ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

偽翻訳を量産して出すのGoogle翻訳

Last Updated:2018年1月8日| コメントを残す

最近、Googleの翻訳をはじめ、機械翻訳、あるいは人工知能翻訳の発展のために翻訳者の中でも、Googleの翻訳を利用したい誘惑を感じることができます。

しかし、前の記事で述べたように、Google翻訳などの機械翻訳を利用することはNDA(秘密保持契約)に違反することができます。

グーグル翻訳を利用することで発生する可能性のあるリスクを負担してから、Googleの翻訳を使用することができますが、しっかりとした翻訳者であれば、止揚することが望ましいことと思われる。

私取引する企業では、数ヶ月前にNDA(秘密保持契約)には、Google翻訳をはじめとする機械翻訳の使用を厳格に禁止する条項を追加しました。

ちなみに、Googleの翻訳を使用して翻訳する偽翻訳があるので注意が必要です。 さらにいくつかのメーカーでは、Googleの翻訳回しことを検討してほしいという言葉当たり10ウォンにもならない価格で求人する文も上がってきたことがあります。

海外から機械翻訳で翻訳した後に校正するポスト編集作業を少しずつ依頼してきたが、まだ韓国語に適用するには行くの長さ離れ見えます。 翻訳をヘボシン方は分かる 下手に翻訳された文書を校正する作業は、新たに翻訳するよりも力がかかります。

一部の人は、人間が翻訳すること Trados 同じCATツール翻訳する方向に進んでよう、今後機械翻訳で進むようになると主張するが、実際にCATツールは、直接翻訳するツールではなく、人間が翻訳した内容を覚えていたが活用するためのツールです。 結局、人間が翻訳をするようになるという意味でしょう。 時間が経つにつれて、機械翻訳がさらに発展すれば、人間の翻訳を相当部分の代替だが、現在としては、Google翻訳を活用することは望ましいと考えないようです。

特に、上でも述べたように、Googleの翻訳を使用すると、入力した内容を、Googleに保存されるので、問題になることがあります。 運が悪ければ訴訟に巻き込まれて床を見ることもあるでしょう。 もちろん、ほとんどは特に問題はないかもしれませんといっても、慎重に考えて決定することがよいでしょう。

簡単に得られたことは、決して自分のものになることができません。 単語を持って数時間悩みて見つかった表現は忘れられません。 しかし、Google翻訳に入れ得られた結果は、自分の頭の中に残っていないことになります。 したがって上達を期待することは難しいでしょう。

この過程を経て、機械翻訳を利用する偽翻訳者は淘汰なると思われます。 グーグル翻訳に回して納品する明らかクレームをかけていてそうすれば、自然に淘汰されるでしょう。

No Sweat No Sweet

「努力せずに得ることはありません。」 当面は遅いようでも努力が光を放つ日が来るでしょう。

メモ:


コメントを残す

コメント