翻訳はレッドオーシャンのか?

Last Updated:2024年01月01日| | 2のコメント

かつてはコンピュータ、IT翻訳が多かったが翻訳分量も多く減り、競争も激しく単価がたくさん下落しました。 だから、数年前から医療機器、機器の分野の翻訳を多くしています。

IT分野の場合、参入障壁が低く、誰でも簡単進入することができますが、医学は、特殊な分野であるため、一般的な翻訳がソントゥク出る容易ではない分野であると思われる。

翻訳はレッドオーシャンのか?

私は翻訳業者で医学翻訳を長期間検討してみると、この分野のスタイルと用語に慣れており、意外と簡単に入ることができました。 幸運なケースだと思います...

事実、医師が直接翻訳すると、最も良いが、単価が合わないだけでなく、医師は、患者の世話をすべき翻訳をアップにするということは、合理的ではないようです。

医学翻訳といえば非常に難しそうだが、私は扱う分野は機械が多くの関連されるので、薬は少し付随ということもね。

今日、不慣れな医学用語を検索して少し珍しく翻訳された医療機器マニュアルを一つ発見しました。 (医療機器マニュアルにはXNUMXつの文書の複数の言語が含まれていることが多いです。)

Keep away from sunlight

次のように翻訳されていますね。

無光線保管

日光を遠ざけるという意味です。 「マットアーカイブ」と言うのでたくさんぎこちないですね。

この記事の他の翻訳も非常に雑になっています。

European Authorized Representative - 欧州認可議員

Recommended Cable - 推奨電線

医学文書なので「議員」に翻訳したようです。 でもそういう意味ではなく、医療機器を販売する代理店くらいの意味です。 上のフレーズは「ヨーロッパ公認代理店」程度が無難そうで、下も普通に「推奨ケーブル」に翻訳すればいいようです。

辞書を持って翻訳したのか知らというたまに変な翻訳に触れることがあります。 朝鮮族が翻訳して恥を受けるサイトも見たことがあります。

朝鮮族が翻訳すると言葉の意味そのまま翻訳することが多いです。 代表的な言葉は「center」です。 韓国では、情報センター、医学センターなどのように「センター」という用語が多く使われています。 しかし、「中心」と翻訳されていることを見ると、朝鮮族が翻訳した可能性が高いです。

最近、Google翻訳が大幅に改善されて活用する方が多いようです。 難解な文章や長い文章をGoogleの翻訳に入れ、テストしたことがあります。 その後、ほとんど変翻訳されて出てきます。 平易な文章である場合、一般の人が翻訳したものよりもされた翻訳が結構ありますが、たまに全くとんでもなく翻訳する場合も多い感じを受けました。 特に長い文章の場合、いくつかのを丸ごと翻訳していないか、または完全に反対の意味に翻訳したりします。

翻訳分野がレッドオーシャンになっているが、一方では、翻訳がそれほど容易なことではなく、最近の若い人たちが大変なことをしないしようとするので、老化の既存翻訳者は思ったより長く翻訳の仕事をすることができないかという気がしたりします。 (もちろん、機械翻訳がどの程度の速度で改善されるかがカギであると思われる。)

参考に翻訳をしながらGoogle翻訳を利用してみたい誘惑を感じることもできます。 しかし、ほとんどの大手翻訳会社ではGoogle翻訳機の使用を禁止しています。 Google翻訳者に入力するデータをGoogleから収集するので、機密な内容はGoogle翻訳者に入力しないのが安全です(」グーグル翻訳利用時の注意事項")。

翻訳はレッドオーシャンのか? 2

メモ:


2のコメント

コメント

  1. 医療関連の用語は、難しいだけでなく、肝心の医師たちも、英語/ラテンのまま使う場合が多いので、翻訳の仕事を任せると言っても確実に、よりよいとは思わない。

    軍隊時代に親しかった軍医の家に遊びに行ったことがあるが、医師の勉強量もすばらしいが、医療書籍が全部英語でされていることにびっくりしました。 明らかに、タイトルはハングルだ内容は全部、英語ですよ。 事実翻訳というのは、英語が上手なるのではなく、韓国語をよくしなければならうと元の医師の方が翻訳してもプロの翻訳よりも確実に、より優れはないようですね。

    応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy