Trados スタジオ:機械翻訳の設定方法 - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Trados スタジオ:機械翻訳の設定方法

Last Updated:2022年4月24日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

Tradosは、最も人気のある翻訳メモリ(Translation Memory)ツールで、機械翻訳でよく使用されます。 TradosのようなTMツールは、過去に翻訳した内容をDBに保存し、新しい翻訳時にリサイクルし、翻訳をより迅速かつ一貫させます。 Trados スタジオ(Trados Studio)には、強力なニューラルネットワーク翻訳プラットフォームであるLanguage Weaverのサポートが含まれているため、自動翻訳が可能です。

Trados スタジオ:機械翻訳の機能と設定

TMツールは基本的に人間が翻訳するシステムです。 翻訳者が翻訳した内容をDBに保存してから、同じまたは有数の文章を翻訳するときに、既存の翻訳を提示することになります。

しかし、Google翻訳(Google Translate)を披露した 機械翻訳(Machine Translation)の進歩により、翻訳業界も大きな変化を受けています。 徐々に機械翻訳エンジンに翻訳し、人間が見直す MTPE(機械翻訳のポストエディティング) 仕事が増えています。

機械翻訳の翻訳の導入は翻訳単価が下落するという懸念が現実化しています。 私はMTPEの作業依頼は無条件に拒否しています。 単価が低すぎるからです。 プロの翻訳者が翻訳したものをレビューする編集作業よりも単価が低い方です。

MTPEは、一方では、既存の高い翻訳コストのために翻訳することを厳しくしていなかった文書をクライアントが翻訳しようとするため、翻訳量が増えるという楽観論もありました。 しかし、重要ではない文書は、単に機械翻訳機に翻訳することに満足する傾向があるため、機械翻訳の発展によって翻訳量が増えるという見通しは間違っているようです。

Tradosで機械翻訳エンジンを使用する

Tradosで機械翻訳エンジンを使用するには プロジェクト젝트설정をクリックし、「翻訳メモリと自動翻訳」から 使用 > クラウドベースのリソースを選択します。

Tradosで機械翻訳エンジンを使用する

クラウドベースのリソース ウィンドウが表示されたら、「翻訳エンジンまたは機械翻訳の中から選択「ドロップダウン」で「機械翻訳」を選択します。

バッチ処理 > ファイル辞書翻訳 セクションで 自動翻訳の適用を選択して、機械翻訳を使用して事前翻訳を実行することもできます。

自動翻訳適用 - ファイル辞書翻訳

辞書翻訳(Pretranslation)は、事前翻訳することを意味します。 (英語表現なしでハングル用語だけを見ると、「辞書」を利用した翻訳と考えることもできるようです。)

自動翻訳を適用しても、すべての文字列が自動翻訳されるわけではありませんが、個々のセグメントを選択すると、翻訳されていないセグメントが翻訳され、翻訳文が自動的に入力されました。

重要なのは翻訳品質です。 分野によって異なりますが、Web関連の翻訳の場合、翻訳品質が一定レベルになるようです。 ベストセリング WordPress テーマである Avada(Avada)の文字列を自動翻訳してみると品質がそれほど悪くはありませんでした。 しかし、分野によっては、難易度による偏差はあると思います。

機械翻訳は文脈が分からない状態で1:1翻訳をするため、用語が間違って翻訳されることがよくあります。 例えば、 コメントは WordPressで「コメント」を意味しますが、プログラミング言語では「コメント」としてもよく使われます。 このような翻訳の性質のために、文脈に合わないやや荒々しい翻訳が出てくるかもしれません。

自動翻訳された文書の品質

機械翻訳に翻訳されたセグメントはNMTで表されます。

利用可能な機械翻訳エンジン

Tradosでは基本的に提供されるLanguage Weaver以外にRWSアプリストアからアプリをダウンロードし、DeepL、Google翻訳、Microsoft MT(マイクロソフト機械翻訳)、Modern MTなど50以上の機械翻訳プロバイダに接続が可能です。

Google翻訳やDeepLなどを使用するには、有料プランに参加する必要があるようです。 DeepLがGoogle翻訳より翻訳品質に優れていると評価されていますが、DeepLサイトのPricing(料金)ページを見ると韓国語は表示されませんね。

自動翻訳機能を使用する場合 Tradosで基本的に提供するLanguage Weaverでも十分ではないかと思います。

自動翻訳の品質はまだ保証できないため、テスト用途や重要でない翻訳に使用することが望ましいです。 一部の翻訳会社では、機械翻訳の使用を厳しく禁止することもあります。

参照



コメントを残す

コメント