サンプル翻訳テスト

Last Updated:2017年05月30日| | 3のコメント

翻訳テスト

新しい会社(エージェンシー)と仕事を取引を開始する前に経る手順のいずれかの翻訳テストあるいはサンプルテストがあります。

通常は数日の期限を与えるがどのような場所では、24時間以内にサンプルテストを完了してくれることを要求します。 分量は200語から400語前後が適しているようです。

しっかりとした企業は、独自のQA手順を用意しており、最初のトランザクションの前に、必ずサンプルテストを実施します。

したとき全盛期(?)を謳歌するとき、サンプルテストをたくさんしました。 ほとんど通過したが、実際の取引関係につながるのは、数箇所ありません。 単価が合わない場合が多かったです。 だからテストを実施する前に、単価から求められます。 単価を尋ねることを気にする必要はありません。 例えばアルバイトをしても、最初にページがどうなるのかから聞いていないですか?

近年に入ってからは、サンプルテストをほとんどせずにいます。 2年前に米国のある大型翻訳会社から英日翻訳テストに応じて合格したのが、最近のテストであると思われる。

そのメーカーはWordfastという翻訳ツールを使用しているメーカーでした。 Wordfastは Trados(Trados)に比べてあまり使用されているツールはありません。 その業者と取引するためにWordfastまで購入(その会社がWordfastパートナーであって、50%割引された価格で購入)したが、当時忙しく、実際の取引はありませんでした。 結局、Wordfast購入値だけ飛ばしたわけでした。 たまに間違った投資をすることになりますね。

今日翻訳関連のカフェに個人フリーランスに翻訳を任せがでたらめ翻訳に問題になった理由が上がってきました。 個人的に取引すると、このような問題が発生する可能性があります。 まず、1ページ程度のサンプルテストを要求したり、有料で翻訳させた後、品質を確認することが安全でしょう。

翻訳が変でクレームが入ってきました。
目次をneck teaとして
緑をgreenとし
本論をbon theory
序論をseo theory
とてもひどいです...私は英語を話すことができませんでした。
このように翻訳をして返金も文句を言わないんですぴったり見ても翻訳綴らそうお金もらう督促万思うよ

目次をneck teaと翻訳したのは常識的に納得できません。 「目次」をGoogle翻訳機に入れてみると「Contents」と翻訳しますね。 どのようにGoogle翻訳機よりも都合のない翻訳をしながら翻訳家行動をするのか分からない。

メモ:


3のコメント

コメント

  1. 時々本当に粗末な翻訳は、自分の辞書にない単語の場合音節ごとにチャルラソ翻訳をハヌンジトをしたりします。

    だから、かつてユッケ= Six times、エビの天ぷら= New right friesというとんでもない翻訳が出回るゴンました。

    応答
    • XNUMXつの単語またはXNUMXつの単語の短い文字列はあいまいなことが多いです。 エビの揚げ物は意味が確かですが、「肉会」とだけ置いてみると、これが食べ物かどうかはっきりしないと混同が来るかもしれません。

      特にソフトウェアローカリゼーションで、このような問題がたくさん表示されます。
      例えば、左側の場合は「左」と考えるのは簡単ですが、場合によっては「5日の左」のように使用することもできます。 文脈/状況を知らずに翻訳すると、「5日左」のような荒涼としたフレーズをソフトウェアで見ることもできるでしょう。

      応答
  2. 参考までに、サンプルの翻訳テストをする場合の翻訳後にもう一度チェックして、必ずスペルチェックをした後、送信してください。 簡単なところからスペルが間違っていれば良いスコアを取得することは困難です。 そして送信する前に読んでみて話にならないことを望む完全に別の角度に翻訳してみるのもお勧めです。(読み話にならない場合は、問題があると考えると合いそうです。)

    かつては、他の翻訳者が翻訳したテスト翻訳をチェックしてくれることを務めたが、最近はそんなことは無条件に拒否しています。

    外国企業からのレビューで働く人々の中で、サンプル翻訳評価する際にチケットを分けるか見てわざわざ低く評価する人も多いと思いか分からないようなレビューは、でたらめレビューです。

    私取引する企業は、Error型を指定して、エラーの深刻度をMinor、Major、Criticalなど3段階に区分して厳密にチェックします。 翻訳者はレビューの評価について異議がある場合は異議を申し立てることができます。

    ところで、こんなメーカーと働けば疲れます。 翻訳した文書を送信すると、レビュアーは同じ方法で自分の翻訳を評価します。 もしかしたら奇妙なレビュアーがかかると対応してくれるのも簡単ではなく… そういえば翻訳自体があまりやりたくないという気がすることもあります。

    応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy