TradosでPDFファイルを翻訳する場合の考慮事項

トラドスにPDFファイルの翻訳する

次のトラドスブログ記事でSDL Trados Studioを使用してPDFファイルを翻訳する方法が説明されています。

事実、この記事で論じたいのは、PDFファイル自体をCATツールを使用して翻訳する方法はありません。

PDFファイルは、通常、MS WordやInDesignやPhotoshopなどのアプリケーションで作業した後、出力用に作成されたドキュメントです。

PDFファイル自体を持って編集することは制限です。 編集可能なPDFファイルを編集するためにいくつかのツールがあります。 私はPDF Writer(Adobe Acrobat Pro)を購入して持っていてPDF Writerを使用して、たまに編集したことがあるが、編集というのがフレーズを変えるほどとどまった。

トラドスの場合、初期には、PDFファイル自体を処理していない今、編集が可能なPDFファイルを翻訳することができます。

PDFファイルを直接翻訳する場合は、元のファイルが存在しないか、OCRプログラムを使用して、スキャンした文書があります。 いずれの場合もあまりありがたくないケースです。

スキャンしたときにMS Word形式でスキャンして、MS Wordでレイアウトを正しく取った後CATツールを使用して翻訳することがより効果的と思われる。 場合によっては、MS Wordで最初から作成することがより効果的であることもあります。

もちろんソースがある場合は、元のを受けていることが最先のことです。 かつてはFrameMakerやInDesignのようなAuthoringツールで作業したマニュアルを多く翻訳しました。 このような文書は、翻訳者による翻訳とDTPの専門家が、DTP作業を経て最終的な出力パターンを作成する方法で行われます。

PDFファイルの翻訳を依頼される場合の注意事項は、通常の翻訳よりもはるかに多くの時間がかかることがあり、ストレスも多くを得ることができます。

Despite all the advances with PDF file types、translating PDFs is still more time consuming than working with native file formats。 Getting an accurate source word count is also harder。 I recommend charging by the hour if possible、a​​nd if not、by the final target word count at a higher rate。

A final word of advice if you're faced with a particularly tricky PDF:ask your client for the original file。 Studio handles a huge number of different file formats、so even if you do not have the native program on your computer、you'll still be able to process it in Studio。

上記の内容のように、まず、元のファイルがあることをお客様にお問い合わせしてみることをお勧め。 また、PDFファイルを持っている翻訳を行う場合、時間がかかり、(time consuming)の正確な言葉かもしれないわかりにくいです。 できれば使われる時間を基準に料金を請求することが合理的であり、それが不可能な場合は翻訳された単語に基づいて翻訳料を算定するものと標準価格よりも高く策定にします。

もう一つ参考事項は、英語をハングルに翻訳すると、単語の数が減少します。 減少の程度は分野ごとに少しずつ異なります。 したがって、この点を考慮して、コストを算定する必要があります。 例えば英語300単語はハングル300言葉とは異なります。 英語300単語を翻訳するとハングルで200語程度の分量になることがあります(分野によって異なります)。 したがって、ここに準じて単価を算定し、ここで、PDFファイルを処理することにより、必要とされる時間を考慮して最終的なコストや単価を算定することをお勧め。

このような作業を依頼すると、通常よりも時間が1.5〜2倍近くかかることが、国内では単価を高めたり、追加料金を払っていない場合が多いようです。 そのような場合の操作を取るかどうかを慎重に考慮しなければならすることです。 時間が追加でかかり、力がかかる場合は、追加費用を受けたり、単価を高く算定することが理にフィットします。

* 参考:翻訳を依頼し、レイアウトを同様に維持を要請する場合があります。 専門家レベルでのレイアウトを作成してもらう翻訳に要求するのは合理的ではありません。 そんな作業はDTP(デスクトップパブリッシング)の専門家に依頼しなければならな作業です。

ただし、MS Wordで(完全に同一ではなく)同様にのみ作業くれている場合には、個人的には翻訳する前に、MS Wordで入力して同様に作成し、作業します。 もし表が複雑で同様作成が手ごわい文書の場合には、顧客に知らせて、表を作成する作業が大変時間がかかるから顧客からの文書を作成して送信するジュドゥンガ追加費用をもらう要求する方です。

翻訳会社でも、依頼人からの翻訳作業を受注する際に、ハードコピーで受ける場合、通常の翻訳に比べサーチャージを加算して翻訳料を請求することもあります。

注:

カテゴリー 翻訳

コメントを残す