時給が1万ウォンで登る生活が良くなるか?

Last Updated:2017年06月11日| 2のコメント

最低時給

政府が来る2020年までの最低賃金時給1万印象を推進するとします。

時給が1万ウォンで登る生活が良くなるでしょうか?

時給が急上がれば物価も同様に上がることが予想されます。 ところが、輸入も物価上昇に合わせて一緒に増加するか分かりません。

翻訳単価は、10年前も今も似ています。 今後も似ているか、むしろ(競争の悪化で)下落かもしれません。 その後、最終的には物価だけ速い速度で上がって収入は所定の位置であるか、下落する状況になりそうです。

他の分野にも似ていないかと思いますね。

時給を無条件上げることが明らかに万能ではないようです。

財界で主張するよう時給が大幅に上昇すると、最低時給を受ける雇用が減る可能性も排除できないようです。

現在の雇用問題を解決することができるもの根本的に政策が必要になります。

参考に知っている方が内装工事の仕事をするために、そのような工事もインターネットのために被害が大きいとします。 消費者がインターネットを検索して、複数箇所に見積もりを受けて最安値で呼ぶところを利用する場合が多いです。 問題は、ほとんどコストに価格を呼ぶ企業があるという点です。 利益を残すよりも人件費程度に満足していることです。 消費者の立場では、安価に工事をしてもいいが、長期的には実力のある企業は、消え低メーカーだけ乱立することになる結果がもたらされると思われる。

このような現象は、翻訳業界も同様です。 とんでもない価格で翻訳を受けている翻訳もあり、さらには朝鮮族まで飛び込ん翻訳系の水を曇りいるのが実情です。


2のコメント

コメント

  1. 私も時給印象が能ではないじゃないかと思います。
    おっしゃったように物価引き上げが給与引き上げ効果よりも大きくならないか、数多くの自営業者が余裕があるか、仕事がむしろ減るのではないか…などなど考えが多くなります。

    応答
    • もし時給上昇 ->物価上昇 ->為替レートの値下がり(つまり、ドルに対するウォンの上昇)... このように影響を及ぼすと、私にはあまり影響はないだろうが、ドル貨幣の為替レートが要不動であれば実質的な収入が減るようになって生活が難しくなるか心配になりますね。

      応答