翻訳を苦しめるお客様

Last Updated:2017年06月14日| コメントを残す

翻訳をしてみると、様々な顧客に会うされます。 良い顧客もあるが翻訳を苦労している顧客もいます。 私は最終的な顧客と直接対面せずエージェンシーを通じて連絡をする方です。 通常は翻訳を完了して送信する、顧客側での検討をして、フィードバックを与えます。 しかし、奇妙なフィードバックを与えるお客様もたまにあります。

企業内で使用される用語ではない難癖をとるお客様

仮に という言葉は「アプリケーション」(これはMS Glossaryに出てくる表現)、「アプリケーション」など様々な翻訳が可能です。 翻訳メモリ(TM)で以前の表現を参照して、なるべく同じにしてくれば後で問題になりません。 まずはTMを見つけて表現が出なければ慣行通りに翻訳することになります。 このような場合、「アプリケーション」にしても、「アプリケーション」にしても別の問題にはなりません。 こういうものを持ってトッピングをつかむお客様がたまにあります。 たとえば、自社では「アプリケーション」を使用するのに「なぜ」アプリケーションに翻訳したのですか? こんな感じです。 (じっくり「私たちの会社ではこんな表現を使うので修正お願いします」と要請をすれば良いことを是非不満を提起する不思議なクライアントがあります。)

それでは、私は何を言うべきですか? 「私はあなたの会社の従業員ですか?」 この問題を回避するには、顧客が最初にGlossaryを提供する必要があります。 そうせずにこういうことでトジを取る場合、私は抗議をします。 (そうすれば、途中で代理店が困惑することになるだろうが、顧客がクレームを提起しても顧客クレームが不当であることをずっと周知しています。)

最近では特定のトレードマーク(商標)が韓国では登録されていないため、TMを付けて翻訳したと「誤訳」と指摘する顧客まで会ったことがあります。 たとえば、ABC™を韓国語に翻訳する場合は、そのままABC™に翻訳するのが慣行であり、極めて当然のことです。 特定の商標が韓国で登録されているかどうかを確認することは可能でしょうが、その多くの商標を毎日確認することもできない器です。 こういうことを持って「誤訳」と指摘するのを見て飽きたことがあります。 (長い翻訳生活でこのような場合に初めて触れました。)

指示の反して、問題を提起しているお客様

私が取引しているある会社では、英語で残さなければならない単語や語句を別の色で表示したり、翻訳ツールにコメントを残したりします。 たとえば、「ABC」は翻訳しないでください。 この会社の仕事では、それ以外の表現をすべて翻訳する必要があります。 しかし、これらの原則を徹底的に守って翻訳すれば、後で奇妙な音をする顧客がいます。

また、用語集を提供する場合があります。 その後、用語集の用語を厳密に遵守して翻訳する必要があります。 しかし、用語集を、誰が翻訳したのか分からなくても変な表現がある場合があります。 その後、翻訳するとき心配になります。 この場合、私はエージェンシーに連絡して、どうすればかどうかを尋ねます。 通常の用語集のとおりしろとします。 殺していた米がいた指示に従うしかね。 その翻訳とまた顧客からの用語を持って難癖をとる不合理場合もあります。 自分たちがでたらめ用語集を提供してからは、用語集のとおりた難癖をとる不合理なケースでしょう。

翻訳についての理解が不足している顧客の

特定の分野の翻訳の場合、当該分野で一般的に通用する慣行があります。 通常の慣行に基づいて翻訳すると別の問題がありません。 しかし、場合によっては翻訳に対する理解が不足して、摩擦が生じる場合があります。

たとえば、英語のマニュアルを複数の言語で作業することがある場合、「English」は通常その言語に翻訳されます。 つまり、韓国語に翻訳される場合は「韓国語」、日本語に翻訳される場合は「日本語」…こんな感じです。 これにより、カバーに適切な言語名が表示されます。 ところが最近「English」を「韓国語」に翻訳したと「深刻な誤訳」としながら問題を提起してきた場合がありました。 TM(翻訳メモリ)にも「韓国語」となっており、全く翻訳に異常はありませんが、翻訳を検討した韓国人職員が翻訳について知らないので、「English」が「英語」なのか「韓国語」なのかという問題を提起したのです。

そして不合理な顧客として自分が気に入らない場合、無条件に誤訳としながら問題を提起するお客様もいます。 いくつかの文章を10人の翻訳者に翻訳をさせると、10種類の翻訳が可能なことが翻訳です。 このようなことを正しく理解していない気に入らなければ、無条件誤っ翻訳と指摘質顧客に会うと、翻訳の会議まで与えることを許可されます。

単価を殴りつけ打つお客様

以前に翻訳会社にいるとき、韓国公企業が、特に単価を不合理に提示する場合をたまに接するました。

私は海外エージェンシーと単価を決めておいて仕事をするので、単価の不満はそれほどない方です。 しかし、場合によっては、顧客が単価引き下げを要求すると、私にまで影響を及ぼします。 通常の合意された単価を下げてほしいと要請すると拒否する方です。 (そうするうちに取引断絶メーカーがいくつかあります。)

海外で取引すれば、国内よりもはるかに高く必要です。 その理由としては、まず、しっかりとしたメーカーでは、厳格な品質管理(QA)の手順に従って、仕事が行われるため、仕事が大変な場合があります。 した企業は、翻訳が完了すると確認本を送ってくれて、またレイアウト作業をした後に、レイアウトまで検討ヘジュオヤます。 その後、はるかに多くの努力が入り、時間も多くかかります。 第二の理由でコストを受信したときの手数料の問題です。 外貨を受けるとき送信し、銀行から手数料を除いて、中間銀行から手数料を離して、そして受信銀行でも手数料を離します。 PayPalで受け取るようにかなりの手数料が差し引かれて入ってきて適用される為替レートは非常に不利です。 そして最後に料金を支払う受ける期間が長くなることがあります。 (たまに早くするメーカーもあるが、珍しいです。)周りに大工仕事をされる方がいらっしゃるのに彼は仕事を終えるとすぐに、あるいは1週間以内に費用を支給受けたのです。 翻訳は、作業が終わった後、短くは1ヶ月、長くは2ヶ月もしくはそれ以上かかることがあります。 このような部分を考慮すると、海外メーカーと働くことは必ずしも有利であるとだけすることはできないようです。


コメントを残す

コメント