【新刊紹介】文学の翻訳

Last Updated:2017年04月14日| コメントを残す

文学の翻訳

文学の翻訳| ジンボーズバイヤー著| ジョンヨウンモク訳

最近出版された翻訳理論に関する本を紹介します。 ジンボーズバイヤーの「文学の翻訳」(原題:A Critical Introduction to Translation Studies)という本で 翻訳の概念について取り上げながら視点を認知メトリックから取得文学翻訳とビムンハク翻訳を網羅説得力のある翻訳理論を展開するとね。

以下は、この本の紹介です(本の販売サイトに移動):

この本は、翻訳というテーマについてのチュートリアルが、既存の翻訳の概念や考え方について取り上げながら視点を認知メトリックから取得文学翻訳とビムンハク翻訳を網羅説得力のある翻訳理論を展開する。 この本の原題は「A Critical Introduction to Translation Studies」であり、これはそのまま移動すると、「翻訳学の批判的紹介」程度になるだろう。 もちろん「批判的紹介」という言葉は、願書の出版社が企画したシリーズにつけた言葉でもある。 しかし、他の本は、どうか分からないが、この本の場合には、この言葉が格別な意味がある。 著者が自分の立場を露出させず翻訳に関連するいくつかのアプローチを中立的に導入するよりは、自分なりの確固たる立場をもとに翻訳の諸問題を検討し、その論理的な流れの中で、いくつかのアプローチを批判的に消化し進むからである。

私は初めて文学翻訳に翻訳を開始しました。 初めて翻訳した本が出版さはされたが約束とは異なり、他の人の名前で出版されたのです。 本当に苦労して翻訳した翻訳料も受けませんでした。〓〓社会新人に厳しい社会経験をすることにしたのです。 今は良く考えてみています。 そのため、翻訳に入門したきっかけになったからでしょうか。

その後文学翻訳とは塀を作って技術翻訳方向を変えました。

個人的には、義役と直域の間の調和をうまく行い、できるだけ原文に近づきながらも自然に読めるように翻訳しなければならないと思います。 言い換えれば、議域と職域のバランスをとることが重要であると思います。 たまに職域にこだわる方がいらっしゃいます。 しかし、原文をそのまま移しておけば、何を言うのか分からない場合が多いです。 そのような場合、よく言えば「原語に忠実な翻訳」と言えるでしょうが、読者はそのような翻訳は望んでいません。 理解できない文を読んでみたい読者はいないからです。

翻訳速度を高め効果的に翻訳する方法を身につけたい この記事を参考にしてみてください。

メモ:


コメントを残す

コメント