います。

        実際グロニカヨ。 ㅠㅠㅠㅠ

        When it rains、it poursは良い場合も、悪い場合にも使用します。

        仕事が急にバー抜け膜つぶやきあれば、第事業パートナーが主に使う言葉。 ここで必ず一言ちなみに塩を上げね。

        Hey, it's a good problem to have. (いい問題なんです。仕事が多くて忙しいのですが、それだけお金が入ってくるということですから。逆に仕事がなくてのんびりするともっと大きな問題なんですよ。)

      • 「良い問題」(a good problem)…良い表現ですね。

        似たようなことが同時に起こるのが、一種の「空調現象」(harmonization)と似ていないか、私の思い通りに考えてみます。 (笑いは伝染するように悪いことも伝染するように見える時があります。)

        「When it rains, it pours」の場合、ハングルに翻訳されたものを見ると、「悪いことは一気に押し寄せる」あるいは「雪の仮想」(ぼやけて覆われた格)のように否定的な表現に翻訳されたものがほとんどなので、悪い状況に主に使われる表現であると考えていました。

      • 否定的に使われる場合が多いが、中立的な状況でも、あるいは肯定的な意味でも使われます。 ここで否定的というのが、「アップなのに暑い親格」くらい? レベルまでではありません。

        「アップなのに暑い親格」は、ある人が職場で組んだのが分かると、自分のワイプが自分を組んだ職場上司と不倫関係。 こんなにアップしたのに暑い親格じゃないですか? >.< 非常に否定的に使われる?