【新刊紹介】私たちは、すべての著者がなければならない

Last Updated:2017年05月07日| | 2のコメント

新刊私達はすべて著者がなければならない

私たちはみんな著者でなければなりません - 初心者の作者と執筆法に関する本

ライティングのための興味深い本が出版されて紹介します。

木材は 「私たちはみんな著者になるべきです」であり、サブタイトルは 「私が出会った初心者の著者と書く秘訣」です。 著者は、韓国出版マーケティング研究所所長を務めているハンギホさんでこの本を介して様々な初心者の著者のうち印象深かった20人の話をしています。

以下は、出版社書評です。

出版評論家ハンギホは20年近くの雑誌や本を出版して、様々な筆者たちに会って文を書くし、また彼らの文章をまとめて本に出版してきた。 この本は、彼が出会った様々な初心者の著者のうち印象深かった20人の話だ。 出版社がどのような視線で筆者を見つけるか、そして本を出版した著者らの人生どのように変わったかを垣間見ることができる。 また、良い本を書くための7つの方法を込めて、独自のコンテンツを本にまとめ出したい人に役立つだろう。

目次を見ると、1章から3章ではさまざまな目的で作成された初心者の著者の文章を紹介し、4章では「良い本を書く7つの方法」というタイトルで書く方法を見ることができる。

  • 目次:
  • はじめに - なぜ私たちは皆著者になるべきですか?
  • 1枚の仕事を探した場合、本を書きなさい!
    イ・ウォンソク
    イ・スヨン - ブログマーケティングのための一文
    キム・リュミ - 書くことで出版の夢を叶える
    イ・ヨンスク - 歴史に陥った著者
    キム・ミンソプ - 時間講師で代理運転記事になった著者
  • 2枚のブランド価値を大きくしようとすれば、本を書きなさい!
    この紅 - 執筆編集者の誕生
    クォン・オクギョン、イ・グヨン
    韓米化 - 書く業務が一生職場になる
    キム・ミンヨン - 大企業を殴り、書くことで再び生きる
    チャン・ウンス - 名編集者から出版の専門家へ
  • 第3章生き残り勝ち抜い立ち上がりに、本を書きなさい!
    イ・ヘファ - 引退後を輝かせる文章
    ユン・ソクユン、チェ・ビョンイル、ユン・ヨンソン - 引退後に幸せになった男
    シン・スンオク - 評論家の妻から作家へ
    ジェガル・インチョル
    ロードスクーラー - 道で学んだことを忘れない
  • 第4章良い本を書く7つの方法
    人生をトリミングしてください
    言葉を上手能力が重要である
    具体的なファクトに読者を説得しなければならない
    インパクトのある短い文が浮かぶ
    自分だけの目線で世界を編集してください
    文は、いつも進化しなければならない
    書評を書くに始めなさい

私たちは、行き当たりばったりどのような目的のために文章を書かなければならいます。 このような本で提示する方法を自分のもの体得する書き込みに多くの助けになるようです。

私は韓国語から英語への翻訳をしていませんが、日英翻訳者は奇妙な、ハングル原文が多い訴える場合があります。

そして、英語の文書もすべてがうまくされた文書がありません。 外国人が作成した英語の文章を読んでいると、本当に光景がありません。 韓国にコングルリスィが存在するように、外国にも同様です。

しばらく前にドイツ人が作成したような英文を翻訳したことがあるが、同社が日常的に使用されている用法を超えて使用される場合がありました。 例えば意味的生成であるである場合generate、produceなどの一般的な動詞が使用されると、されますが、まったく予想していなかった奇妙な動詞が使用されている式でした。 このため、クライアントにQueryを送信確認するのに時間がかかり、通常の翻訳はより大変だった記憶があります。

よく書き込み、容易ではない。 特にブログ記事の場合は、時間を投資して適切に作成すると、まともな文章が出てくるかもしれないが、ブログに多くの時間は、投資することができないため、良質の文章を期待するのは容易ではない場合が多いようです。

昨日は、誤った書き込みで、顧客の信頼を失う場合を目撃した。 脱毛のために悩みが多く知人が知っている方の紹介で脱毛に良いシャンプーを作って販売する方を紹介受けて連絡しました。 (脱毛防止用シャンプーの価格が大幅に高い方ですね^^)さてシャンプー販売する方が送信製品の紹介文字に誤ったスペルがいくつかありました。 このため、知人がそのシャンプーのない米暑くね。

もちろん、スマートフォンの文字で送信する場合、不本意スペルが間違っていることができ、誤字/脱字も出てくることができます。 プライベートメッセージの場合特に問題がないが、マーケティングや業務用に文字を送るときは、スペルに留意する必要があり、できれば相手に信頼を与える方法で文字を作成すると、損害日はないんじゃないと思われます。

最近では、対面することが減り、文字や電子メールでコミュニケーションする場合があります。 短い文字一つ、その人を判断するしかない状況にしばしば直面します。 文字一つにも、その人の品格がにじみ出るようです。 スペルが間違っていたり簡単な文字の誤字が出る相手の信頼にひびが行くことができるでしょう。

すでに世界のすべての人々がグローバル接続されており、文として人を判断する世界です。 だから、私は文章こそ最高のポートフォリオになると思います。 すでに米国では Twitter(Twitter)で書いた文のビッグデータに人の傾向を把握し、仲人を立つことが盛業中です。 前述の例のように文は、その人の実力だけでなく、性格まで把握できるようになります。 (出版書の書評中)


2のコメント

コメント

  1. クロムは、スペル修正機能が入っていて、テキストを作成するときに、自動的に赤いラインを引いてくれるどのようピョンハンジないですね

    特に英語の場合、スペリングエラーがよく起こるため、非常に良い機能のようです。 ただし、まだ韓国語はサポートしていないというのが欠点です。

    人というの幹事たのが誤字や文法エラーが、より大きく見えるような気もします。 ところで性格が悪い人ほどそのようなものよりよく見えるという研究結果を見たことがあります。 笑

    応答
    • 私はAutoHotkeyという名前のマクロプログラムをインストールしてミスが出やすい単語が自動的に修正されるように設定して使用しています。

      例えばteh-> the自動的に修正される方法です。

      だから英語はミスが私ほとんど自動的に修正されます。

      ハングルの場合、重要な文は、オンラインスペルチェッカーに入れてスペルチェックをしてみます。 少し面倒だけミスやエラーがあることではなく、私から。

      おそらく性格が難しい人がスペルミスに敏感ではないかと考えますね。

      応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy