[ニュース] Google、「ヒンディー語、ロシア語、ベトナム語」翻訳追加サポート

Last Updated:2017年03月09日| | 4のコメント

グーグルニューラルネットワーク翻訳技術

「ヒンディー語、ロシア語、ベトナム語」にGoogleニューラルネットワーク翻訳技術を適用

Googleがニューラルネットワーク、機械翻訳技術サポート言語を ヒンディー語、ロシア語、ベトナム語に拡張して今19の言語をサポートするとします。

昨年、Googleがニューラルネットワーク、機械翻訳技術を、Google翻訳に適用してGoogleの翻訳機能が大幅に向上しました。 今月7日にヒンディー語、ロシア語、ベトナム語などの3つの言語を追加して、今、ニューラルネットワーク、機械翻訳技術が適用される言語が19個増えました。

ソフトウェアやアプリの文字列(String)の翻訳時に、Google翻訳を適用してみると、いくつかの文章では、良い結果を見せてくれたりします。

過去2週間の間に法律関連の翻訳をしました。 法律は翻訳を開始する初期には特に多くしました。 そうするうちに徐々にIT分野での領域を拡大しながら、法律は契約以外ほとんどいません。 そうするうちに、今回は少し難解な法律関連文書を翻訳しました。 久しぶりに難解な文書を受けてみると思ったより大変な作業になりました。

もしGoogleの翻訳が役立つかたいいくつかの文章を入れてテストをしてみると、完全にでたらめに翻訳ね。〓〓それしかないのが文章が長すぎる見て、機械がいくら発展ても、それを正確に把握していませんでした。 一つの文章なのに中間翻訳して後ろは不合理に処理するなど、Googleの翻訳が全く役に立たんでした。

時間が経つにつれて、他の分野の翻訳品質も向上であろう期待します。


4のコメント

コメント

  1. ロシアが慇懃韓国語と似たようなことが多くて、それなり楽しんで(?)勉強している

    最大の問題は発音です。 たまにこれがどんな発音なのかと思うくらいで、練音も多くて読みにくいので…

    特にo / aラング混ぜ使うのは本当に〓〓

    いつ頃テキスト翻訳ではなく読んでくれれば翻訳してくれるのが出るのか…期待になりますね

    応答
    • 以前にロシアに所在エージェンシーし働いたことがあり、一度は電話をかけてきて受けたことがあります。 ところが、この時まで聞いたことのない不思議なアクセントで英語を私に言った。 ほとんど聞き取れなかった記憶があります。

      ロシアも勉強してみると面白そうです。 私はスペイン語を勉強してみたくて、Amazonでスペイン語の電子書籍まで購入したが、進行度ずにいます。(笑)

      応答
      • 私もスペインチョグムハルジュル知る英語ハルジュル知っていればスペイン語はマガジン問題なくすることができます。

        性別茶とか、ともすると与え省略ようルーズな文法体系や進行形のサブタイトル、形容詞の位置が完全に反対といういくつかの部分だけ抜けば似たような言葉も多くて発音も似があります。 (ただし舌はじくrの発音は本当に難しいんですよ-_-)

        ボーナスでスペイン語を勉強したら、フランス語は完全ガムになる奇跡も体験できます。 (XNUMXつの言語は類似性が非常に高いです。発音は完全に空と地の違いですが...)

  2. ヒンディー語、ロシア語、ベトナム語...翻訳会社で働くとき、ほとんど英語、日本語に関連する翻訳が多く、ヒンディー語などは干ばつにもみずみずしい。 かつて翻訳会社で働いていたとき、一度は何十もの言語で翻訳を行ったことがありました。 ベトナム語などは国内に上手な方がいらっしゃってそのまま任せ、ヒンディー語とアラビア語は英語に翻訳した後、ヒンディー語とアラビア語に翻訳することにしてインド翻訳業者に任せました。

    インドに低価格でダンピングし、複数の言語を扱う企業がかなりあります。 たまに私も、インド翻訳会社で一緒に仕事しようとメールがきますが、インドで来れば無条件読んでいないメールを削除する方です。 (優先翻訳料レベルが韓国国内よりも低くなります。そして、翻訳料をどうぞあなたの手ができる要注意国の一つは、インドとします。実際にそうなのかはよく分かりません。個人的な経験上、韓国が一番要注意国ではないかと思われます。笑)

    当時客観的に企業を判断することができる基準がなくホームページを見て判断したが、一企業がホームページもいいし実績もいいし、そして何よりも価格も安くして任せています。 品質が疑わおしくアラビア語翻訳は、エジプトの翻訳会社に任せて検討を任せました。 翻訳の品質が良くなければ翻訳を受けるとすぐに通知しなければが、そのエジプトの会社は、レビューの水を送りながら翻訳が都合ない再翻訳をするように意見を一緒に送ってきました。 検討をしたが、原文があまりに以上するので、検討本島基準に達している場合でした。 だからアラビア語翻訳は、再翻訳を進行しながら、コストが二重に支出されたことがあります。

    事実珍しい語翻訳する場合は、品質を評価する適当な方法はありません。 私もたまに個人的に北欧などに変換することができます。 その場合、私は WordPress 多言語プラグインWPMLを作ったメーカーが運営するIcanlocalizeサービス(http://www.icanlocalize.com/my/invite/6501 )を利用します。

    下を書き込みみてください:
    https://www.thewordcracker.com/translation/multilingual-translations/

    応答